恵方巻の方角2018節分に正確な方向を知る方法 恵方は誰が決めるの?

恵方巻の方角2018節分に正確な方向を知る方法 恵方は誰が決めるのか

恵方巻の方角、2018年は?

ピタリと方向を知る方法とは?

方角が毎年違う理由は?

方角は誰が決めるの?

その疑問、解消します!

節分の恵方巻きに欠かせないその年の恵方。

どこにいても恵方が簡単にわかる方法、

永年使える恵方表も含めわかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

恵方巻の方角2018正確に方向を知る方法とは?

1月に入ると間もなく、スーパーなどの一角で見かける『今年の恵方は○○○!』の広告。

広告と一緒に、恵方巻きの予約販売のチラシが置いてあることも多くあります。

予約をしても食べたい節分の恵方巻き(えほうまき)、今やすっかり伝統行事として定着しましたね。

恵方巻きといえば、

毎年決まっている方角(恵方)に向かい、太巻き(太く巻いた寿司)を一本まるまる黙って食べきると縁起が良く、福を招く

と言われている、節分の風習の一つです。

太巻きを食べる時に、「『願い事』を念じながら食べるとそれが叶う」とも言われています。

恵方と呼ばれる縁起が良い方角は毎年変わるので、チェックが必要です。

2018年の恵方は?

今年2018年、平成30年の恵方は、

南南東、やや南(右)

です。

『南南東(微南)』と書かれていたりしますが、「」は「やや」とか「ほんの少し」といった意味合いです。

なので、「やや南」というのは、体をしっかり南南東に向けた時に、ほんの少し右側(南)を向くという感じです。

恵方巻きの正しい方角を知る方法は?

実際、南南東の方角と言われてもイマイチよくわからなかったりすることもありますよね。

その上、「微南」や「やや右」とか「ほんの少し」がつくと、ますます戸惑ってしまうばかり。

ですが、食べるルールを守っても、ピタリと正確な恵方の方向でなければ意味がなくなってしまいます。

正しい方角を知るにはコンパス(羅針盤)が必要ですが、どこの家庭にでもあるものではありません。

そんな時はスマホアプリを利用するのがおすすめです。

スマホアプリで「コンパス」もしくは「羅針盤」と検索すると、無料のコンパスアプリが多数ヒットします。

『恵方コンパス』など、恵方巻を食べる方角がすぐ探せるアプリも幾つもあります。

一年に一度、節分の日にしか使わないアプリですが、簡単に恵方を探し当てることができますので、方角をきちんと知りたい場合は優れもの。

使い勝手の良いもの(ダウンロード数が多く、評価の高いもの)をダウンロードしてアプリを立ち上げると、細かな方角もすぐに知ることができますよ。

2018年の恵方巻きの食べ方は?

「その年の恵方に向かって食べる」というのが恵方巻の絶対的ルール、今年の恵方は『南南東、やや南(右)』なので、その方角に向かって太巻きを丸かぶりします。
 

2018年の恵方巻きの食べ方

  • 恵方である南南東(微南)の方角に向かって
  • 太巻きを切らずにかぶりつき
  • 食べているあいだは心でお願い事を思い描き
  • 食べ終わるまではしゃべらない

 
一見、簡単そうに見えるルールですが、地域によっては「目をつぶる」とか、プラスアルファのルールもあるようです。

このあたりに明確なルールはありませんので、ローカルルールはお好みで取り入れるのが良いかと思います。

基本は、

『恵方を向いて、太巻きを切らずにかぶりき、食べている間は願い事を思い描きながら、食べ終わるまではしゃべらない』

ということです。

◇ 恵方巻きの食べ方で願い事を叶えたい時はこちらをどうぞ。
恵方巻きの願い事が叶う強力な方法おまじないの秘訣2つ

スポンサードリンク

節分の恵方巻きで方角が毎年違う理由

恵方巻きは節分当日のコンビニやスーパーはもちろんのこと、早くからお寿司屋さんなどでも予約注文を受け付けたり、デパ地下でもさまざまな種類の巻きずしが恵方巻きとして売られています。

ですが、全国的に定番になってきた『節分に恵方巻きを食べる』という習慣は、ごく最近のこと。

「自分が子供の頃、節分に恵方巻きなんてなかった!」

なんて言うのも当たり前、恵方巻きがコンビニでも売られ、全国区になったのは、ここ数年です。

◇ 恵方巻きの歴史について詳しくはこちら
恵方巻きはいつから意味とルール発祥はセブンイレブン?

