バレンタイン手作りチョコは嫌がられるのか男の本音NG迷惑な理由8選

バレンタイン手作りチョコは嫌がられるのか男の本音NG迷惑な理由8選

バレンタインの手作りチョコレートは嫌がられる?

男性の本音は?

手作りチョコをもらって迷惑な理由は?

その疑問、解消します!

あげる側ともらう側の意識の違い、

「手作り」と「市販品」のどちらが好まれるか、

本命・義理も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

バレンタインの手作りチョコレートは嫌がられる?

2月14日はバレンタインデー

言わずと知れた愛のイベントです。

本命の彼への本命チョコはもちろん、上司や同僚、男友達など、日頃お世話になっている人への義理チョコなどなど、あちらこちらでチョコレートが飛び交います。

あなたは手作り派?

バレンタインデーには、

毎年手作りのチョコやお菓子を作って贈る

今年こそは、手作りチョコレートに挑戦!

という人も多いですよね。

もしかしたら、

手作りチョコなんて渡したら迷惑かな?でも手作りの方が・・・

と1人で堂々巡りをしているかもしれません。

女性としては、お手製の真心をこめたチョコレートで喜んでもらえたらという気持ちを込めて作るわけです。

手作りチョコをもらう男性の本音とは?

愛情こめての手作りですが、実はこのバレンタインの手作りチョコレート、男性側の感想を聞いてみると、

手作りチョコはホント要らないからやめて!

正直、迷惑

受取拒否したい

といった本音が、結構たくさん聞こえてくるのです。

一番好きな人には手作り本命チョコ、親しい人には手作り義理チョコ、関係上仕方なく渡す人には手作り義務チョコ、あらゆる手作りチョコのランクが存在します。

ですが、どのランクでも、もらう側の男性によれば、手作りは素直に嬉しいというわけではないようです。

なぜ、手作りチョコレートが嫌がられるのか。

『バレンタインの手作りチョコレートが嫌』という男性が少なくない理由を見ていきましょう。

バレンタイン手作りチョコが迷惑な理由とは?

せっかく愛をこめて時間をかけて作る手作りチョコレートが、贈ると迷惑にとられてしまう理由はいくつかあります。

1. バレンタインの手作りチョコは衛生面が嫌

バレンタインチョコの手作りが嫌な理由として、多くの男性が挙げるのが衛生面です。

手作りチョコの殆どは既製品のチョコを溶かして、また冷やして作ったもの。

その際、手を洗っているかどうかも、わかりません。

市販のチョコは、マスク・帽子・手袋などで、衛生管理が行われていますし、調理器具にも徹底した衛生管理がされています。

当たり前ですが、家庭のキッチンで作るチョコレートのためにマスクや帽子・手袋までして衛生に気をつける人はあまりいないでしょう。

もしかすると、友達や家族と共同作業で、賑やかにおしゃべりをしながら作っていることだってありえます。

不特定多数の人たちが、不衛生な状態で関わっていないとも限りません。

自分の見えないところで、どんな衛生環境かもわからない場所で作られたチョコレートは口にしたくないという感覚は頷けます。

たとえば、手作りチョコレートをくれる相手が愛する彼女だったらそんなことは気にならないかもしれませんし、むしろウエルカムな男性もいます。

ですが、親密な関係ではない女性から、手作りチョコレートを渡されても、

これって、安全?

清潔なのかな?

という疑念が湧くことも珍しくはないのです。

ましてや、職場の義理チョコで大量の手作りをしてくるケースは、それだけ受け止め方のパイが増えるので要注意ですね。

2. バレンタインの手作りチョコは何が入ってるかわからないから嫌

衛生面に続いて、バレンタインの手作りチョコレートが嫌がられる理由として、チョコレートの中に何が入っているかわからないというのがあります。

これは、不注意で入ってしまう髪の毛など以外にも、作る側の女性が故意にチョコレートに混入させるものも含まれています。

というのは、作り手の女性側が、相手との恋愛成就を願って、自分の身体の一部をチョコレートに入れるというケースがあるからです。

血液や爪、髪の毛などをチョコレートの中に入れるという妄信的なものです。

故意に入れるのはあくまでレアケースですが、受け取る側としては手作り場面を見ているわけではないので、やはり、何が入っているのかわからないものは口にしたくないと思ってしまうんですね。

