バレンタイン会社で配る義理チョコの予算と職場で迷惑にならない値段

バレンタイン会社で配る義理チョコの予算と職場で迷惑にならない値段

バレンタインに職場で配る義理チョコの予算は?

ズバリいくらがベスト?

義理チョコが迷惑にならない値段は?

その疑問、解消します!

複数のバレンタインアンケート調査から見た予算の相場、

価格別のイメージ、

オフィスの実態も含め、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

バレンタインに会社で配る義理チョコの予算は?

女性の一大イベントともいえる年に一度のバレンタインデー

バレンタインデーともなると、職場の義理チョコは無視できないところですね。

中には、会社が『儀礼的なことは一切なし』としているところもありますが、今やバレンタインデーは誰もが知る国民的イベントです。

あげるあげないと深く考えずに、バレンタインというお祭りに乗っかるのも楽しいもの。

職場で義理チョコを渡す場合、まず気になるのが予算の相場です。

できるだけ安く済ませたい

上司にはちょっと高くてもいいかな

ホワイトデーが期待できるものがいい

ほんとはあげたくないので、シンプルな方がいい

などなど、バレンタインデーの義理チョコ予算は、女性側の気持ちが大きく影響します。

職場の義理チョコって、ある意味、お歳暮やお中元に似ていますよね。

あまり他の人とかけ離れた値段のものをあげて、目立つのはイヤ

という気持ちもあるでしょうし、

安っぽいものを渡して恥は書きたくない

という気持ちもあります。

まずは女性の先輩にリサーチ!

渡す義理チョコの予算について悩んでいる場合は、まず会社の女性の先輩に聞いてみましょう。

女性全員から男性全員に渡すということで、ひとり○○円といったように徴収制で義理チョコ費用を集める職場もあります。

バレンタインに会社の慣習があれば、それに従いましょう

職場で周りの足並みから外れないためにも、先輩女性へのリサーチは欠かせません。

とりわけ義理チョコに関しては、多数派に従うことをおすすめします。

オフィスの義理チョコの平均相場は?

会社や職場のバレンタインの場合、職種や職場の規模によっても、義理チョコの予算は変わってきます。

義理チョコにかける予算をいくつかのアンケートで比較してみましたが、最も多い割合をしめているのが、

一人あたり500円未満

という意見でした。

オフィスの義理チョコは社交辞令として渡すので、このあたりの金額が男性社員に配るものとしては無難なのかもです。

また、連名で渡す場合の相場も、お金を出し合う人数にもよりますが、おおむね、

一人当たり500円未満

です。

連名で買う義理チョコは、個人で買うよりも高価なものを買えますね。

バレンタインの職場の義理チョコ予算相場について、楽天リサーチ株式会社が2017年に行った『バレンタインデーに関する調査』があります。

その中に、義理チョコにかける予算について、『会社、取引先や男性の友人など義理チョコを贈る相手』という項目があります。

わたしが簡単にまとめてたものを参考までにご紹介しますね

500円以上1,000円未満 47%
500円未満 29.5%
1,000円以上2,000円未満 9.1%
2,000円以上3,000円未満 6.8%
スポンサードリンク

職場の義理チョコ予算はズバリ?

わたしの経験からいえば、個別で渡す場合の職場の義理チョコ予算は、300円~500円くらいの価格帯がベストだと思います。

義理チョコだからと言って、安っぽいものは相手も嬉しくないものです。

また、ホワイトデーのお返しを考慮すると、500円くらいを上限とするのが迷惑にならない金額なのは、と思うからです。

■ 義理チョコ予算300円~500円の理由

  • 100円~200円のチョコ:とりあえず感が出る上、見栄えが悪い。
  • 300円くらいのチョコ:選べるチョコの種類が増える。
  • 500円くらいのチョコ:チョコの種類も豊富で見栄えも良い。

お世話になっている上司や同僚には?

すべての男性社員に同じ金額の義理チョコを配るのは、気が引ける場合もありますよね。

特にふだんお世話になっている上司や同僚には、感謝の気持ちを上乗せしたいことも。

一般的に、お世話になっている上司や同僚などへの義理チョコの平均予算の相場としては、

一人当たり1000円~1500円くらいです。

仕事でチームを組んでいるとか、同じプロジェクトで働いているといった相手との関係性によっても予算の組み方は違ってきますよね。

職場の義理チョコが迷惑にならない値段と範囲は?

職場で義理チョコを渡す側の女性にそれぞれの思いがあるのと同様、もらう側の男性にも、ひとそれぞれでいろいろな意見があります。

一番目立つのは、

義理チョコはホワイトデーのお返しが面倒

という意見です。

義理チョコを会社でもらう方も、高額な義理チョコになると、ホワイトデーのお返しを考えるのも大変です。

実際に男性社員の本音としては、

お返しのことを考えるとプレッシャーになる

ホワイトデーにおしゃれなお返しを考えなくてはならないのがおっくう

もらう数が多いとお返しの費用(ホワイトデー)が負担になる

と考えているケースも多くあります。

一ヶ月後のホワイトデーを意識しない男性はいないはず。

男性は、バレンタインデーにもらった金額以上のものをホワイトデーに用意する傾向があります。

毎年のことですから、職場で義理チョコを配る予算の目安としては、やはり500円以内が常識的な金額と言えます。

前述のように、お世話になっている相手でも1500円くらいを上限とするのがベター。

相手の負担を考えると、お世話になっているからといって値段の高いものを贈るのは控えるべきですね。

職場で義理チョコを渡す範囲は?

職場の規模にもよりますが、どこかで線引きしないと膨大な量のチョコレートを用意しなくてはならなくなってしまいます。

基本は、同じ部署の上司と同僚たちだけで充分です。

部署が違っても、お世話になっている上司がいれば、プラスでその人にも渡すといった考え方で良いと思います。

バレンタイン会社で配る義理チョコの予算と職場で迷惑にならない値段 まとめ

職場の男性社員に渡す義理チョコの平均予算第一位は、500円以下と考えている女性が多いです。

ですが、すべての男性社員に同じ金額の義理チョコを配るのは気が引ける場合もありますよね。

お世話になっている上司や同僚などへの義理チョコの平均予算は、一人当たり1000円~1500円くらいが相場です。

あまり、高額な義理チョコは、もらう側がホワイトデーのお返しを考えて負担になってしまいます。

職場の義理チョコは、人間関係を円滑にするためのコミュニケーションツールです。

たかが義理チョコ、されど義理チョコ。

チョコと一緒に笑顔で感謝の気持ちを伝えれば、低予算のチョコでも必ず喜んでもらえますよ。

スポンサードリンク