 
恵方巻きは毎年決められた方角を向いて食べる、ということを知ってはいても、その方角が毎年変わるのはなぜなのでしょうか?

それは、恵方におられる神さまに由来しているのです。

恵方巻の恵方とは?

恵方とは、歳徳神(としとくじん)という、その年の金運や幸福を司る神さまがいらっしゃる方角です。

歳徳神の由来については諸説ありますが、とても姿の美しい姫神で、何事にも神秘的な作用を及ぼすと言われています。

歳徳神がいらっしゃる方角に向かって行なうことは万事に良しとされ、昔から、

歳徳神のいる恵方に向かって何かをするとうまくいく、縁起がいい

とされています。

また、恵方は、災いを引き起こす神さまが巡って来ない最も良い方向とされています。

初詣などの参拝には、恵方にある神社にお参りに行く人も多くいます。

自宅から見て、恵方の方角の神社に初詣をすることを、『恵方詣り』と言い、その年の願い事を祈願すると、良いとされています。

恵方の方角が毎年違う理由

実は、この歳徳神は同じ場所にじっとしていない神さまで、年ごとに居場所を変えるとされています。

そのため、恵方が毎年変わるのです。

恵方巻きの方角は誰が決めるの?

歳徳神がいらっしゃる場所が恵方ですが、その方角はどこかの機関や誰かが決めるわけではありません。

恵方は最初から決まっているものなのです。

なので、来年以降の分もすべて決まっています。

恵方があらかじめ決まっていることを初めて知った時はかなり驚きましたが、それより驚いたのは、恵方と呼ばれる方角は4つしかないということ。

  • 東北東微東(少し東)
  • 西南西微西(少し西)
  • 南南東微南(少し南)
  • 北北西微北(少し北)

この4方向を、5年周期でそれぞれ振り当てて、繰り返しているのです。

恵方は十干(じっかん)と十二支の組み合わせによって決まります。

十干とは、 甲(こう)・乙(おつ)・丙(へい)・丁(てい)・戊(ぼ)・己(き)・庚(こう)・辛(しん)・壬(じん)・癸(き)の10の要素の総称です。

「甲乙つけがたい」なんていう言い回しは、ここから来ています。

十干にはそれぞれ方角が決まっていて、これに十二支を組み合わせて恵方を決めています。

恵方を西暦の末尾の数字によって知る方法

十干と十二支の組み合わせはちょっとわかりにくいですが、その年の恵方は簡単に西暦から知ることができます。
 

西暦の末尾 恵方
4か9 東北東微東(東北東より少し東)
5か0 西南西微西(西南西より少し西)
6か1か8か3 南南東微南(南南東より少し南)
7か2 北北西微北(北北西より少し北)

 
この表を見ると、2018年は南南東微南ということがわかります。

2019年以降も、この法則がわかっていれば、恵方はすぐにわかりますね。

なお、南南東などとピッタリ方位があるわけではなく、「微南」と加えられているのは、16方位ではなく24方位で示しているからです。

恵方巻の方角2018年ピタリ節分に方向を知る方法 恵方は誰が決める?のまとめ

2018年、平成30年の恵方は、『南南東、やや南(右)』

恵方巻の恵方とは、歳徳神(としとくじん)という、その年の金運や幸福を司る神さまがいらっしゃる方角です。

歳徳神がいらっしゃる方角に向かって行なうことは万事に良しとされ、災いを引き起こす神さまが巡って来ない最も良い方向とも言われています。

歳徳神は同じ場所にじっとしていない神さまで、年ごとに居場所を変えるとされているため、恵方は毎年変わります。

恵方と呼ばれる方角は4つ。

  • 東北東微東(少し東)
  • 西南西微西(少し西)
  • 南南東微南(少し南)
  • 北北西微北(少し北)

この4方向を、5年周期でそれぞれ振り当てて、繰り返しています。

正確な恵方を知るには、スマートフォンのアプリを使うのが便利です。

せっかく節分に縁起の良い恵方巻きを食べるなら、恵方はきちんと把握して、正しい方向を向いて食べたいもの。

縁起物の恵方巻きで、良い節分をお過ごしくださいね。

スポンサードリンク