ジーンズは洗うべきか洗わないべきか臭いを断つ色落ちしない洗い方

20170830ジーンズ 洗う 洗わないac

ジーンズは洗う・洗わないにはどんな理由があるの?

ジーンズを洗わないと臭いの元になる?

ジーンズが色落ちしない洗い方とは?

ジーンズを洗濯する理由とメリット、

素材を長持ちさせる扱い方、

色落ちしないジーンズの最適な洗い方を具体的にお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

ジーンズは洗うべきか洗わないべきか?

オールシーズン着られるジーンズやデニムアイテムは、カジュアルファッションの定番です。

長く愛されてきたジーンズは、素材が強いのが特徴で、作業着としても利用されてきました。

おしゃれにも普段着にも活躍するアイテムだけに、ジーンズのお手入れにこだわる人も多くいます。

ジーンズを洗わない理由

ジーンズ好きからよく聞くのが、

 
「ジーンズは洗わない」

「ジーンズを頻繁に洗うなんてありえない」

「ジーンズは洗ってはいけないもの」
 

といった、『基本、ジーンズは洗濯しない』という意見。

洗濯しない理由としては、

 
「洗濯するとジーンズが全体的に色落ちする」

「ジーンズの『ハキジワ(あたり・ヒゲ)』などの風合いが洗濯で損なわれる」

「洗濯すると生地が傷む」

「型崩れを防ぎたい」
 

といった、

ジーンズのダメージを気にする考え方からきているようです。

ジーンズは洗う方が長持ちする

ジーンズ愛好家の中では根強く広まっている『ジーンズ洗濯しない説』。

ですが、

実際は、ジーンズは洗濯しないと逆に生地を傷めることになるんです。

どういうことかというと、

汗などの酸性の汚れは生地が劣化する原因になるからです。

ジーンズを履く多くの場合、肌とデニム生地は直接触れていますよね。

ということは、皮膚の表面から分泌される汗などの体内成分が、ジーンズに付着することになります。

この付着した体内成分は雑菌となり、放っておくとカビが生えたり、生地を変色させることもあります。

また、外気のススや泥汚れなども、そのままにしておくと糸や生地を傷め劣化させてしまいます。

こうして汗や皮脂、外気のススや泥汚れなどでデニムの生地が傷んでくると、

履いているうちに徐々に摩耗して、ある日突然、裂けることにもなりかねません。

ジーンズは洗わないと繊維が伸びて、劣化が進んでしまうのです。

伸びた繊維は洗濯をすることによって、伸びが戻ります。

つまり、

定期的に洗うということがジーンズのメンテナンスになり、

結果的にジーンズを長持ちさせることになるのです

ジーンズを洗わないと臭いの元に

ジーンズというのは、目には見えなくてもすごく汚れやすいアイテムです。

だいたい、肌に触れて着用した衣服を洗濯しないというのは、普通に考えて不潔ですよね。

汗をかいたTシャツなら着替えるのに、ジーンズはそのまま?

汚れた衣服が臭いの元になるのは一般的にもよく知られています。

ジーンズの独自の色合いや『あたり』を楽しみたい場合でも、着用している本人が汚れや臭いが気になるようなら、洗うのがベター。

というかマナーです。

 
ソレなんか臭くない?
 

誰かから自分の臭いを指摘されるのだけは絶対に避けたいところ。

汚れというのは菌の栄養素です。

ジーンズが臭くなるのは、汚れに細菌やカビ菌が寄生して、大繁殖しているからです。

洗わないジーンズは雑菌の温床そのものです。

雑菌が繁殖すると臭いが発生するだけではなく、

生地の脆化スピードが飛躍的に速まって、ジーンズの寿命が縮むことにもなります。

イメージ的には、菌が生地を食べる感じです。

洗わないジーンズを履いているのは、細菌やカビ菌の温床を身につけてくらしているのと同じことなのです。

その上、放置しておいた汚れが積み重なると、今度はその汚れを落とすのが難しくなります。

大切なジーンズを長く着用するためにも、定期的な洗濯をすることが大切です。

洗濯することで、ジーンズにオリジナルの個性がでてきます。

味のあるジーンズを清潔に楽しむためにも洗濯は欠かせないのです。

 

スポンサードリンク

 

