大寒とは何か2018年の日にちと時期どんな意味の行事が行われてる?

大寒とは何か2018年の日にちと時期どんな意味の行事が行われてる?

大寒とは何のこと?

2018年の大寒の日はいつ?

時期はいつからいつまで?

大寒に行われる行事の由来は?

その疑問、解消します!

大寒には一体どんな意味があるのか、

酒や味噌を仕込む寒仕込みの由来、

寒稽古や寒修行との関係も含め、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

大寒とは何のこと?

年が明けて、松の内も過ぎた頃。

ニュースや天気予報などで、

寒(かん)の入りを迎えました

昨日から寒に入りました

といった言葉を聞いたことがあるかと思います。

寒の入りのことを「小寒」といいます。

小寒は二十四節気の言葉のひとつ。

二十四節気というのは、太陰暦(たいいんれき:月の満ち欠けを基準にした暦)を使用していた時代に、季節を表すための工夫として考え出されたものです。

簡単に二十四節気をいうと、季節を表す4つの言葉(春夏秋冬)を、もっと細かく24に分けたものです。

立春、春分、夏至や冬至なども二十四節気です。

で、寒に入ったということは、これから1年で最も寒い時期を迎えるということなんですね。

この1年で最も寒い時期が二十四節気の「大寒」です。

大寒は、「だいかん」と読みます。

大寒は、読んで字のごとく、大きな寒さと書くだけあって、一年で一番寒さが厳しい時期という意味です。

ちなみに、小寒の最初の日から大寒の最後の日までの約30日間を「寒」、「寒中」、「寒の内」といいます。

寒中見舞いの寒中はこれが由来で、寒中見舞いの挨拶はこの期間にするのが良いとされています。

大寒は、その厳しい寒さから、各地で耐寒のための様々な行事が行われます。

また、寒さを利用した食物(凍り豆腐、寒天、酒、味噌など)を仕込む時期にもあたります。

2018年の大寒の日はいつ?時期はいつからいつまで?

2018年の大寒は1月20日となっています。

大寒は、毎年1月20日頃、もしくは、1月20日頃から次の節気である「立春」までの期間を指します

なぜ『頃』という曖昧な表現になるかというと、必ずしも1月20日が大寒と決まっているわけではないからです。

二十四節気は太陽の動きによってその日にちが決まるため、大寒も、毎年同じ日ではないのです。

大寒の期間はいつからいつまで?

また、大寒は日にちだけではなく、期間を指す言葉でもあります

なので、1月20日頃から次の節気である立春の前日、2月3日頃までの期間を指すこともあります。

つまり、大寒は2月4日頃に次の節季の立春に移るのです。

2018年の大寒は1月20日なので、大寒の期間は1月20日(土)から2月3日(土)までとなります。

暦の上では、大寒が一年で最も寒い時期ということになりますが、実際、1年で平均気温が低くなるのは2月の初めあたりが多くなります。

体感的にも、1月の終わりから2月の初旬にかけてが一番寒いような気がします。

実際、気温の最低記録の更新も、大寒の一週間ほど後の1月末前後が多く、暦上の大寒とはズレがあります。

暦とズレがある理由は、二十四節気が中国から伝わってきたことに由来します。

このため、二十四節気の発祥の地とされている中国の黄河の中流域では、1年で最も寒さが厳しい大寒ということになりますが、日本ではほんの少しズレているのです。

スポンサードリンク

大寒に行われる行事の由来

江戸時代(1787(天明7)年)に出版された暦の解説書で、現在でも二十四節気を説明する際に引用されることが多い『こよみ便覧』という書物があります。

こよみ便覧の大寒の欄には

ひ(冷)ゆることのいた(至)りて はなはだ(甚だ)しきとなればなり(也)

とあります。

「至り」は、『ある物事が最高の状態に達していること』

「甚だしい」は、『普通の度合をはるかに超えている』

といった意味。

意訳すると、

最高に冷気が極まって、あり得ないほど寒さがつのる時期

といった感じです。

前述のように大寒は、その極寒状態を利用して、凍り豆腐、寒天、酒、味噌や醤油などの仕込みが始まる時期でもあります。

大寒を含む寒の内の間に汲んだ水は『寒の水』と呼ばれます。

寒の水は、雑菌が少なく長期保存に向いているとされているため、長期保存が必要なこれらの仕込みに大寒の時期の水を使ってきたのです。

また、酒も味噌も発酵食品ですが、発酵食品はゆっくりと時間をかけて発酵させるほうが美味しく仕上がります。

寒中は気温が低く発酵がゆるやかに進むので、その点からも冷え込む寒中はピッタリの時期。

この時期に仕込むものを「寒仕込み」と言い、一番美味しいとされています。

今は酒蔵や味噌蔵の温度も一定に保つことができるようになり、年中作ることができるため、寒中に仕込むという季節感がなくなりつつありますが、「寒仕込み」と聞くと、やはり格別な気がしますね。

寒の水は薬になる?

寒中の水はその冷たさが極まった様子から、神秘的な力があると信じられてきました。

大寒の水はおなかを強くする

という言い伝えがあります。

大寒の日の朝、起きてすぐ水を飲むのが良薬とされてきたのです。

朝起きたら白湯を飲む習慣がある人も、あえて水で飲むのです。

なかでも、寒の入りから9日目の『寒九の水』はとても良い薬になるという説があります。

大寒に行われる寒稽古や寒修行

神道や仏教の神事もこの大寒の時期に行われます。

小林一茶の句に

見てさへや惣身にひびく寒の水

というものがあります。

水ごりをする人もいるのに、みるだけで寒くなる寒の水

といった意味です。

水ごりとは禊(みそぎ)の水行のこと。

神仏に祈願する前に、水を浴びて身を清め、穢けがれをとり除いて心身を清浄にするのが水ごりです。

このような神事も大寒の時期に行われます。

大寒の日に、極寒の中、白装束やふんどし一枚の姿で、滝や川、海に入る姿をニュースなどで見たことありませんか。

全国各地で毎年恒例の行事として行われているので、大寒の風物詩ともなっています。

これは寒稽古寒修行と呼ばれ、極寒の中を薄着で水に入ることで、己を限界まで追い込み、いかなる苦境にも耐えうる強靭な肉体と強い精神力を養うことが目的とされています。

本来は、神職者や武道家が修行として行っていたものが、現在は大寒の日の前後に、己を鍛えたい人が参加するイベントとして開催されていたりします。

大寒とは何か2018年の日にちと時期どんな意味の行事が開催される?のまとめ

大寒とは、「だいかん」と読み、二十四節気(にじゅうしせっき)の第24節目です。

大寒は毎年決まった日があるわけではなく、「1月20日頃」が大寒となります。

また、大寒には期間としての意味もあり、その場合は1月20日頃から、次の節気の立春(2月4日頃)の前日までを指します。

大寒を含む寒の内の間に汲んだ水は『寒の水』と呼ばれます。

寒の水は、雑菌が少なく長期保存に向いているとされ、酒、味噌や醤油の仕込みがこの時期に行われます。

寒中の水はその冷たさが極まった様子から、神秘的な力があると信じられ、良薬とも言われます。

寒稽古や寒修行といった神事由来のイベントもこの大寒の時期に行われます。

寒の水が身の引き締まるような冷たさであることは、暖房で暖められた現代人からすると、なかなか実感できないですが、大寒が1年で一番寒い時期であることは体感できます。

1年で最も寒さが厳しい大寒の日ですが、寒が開ければすぐに立春。

春はすぐそこまで、です。

スポンサードリンク