節分に鬼はなぜ鬼の由来と鬼の色であなたの心の鬼がわかる

節分の思い出といえば、鬼のお面をつけた父が、毎年家族中から激しく豆をぶつけられていたことでしょうか。父は嬉々として逃げていましたが母は結構マジ顔で執拗に…。大人になった今、「そもそも節分になんで鬼?」、イキナリ根源的な疑問が湧いてきて節分に鬼がなぜ登場するのかその由来と鬼の色にまつわる深いお話、調べてみましたよ。

スポンサードリンク
  

節分に鬼がなぜ登場するのか節分の意味を調べる

まずは節分から調べなきゃ始まりません。
てっきり2月3日が何かの日にあたるんだろうと思っていたら出だしから間違い。

節分の節は季節の節。
“季節” を “分” けるの意から、季節の区切りを意味するそうで。
なので、春夏秋冬のそれぞれの季節に4つの区切りが存在。

昔は『せち分かれ』と言って、立春・立夏・立秋・立冬の季節の始まりの日の前日を節分と言っていたのが、現在は冬から春になる立春の前日の2月3日だけが節分として残ったということです。
 
 

〈なにゆえ春の節分だけが行事として残ったのか?〉

昔の人たちは立春を1年の始まりと考えていました。
ということは、立春の一日前の節分は「大晦日」にあたりますね。

大晦日に季節の変わり目に生じる邪気を追い払って、素晴らしい一年(春)を迎えるために春の節分だけが行事として残った、という説に頷く私。

暦の上で春を迎える立春の前日が節分。
節分の行事が2月3日だけ残った意味は理解できました。
では本題、この節分に鬼が登場するのはどうしてなのでしょう?
 
 

〈節分に鬼がなぜ登場するのか〉

節分は邪気を追い払う日、でしたね。
どうやらこの「邪気」が「鬼」のようです。

昔から恐ろしいこと、人知を超えたことは鬼の仕業と考えられていました。
元々は中国から伝わった思想ですが、平安時代は宮中で大晦日に「追儺(ついな)」とか「「儺(な)やらい」と呼ばれる、鬼はらいの儀式があったとか。

「鬼=いろいろな悪いことの象徴」

ということから、
「鬼を追い払う=邪気を追い払う」となり、
この儀式が時代を経て庶民に伝わっていくうちに、家内安全・無病息災を祈ることにもつながっていったようです。

節分の鬼の由来は「陰」と書いてオヌ?

平安時代に宮中で行われていた鬼払いの儀式「追儺(ついな)」、
本家の中国では鬼のお面をかぶった人を弓矢で追い払っていたそうです。

邪気っていう抽象的なものを具現化したのが鬼ってことはなんとなくわかったけど、イマイチぴんとこないなーと思っていたら、言葉から鬼の由来を解く記述がありました。
 
 
鬼っていうのは、
「見えないけれど人間以上の力を持つ怖ろしい存在で人に災いをもたらすもの」
と考えられていたことから、
「姿形が無くて、この世の物ではない」といった意味を持つ、

「隠(おぬ)」

という言葉が鬼の由来だそうです。
 
 
そっかー、
だんだん鬼が登場する理由や由来もわかってきたよ。

最初は、
姿形を持たない何か恐ろしい「邪気」を追い払うと考えられてきたのが、
だんだんと鬼のイメージになって、

「鬼=人に災いをもたらすシンボル」

スポンサードリンク

と考えられるようになっていったわけね。
 
 
でも自分の中の鬼のイメージって、
赤色や青色で(“泣いた赤鬼” には泣かされました!)、角が生えてて、虎柄のパンツはいて、トゲトゲの金棒持ってるんです。

姿形が見えない鬼に、なぜ赤だの青だの色がついているんでしょうか?

節分の鬼の色は心に住む鬼の色

“泣いた赤鬼” のインパクトが強くて、てっきり赤鬼さんと青鬼さんが2分しているのかと思っていたら、黄鬼さん&緑鬼さん&黒鬼さんもいました。

赤・青・黄・緑・黒の「五色の鬼」。

レッド・・ブルー・イエロー・グリーン・ブラックのナンチャラ戦隊を思い出すも、瞑想習慣のある私としては「五蓋」がひらめくわけであります。
するとドンピシャ、鬼の色と五蓋はつながっていたんですねー。
 
 

〈五蓋とは〉

五蓋(ごがい)とは、仏教における瞑想修行を邪魔する5つの煩悩、「5つの障害」の総称のことをいいます。
「蓋」(がい)とは文字通り、認識を覆う障害のこと。
止める、妨害するという意味です。

ちょっと難しいですね。
カンタンにいうと、

「人間が誰しも持っている負(マイナス)の感情のこと」

人はみな五蓋を持って生まれてくるけれど、自分の心から五蓋(5つの煩悩)をなくせば心穏やかに過ごせる、と。

その五蓋、5つの煩悩が「5つの鬼」に例えて色分けされていました
節分に登場する鬼の五色はそれぞれ人間の持つ煩悩の種類ということです。
さて、ここで質問です。
 
 

〈あなたの心に住む鬼の色は何色ですか〉

 
・赤鬼  欲深い/「もっと欲しい、もっともっと欲しい」
     五蓋の『貪欲(どんよく)』
     欲望(物欲、色情など)・渇望
     人間のすべての悪い心の象徴。
     

・青鬼  怒りやすい/「ムカつく、腹立つ、イラッとする」
     五蓋の『瞋恚(しんに)』
     悪意・憎しみ・怒り
  
     
・緑鬼  ダラダラ怠け者/「だるい、やる気しない」
     五蓋の『惛沈睡眠(こんちんすいみん)』
     倦怠・眠気・不健康・怠惰・過食(勤勉ではない) 

 
・黒鬼  疑い深い/「本当は違う?騙されてる?」
     五蓋の『疑(ぎ)』
     愚痴・疑いの心 ※疑心暗鬼という言葉はここから。
   

・黄鬼  過去に囚われ進めない/「あんなことさえなければ」
     五蓋の『掉挙悪作(じょうこおさ)』
     心の浮動(心がいつも波立っている)・後悔・甘え
     ・我執(がしゅう:我を通すこと)
     
 
 
おっと、節分の鬼から一気に微妙なゾーンへ入りました。
自分の心に住んでいる鬼には気づいていないのか、
それとも気づかないフリをしているだけなのでしょうか?

地域によって鬼の色は、赤・青・黄や赤・緑・黒など3鬼のところもありますが、赤鬼さんがいないところはないようですよ。

まとめ

「鬼退治をして新しい年を迎えよう!」
と豆まきをするのが節分だとばかり思っていたら、なかなか深いものがありました。

外からくる鬼のみならず、
自分自身の心のうちに住んでいる鬼の退治も重要な節分ですね。

スポンサードリンク