ジーンズが色落ちしない洗い方

ジーンズの正しいお手入れ方法と洗い方がわかると、洗うたびにオリジナルの風合いが楽しめます。

清潔なジーンズは気分もスッキリ。

洗い方は簡単なので、ポイントも含めて是非覚えてくださいね。

ジーンズの洗い方のルールとポイント

■ ジーンズは単独で洗う

デニム商品が色落ちするのはご存知の通り。

なので、ジーンズはほかの衣類と洗わずに単独で洗います。

ジーンズを染めているインディゴ染料は、色落ちや色移りがしやすい染料。

 
水にくぐると色が落ちるもの
 

と心得ましょう。

着古してある程度色落ちしたジーンズでも注意が必要です。

また、ジーンズ同士でも色移りします。

同じジーンズだからといって一緒に洗うよりも、一本ずつ洗うほうが安心です。
 

■ ファスナーやホックなどは閉める

洗濯機に入れる前に、ファスナーやボタン・ホック類は必ず閉めます

ファスナーやホック類が開いていると、金具の部分で洗濯中に衣類を傷つけてしまうことがあるので、それを防ぐためです。

STEP1:ジーンズを裏返す

ファスナーやボタン・ホック類がシッカリ閉まっていることを確認したらジーンズを裏返します。

洗濯ネットがあれば、使ってください。

ただ、洗濯ネットに入れるとたたんで入れることになるので、汚れがおちにくい部分が出てしまうこともあります。

汚れが気になる時は、あえてたたまないで洗濯ネットに入れるのも一案です。

通常のジーンズであれば、洗濯ネットを使っても使わなくてもOKですが、

ダメージジーンズ(デザインで穴が空いているもの、ウオッシュ感の強いものなど)は必ず、洗濯ネットを使ってくださいね。

STEP2:洗濯機に水をはる

ジーンズを入れる前に、洗濯槽で洗剤液を作るイメージです。

先にをはります。

お湯は色落ちが強くなるのでNGです。

必ず水を使ってくださいね。

STEP3:天然系かおしゃれ着用の洗剤を入れる

洗濯槽に適量の水がたまったら、

次に、洗剤を入れ、少し回して撹拌させます。

界面活性剤や漂白剤が入った洗濯用洗剤だと、生地を傷めたり、色落ちさせてしまう可能性があります。

なので、なるべく刺激の少ない洗剤を使いましょう。

コンパクト洗剤などでは、漂白剤が入っているものも多いので注意してくださいね。

色落ちが防止できる天然植物由来のジーンズ専用洗剤もあります。

MOMOTARO JEANS/桃太郎ジーンズ/ジーンズ用洗剤/デニム用洗剤/ヴィンテージ/ビンテージ/Gパン/インディゴ/品番:SZ-001【コンビニ受取対応商品】

STEP4:裏返したジーンズを入れる

洗剤がある程度溶けたら、洗濯ネットに入れたジーンズを洗濯槽に入れます。

手洗い、もしくは洗濯機のおしゃれ着コースなどの、比較的弱いコースを選びます。

STEP5:裏返したジーンズを干す

洗濯が終わったら裏返しのまま干します。

ジーンズを干す前に、ウエスト部分や膝周りなどを中心に軽く縦横に引っ張って形を整えましょう。

干すときは、強い直射日光を避けて、風通しのよい場所で陰干しに。

強い日差しが変色の原因になるので、直射日光は注意しましょう。

ジーンズには速乾性がなく、ほかの洗濯物に比べて乾きにくいのが難点。

ピンチつきのハンガーに吊るせば、パンツの筒状の部分に空気が通って早く乾かすことができますよ。

乾燥機の使用はNG。

ジーンズが極端に縮んでしまう可能性があります。

 

ジーンズの色落ちしない洗い方まとめ

ジーンズの洗う・洗わないにはさまざまな意見がありますが、

正しくは、着用したら洗濯すべきです。

ジーンズを洗濯するメリットは

  • ジーンズに味(=個性)が出る
  • 長持ちさせることができる

 
ジーンズを洗う頻度は、基本的に汚れが気になったら洗うでOK。

「ジーンズ単独」で「裏返し」にして「水洗い」です。

ジーンズは、履いているうちに愛着がでてくるもの。

長く履くためにも、ちゃんとメンテナンスしてあげてくださいね。

スポンサードリンク