スーパーのはまぐり砂抜きは必要ないのか砂出し済みでもする理由は?

スーパーのはまぐり砂抜きは必要か砂出し済みでもするべき理由とは?

スーパーで買ったはまぐりの砂抜きは必要?

『砂抜き済み』の意味は?

『砂抜きが必要』と表記される理由は?

その疑問、解消します!

砂抜きの目的は砂を吐かせるだけじゃない?

業者さんに聞いた蛤の流通事情、

砂抜き不要論も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

スーパーで買ったはまぐりの砂抜きは必要?

旬のはまぐり、美味しいですよね。

我が家は全員はまぐり大好きなので、汁物はもちろん、天ぷらやフライといった揚げ物もよくします。

はまぐりは縁起物なので、ひな祭りの時期になるとスーパーなどでもパック詰めで販売されることが多くなりますね。

パックを手に取ると、

砂抜き済み

と書かれているものや、店によっては、

砂抜きをしてください

と書かれているものがあります。

ですが、『砂抜き済み』を買ってきても、いざ調理をすると例の、

ジャリッ!

という、正に砂を噛むいや~な感覚を味わうことになった経験が何度かあります。

百貨店で買った、ちょっとお高い『砂抜き済み』のはまぐりでも一度経験したので、我が家では表示に『砂抜き済み』とあっても、必ず砂抜きをしています。

実際にはまぐりの砂抜きをしてみると、『砂抜き済み』でも『砂抜きをしてください』でも、ほとんど砂を吐かない場合もあります。

かと思うと、どちらも思ったより、砂を吐くこともあります。

はまぐりは見た目だけじゃわからないので、購入する側はお店の表記を目安にしますよね。

ですが、砂出しが終わっているはずの『砂抜き済み』のはまぐりでも、砂が残っていることがあるのです。

砂が歯に当たった時のジャリ感は本当に嫌なものです。

せっかくの美味しい料理が台無しにならないように、砂抜き済みのはまぐりでも、調理前には砂抜きをするのが万一の備えになります。

また、砂抜きには砂を抜く以外に、貝が吸っている汚い水を吐かせる意味もあります。

わたしの経験では、家庭での砂抜きをやると、やらないでは美味しさに違いがあるように感じています。

『砂抜き済み』のはまぐりでも、砂が残っているはまぐりにあたる時もありますし、貝に残っている汚れた水を吐かせるためにも、調理前には砂抜きをすることをおすすめします

スーパーの蛤に砂がある理由とは?

知人が魚介の仕入れ業者をしているので、販売されているはまぐりの『砂抜き済み』と『砂抜きをしてください』の違いについて聞いてみました。

魚介の中でも特に新鮮さを求められる貝類。

販売する店側としては、はまぐりを生きている状態でパック詰めするために、仕入れた時点で海水や塩水などに浸けています。

『砂抜き済み』の表示があるものと、『砂抜きをしてください』と表示があるものには、どのような違いがあるのでしょう。

『砂抜き済み』のはまぐりとは?

砂抜きををしたものを、『砂抜き済み』として販売しますが、どこまでを『砂抜き』とするかについて、決まりごとがあるわけではありません。

前述のように、新鮮さが必要とされるはまぐりは、生きている状態でパック詰めします。

そのため、仕入れ前から海水などに浸けているわけですが、その際、ある程度の砂抜きが行われています。

店頭に並べるまでストックする時間がある場合など、この時点で、『砂抜き済み』とする店があります。

また、店によっては、仕入れてから改めて砂抜きの処理を行なうところもあるようです。

このあたりは、店によって違いがありますので、どの程度の砂抜きが行われているか気になる場合は、直接お店の人に聞いてみましょう。

スポンサードリンク

『砂抜きをしてください』砂出しが必要なはまぐりとは?

スーパーで販売されているはまぐりにも、『砂抜きをしてください』『砂抜きが必要』といった表示を見かけます。

このように記載されている理由には以下の2つの理由が考えられます。

1. 砂抜きをしていない、もしくは砂抜きが不十分

2. 苦情対策

店側が砂抜きしていないのであれば、もちろん砂抜きをしないといけませんが、苦情対策の場合は、一度砂抜き処理をしているということです。

一度砂抜きをしているなら、家庭での砂抜きは不要なわけですが、これには最近の消費者の風潮が反映されています。

最近の消費者には、

「砂抜き済みなんだから、砂が入っていないのが当たり前」

といった感覚が多くなったようです。

そうなると、『砂抜き済み』と表示してしまうと、クレームにもなりかねないわけです。

ある程度の砂抜きの工程があったとしても、砂が残っているかどうかは、食べてみないとわかりません。

『砂抜きをして下さい』という表示をする方が、店側としてはかなり有効な苦情対策になります。

はまぐりの見た目だけでは、砂抜きをしていないからなのか、苦情対策なのか、どっちの目的のための『砂抜きをして下さい』という表示なのかはわかりません。

実際、砂抜きが行われていない可能性がある以上、ちゃんと砂抜きをする方が良いですね。

はまぐりの砂抜きは必要ない?

ネット上では、

「はまぐりは砂を飲み込まない」

という意見を見かけますが、潮干狩りではまぐりを採ったことがあれば、そうは言えないのではないかと思います。

はまぐりはアサリより水深のあるところにいます。

厳密にはまぐりが砂を『飲み込む』かどうかは別にして、他の貝と同様に海水と砂の環境で生息しているものです。

ですから、砂が付着していてもおかしくありませんし、砂が一粒も貝の中に入らないということはありません。

実際、わたしははまぐりの砂を噛む不快な「ジャリッ!」を、家でもお店でも何度も経験しています。

そもそも、買ってきたはまぐりを砂出しすると、砂があるはまぐりは、ちゃんと砂を吐きます(笑)。

はまぐりを販売する店側も、『砂抜き済み』『砂抜きをしてください』といった表記をしていることからも、「はまぐりは砂を飲み込まない」という意見はどうかと思います。

また、

「はまぐりは販売前に砂抜きはされている。砂抜き前提で流通しているので必要ない」

という意見も見かけます。

前述のように、はまぐりは仕入れの時から海水などに浸けて流通しますが、その時間は流通ルートによっても違いますし、店の保管状態や、前処理のやり方によっても変わってきます。

このような意見に左右されて、はまぐりの砂出しをしないで調理すると、料理が台無しになるだけじゃなく、はまぐりに使ったお金だってもったいないし、何より、楽しい食卓の雰囲気が悪くなっちゃいます。

『砂抜き済み』と『砂抜きをしてください』。

いずれにしても、はまぐりを美味しく食べたいなら、買ってきたらお家でしっかり砂抜きをすることが大切です

スーパーのはまぐり砂抜きは必要ないのか砂出し済みでもする理由は?まとめ

スーパーで売られているはまぐりには、『砂抜き済み』と記載されているものと『砂抜きをしてください』と記載されているものがあります。

『砂抜き済み』のはまぐりでも、砂が残っているはまぐりにあたる時もありますし、貝に残っている汚れた水を吐かせるためにも、調理前には砂抜きをすることをおすすめします。

『砂抜きをしてください』と記載されている理由は、苦情対策の意味も含まれています。

「はまぐりの砂抜きは必要ない」という意見を見かけますが、そんなことはありません。

購入したはまぐりが『砂抜き済み』でも、砂抜きが必要なものでも、美味しいはまぐりをたべるためには、家庭での前処理が重要です。

はまぐりはデリケートな生き物。

丁寧に扱って、しっかり砂出しさせましょう。

スポンサードリンク