スポンサードリンク

3. バレンタインの手作りチョコは重い

「年に一度のバレンタイン、手作りチョコで勝負したい!」

と思う乙女心はわかりますが、はっきり言って、手作りはそこそこ重いです。

どうしてかというと、市販のものに比べると、作り手の気持ちがこもっていると相手側に捉えられるからですね。

手作りチョコをもらった側にしてみると、スルー出来ないというか、邪険にするのもはばかれるギフトになる可能性が大。

市販のチョコレートをもらうよりも、イメージ的にどうしても重くなるのです。

重いかどうかは相手との関係性にもよりますが、あまり親しくない女性からの手作りは、かなり不評です。

また、

知り合いでも、好意のない女性からもらうと困る

という意見も多くあります。

4. バレンタインの手作りチョコは不味い

お菓子作りが得意で、プロ顔負けの腕でバレンタインのチョコレートを作るならいざしらずですが、基本、作る側は素人です。

しかも、手作りチョコレートを作るのは年に一回レベルが多いのが実情。

いくら愛をこめたとしても、それで味が良くなるということはありえません。

また、前述のように、手作りチョコの殆どは既製品のチョコを溶かして、また冷やして作ったものです。

そもそも買った時点のチョコが最適な状態なわけです。

その最適な状態のチョコをを空気に触れさせて熱を加えて溶かすのですから、それだけで劣化して風味が落ちます。

素人の腕で、しかも素材が良くないとなれば、美味しいものができる可能性は限りなく低くなります。

奥さんから手作りチョコレートをもらった辛口のわたしの友人♂は、

溶かして固めるだけなら、元のチョコレートをもらう方がよほどうまい

と奥さん本人に直接言ってました(笑)。

このように付き合いが長い場合なら、率直な意見も聞けますが、さほど親しくない間柄の場合はなかなか聞けないものです。

味の美味しさでプロに勝つことは、ほぼ不可能。

下手に愛情をこめるよりも、普通に高級チョコレートを渡す方が喜ばれるのではないでしょうか。

5. バレンタインの手作りチョコのアピールが嫌

手作りチョコから、『女子力アピール』『真心アピール』『愛情たっぷりアピール』を感じるのが嫌だという意見も多いです。

特に義理チョコの場合、付き合ってもいない手作りチョコには、

恐怖さえ感じる

という声も。

6. 手作りチョコを配る義理感が嫌

大量の手作りチョコを義理チョコで配っているのを見て、引く男性も多いようです。

義理チョコが職場やバイト先で儀式化しているとはいえ、

とりあえず、あげましたからね

という適当感が全開だと、相手もなんのためにチョコをもらうのかわからなくなります。

手作りにすれば、安上がりなのか

といった印象も持つようです。

7. バレンタインの手作りは誤解される

奥さんや彼女がいる人などは、誤解されると嫌なので困るって人もいます。

バレンタインデーのチョコは家に持って帰ることも多いもの。

その中に手作りがあることで、下手な勘ぐりをされたくないと思ってしまいます。

8. バレンタインの手作りはホワイトデーに困る

バレンタインに女子から手作りチョコレートをもらった側が困ることひとつにお返しがあります。

特に会社などでは義理チョコでもホワイトデーにお返しをするのは慣習化されています。

市販のチョコレートをもらったのであれば、同じように市販のお菓子を返せばOKだったところを、手作りをもらった場合は何を返せばよいのか、男性側を悩ませてしまうことになるのです。

バレンタイン手作りチョコは嫌がられるのか男の本音NG迷惑な理由8選まとめ

バレンタインに手作りチョコレートが嫌だという意見を見ていくと、なるほど、と頷けるものばかり。

大人になるほど衛生面が気になるので、社会人はアンチ手作り派が圧倒的に多いようです。

「素人の手作りは気持ち悪い」「不潔」と思う人が結構いるので、手作りチョコレートを考えているなら注意が必要です。

確かに、それほど親しい間柄ではない女性が手作りしてきたお菓子というものは、いろんな意味で不安があるものです。

また、手作りアピールが逆効果になることもありますので、よほどお菓子作りが得意でない限りは避けたほうが無難です。

手作りにこだわるのなら、手作りチョコは親しい恋人や友人・家族などに贈る場合のみと考え、職場などで配るのは、市販のチョコレートを選ぶ方が相手も困りません。

バレンタインデーの手作りチョコは、渡す側が思うほど、もらう側は手作りに対して価値を感じない場合もあります。

なので、手作りチョコレートを渡すかどうかは、よく考えてから行動することをおすすめします。

スポンサードリンク