節分の豆まきの由来と意味で豆に驚愕いつやるいくつ食べる?

なんで「豆」なの?節分の豆まき。鬼を追い払うツールが豆の由来、その豆を歳の数だけ食べる意味、そもそも節分って?鬼って?いつやる節分なぜやる節分、なぜがわかるとシッカリ節分の豆まき、やりたくなります。今年の節分、邪気払いで福を呼び込もう!

スポンサードリンク
  

 

節分の豆まきの由来と豆まきの意味

もともと宮中行事だった節分が一般庶民に広まったのは江戸時代になってからだそうで。

「季節を分ける」から「節分」。

古来日本では春夏秋冬の季節の変わり目を

「季(節)が(分)かれる時」

として、

「立春・立夏・立秋・立冬」の前の日をさして「節分」と呼んでいました。

それぞれの前日に都合4回の節分があったわけですね。

現在ではその中で最も重要とされていた、立春の前である日2月3日の節分だけが残っているというわけです。

 

〈立春が残った理由〉

立春は旧暦の新年にあたり、立春の前日である2月3日は一年が終わる大晦日にあたります。

日本人は稲作文化。
新しい一年が始まる立春には、五穀豊穣の期待も込めました。

また立春には寒さが緩み暖かい季節が始まるということでの喜びもあったともいわれています。

こうして次第に立春が他の節分より特別な行事になってゆき、江戸時代以降になると、節分は立春の前日のみを指すようになっていきました。

 
やがて昔の人達は、立春の前日、大晦日にあたる2月3日に新しい年の「福」を迎えるため「邪気」を追い払う行事を行うようになります。

「邪気」というのは、人の身に病気を起こすと信じられた悪い気のこと。

つまり「無病息災」を願うわけですね。

とにかく健康であることが人間としての幸福であり、何よりの望みというのは現代も変わらないですが、医療技術もない時代のこと、生きていくには健康であることが大前提でした。

そこで、邪気を具現化した「鬼」に豆をぶつけ、「鬼」(邪気)を追い払い、新しい年の無病息災を願う、という風習が節分の行事となって現代に続いてきたわけです。

 

節分に豆まき豆をまくの豆の意味とは

節分の豆まきには、

「1年の邪気を払う厄払いで新しい年の無病息災・福を願う」

という意味が込められているのはわかってきました。

ですが、なぜ「豆」なのか?

「豆ぶっけられたくらいじゃたいしたダメージないじゃん、相手鬼だよ」

と思った私、浅はかでした。

ちゃんと節分の豆には豆である理由があるんです。

 

〈節分の豆が豆である理由〉

節分で豆まきが行われるようになったのは、9世紀以降の宇多天皇の時代。

その頃、鞍馬山に出没した鬼が連日連夜、京の都を荒らしまくっていました。

そこで鬼退治に祈祷師が駆り出されます。

スポンサードリンク

祈祷師は、火で炒り邪気を払った豆(大豆)で鬼の目を打ちつぶして京の都の鬼を退治。

こうして、豆によって災厄を逃れることが出来たという故事伝説に因んでいると言われています。

 

豆が、目潰しの道具に使われていたとは。。。

ニュースで見るお相撲さんや芸能人が豆をまく節分やアットホームな豆まきからは、想像もつきませんでした。

 

〈なぜ鬼退治に豆で目潰し?〉

鬼退治に豆を使った経緯については諸説ありましたが大方この2つ。

・豆には古来「生命力と魔除けの力が宿る」という信仰があった。

・「魔の目」に「魔を滅す(魔滅/まめつ)」で、「豆」に通じる語呂合わせ。

どちらにしても根底には、鬼に豆をぶつけることで邪気(病)を追い払い、一年の無病息災を願うという意味合いからできた行事なんですね。

 

節分の豆まきはいつやるいつ食べるいくつ食べる?

火で炒って邪気を払った豆は「福豆」とも呼ばれ縁起がいいものとされています。

大豆が一般的ですが、地方によっては、落花生を使用するところもありますね。

昔は、福豆の準備をしたら、豆まきをする夜までは神棚に供えていました。

 

〈節分の豆まきは夜に〉

鬼は夜にやってくると言われていたので、節分の豆まきは夜に行われていました。

なので、伝統にならって夜にやるのがおすすめです。

豆まきをするまでは鬼が入ってこないように家の窓は全て閉めておき、豆まきの時に開けます。

豆をまいたら戸締りを忘れずに。

 

〈節分の豆まきはいつ食べるいくつ食べる?〉

節分の豆まきが終わったらその豆を食べます。

まいた豆を拾って自分の年齢よりも1つ多い数だけ食べるのがポピュラー。

昔は数え年+1でしたが、今は満年齢+1の人も多いですね。

 
◇数え年の数え方はこちら。
満年齢と数え年の違いは年齢の数え方に早生まれの由来とは
 

■ 豆を歳の数だけ食べる意味

豆を自分の年齢(数え年)の数だけ食べると

「その一年を健康で平和に過ごせる」

と言われています。

数え年+1(数え年で年の数より1つ多く)で食べる意味は

「来年も健康に暮らせるように」

という願いを込めて食べるためです。

落花生で豆まきをした場合は、殻付きのままで数を数えて食べるのが一般的のようです。

 

まとめ

それにしても豆で目潰しとは。
目を狙う想定外の飛び道具、豆。
さすがに鬼も観念せざるおえなかっただろうなぁ。

子供の頃はもっと食べたいと思った節分の豆ですが、この頃はやたら数も増えたしモソモソしてちょっと。。。と思うあなた(いや私)。

節分は積極的に豆を食べて、福をとりこもうじゃないですか!

あなたが今年も来年も健康で平和に暮らせますように。

スポンサードリンク