付き合い始めの彼氏にクリスマスプレゼント予算次第で重い女の心理学

付き合い始めの彼氏にクリスマスプレゼント予算次第で重い女の心理学

彼氏とは付き合いたて。付き合って間もないクリスマスプレゼントの予算は?付き合い始めのお悩み解決!彼氏に重い女と思われないためのポイント・プレゼントの具体例・贈る時のアイディアのコツも併せて心理学的にお伝えします。予算は軽め、見た目は豪華でGo!

スポンサードリンク
  

付き合い始めの彼氏に贈るクリスマスプレゼント

まだ付き合って間もない彼氏と初めてのクリスマス。
どんなプレゼントをあげたら彼氏が喜んでくれるのか、悩みますよね。

まー、「付き合いたて」の場合は、

「どんなプレゼントでも嬉しい!」

っていうのはお互いあるとは思います。

それでも、プレゼント次第では、付き合い始めの彼氏との距離をグィーンと縮めてくれるものになるかも、などなど考え始めるとキリが無くなりますね。

 
ところで、雑誌なんかでよく言われている、

「付き合って1年目に高価なモノをプレゼントしてしまうと、2年目は更に高価なモノをプレゼントしないと喜んでもらえない」

ってあるじゃないですか。
これは、

「初回に受け取ったプレゼントよりも2回めは同等、もしくはそれ以上のものを期待する」

という男女共通の人間心理。
ちょっと打算的なニュアンスですが、人間は贅沢をするとどんどんそれが基準値となってしまうということでしょうか(笑)。

この考えでいくと、付き合いたての今、このクリスマスに気張ったプレゼントを贈ってしまうと次回のハードルが上がってしまうということ。

お互いの考え方や価値観がまだよくわかっていない付き合い始め。
そんな時に贈る最初のプレゼントがクリスマスプレゼントなら、贈る品物に凝ったりするのではなく、まずは軽めで攻めるのが無難です。

この先も誕生日をはじめ、いろんな記念日にプレゼントを贈る機会があると思います。
年が明けたらすぐにバレンタインもありますね。
時間が経ってお互いの距離が縮まっていく段階でプレゼントも自然に応用がきくものです。

プレゼントを贈る心理と重い女

あなたは今、

「付き合って間もない彼氏へのクリスマスプレゼントを何にするか」

でいろいろ頭を悩ませてますよね。
ところで、このプレゼントですが。
彼氏にプレゼントを贈る意味や目的って、考えてみたことありますか?
   ・
   ・
   ・
普通、誰かにプレゼントを贈るっていうのは、プレゼントを贈る相手に対する愛情のしるし、好意があるという表明です。
あなたも今の彼氏が好きだからプレゼントを贈ろうとしているわけで、「みんながやってるから」なんていう理由じゃないはず。

当たり前のことですが、家族や職場、友人同士、恋人同士などの人間関係においても、基本的に好意を持っていない相手には、プレゼントを贈ることはほとんどありません。

時にはプレゼントを社交辞令で贈ることもあるでしょうが、そんな場合でも、

「これからもうまくやっていきたい」

「この先もっと仲良くしたい」

といった何らかの好意の感情を抱いているもの。
ホントに嫌いな人には社交辞令であっても、自主的にプレゼントを贈ることって普段は殆どないと思います。

で、人はプレゼントを贈られると多かれ少なかれ嬉しい気分になります。

相手からの「気持ち」を受け取ることで自分の心が潤って、その人間関係がより良いものになる期待も湧いてきたりします。

恋人同士のみならず、人と人の付き合いが長くなってプレゼントのやり取りを繰り返すようになっていくと、コミュニュケーションがとりやすくなっていきます。
お互いの人間関係における「好意の循環」が始まってくるんです。、

職場でのバレンタインの義理チョコに対して、ホワイトデーでお返しをしてくれることなどもコミュニケーションのひとつですね。
プレゼントには物事を円滑に進める効果があるということです。

 
さて、あなたのプレゼントに話を戻します。
出来る事なら、彼氏に心の底から喜んでもらいたいし、プレゼントを通して、彼への熱い思いや誰よりも大好きだという思いを伝えたいですよね。

付き合いの期間はどうであれ、もともと男性の趣味って分かりづらいもの。
サプライズにしたいと悩んだ挙句、結局、彼氏に聞いてみようかと思ったりアレコレ気持ちが焦ってくるのもわかります。

もしも、なかなかいいアイディアが思い浮かばなくて、彼氏へのプレゼント選びが少しストレスになってきているのなら。
一旦肩の力を抜いてリラックスしてみてください。

そもそも付き合いたての頃なんて、相手も浮かれています。

・プレゼントをもらう。
・「好き」っていう気持ちが伝わってくる。

それだけで嬉しいもの。
どんなものをもらったって彼氏は喜んでくれます。
気張らずに、彼氏の笑顔を想像しながらプレゼント選びを楽しみましょう!

 

〈プレゼントで重い女になってしまう〉

「男はプレゼントで女の肉体を手に入れようとし、女はプレゼントで男の愛を手に入れようとする」

学生時代、先輩(♂)のこのセリフに唸りましたが、社会に出てみると昔からよく言われているようでした(笑)。

確かに女性の場合、自分の自信のないところをプレゼントで補おうとする傾向はあります。男性の愛がプレゼントで手に入ると本気で思っているかはともかく、実際そういう女性はたくさんいます。
極端な例だと、ホストに入れあげるっていう行為。
お金やプレゼントで自分の魅力を補強しているわけです。

一般に人は何かを受け取ると、それに対して「お返し」をしてお互いの関係のバランスを取ろうとする心理が働きます。

スポンサードリンク

これはお互いに貸し借りのない状態が、物質的にも心理的にも、それぞれの心に負担のかからない最も快適な人間関係だから。

にもかかわらず、です。
たとえばあなたがこのクリスマスに、

「もっともっと愛されたい」

という気持ちが高じて、自分にとっては分不相応の金額のプレゼントを相手に贈ったとします。
(彼がそのプレゼントを平気で受け取るような男性で、お返しのかけらもないような男性だった場合の話は別)

この時、彼氏はどんな気持ちになるでしょう?
想定外の高価なプレゼントをもらったことを素直に喜ぶでしょうか?

心理学的には、心の負担、というか心に負荷がかかるようなプレゼントをもらってしまった場合、人はその相手に対して好意どころか、嫌悪感さえ感じてしまうといわれています。

とりわけ、

「私はいいの、喜ぶ顔が見たかっただけ」

といった感じでバランスを取る事を拒否されてしまう場合。
もらった方はいつまでも重荷を背負う事になり、物質的には利益を得たはずなのに気分的には不快な状態に陥ってしまいます。
これって、よく「重い」と括られますよね。

「重い女」

「彼女が重くってさ」

あなた(女性側)からすれば高価なプレゼントをして見返りも要らないと言っているのに散々なところですが、実際相手(彼氏)は心に負荷を感じているわけですから、「重い」のです。

女性自身は意外と気付けていないことがあります。
恋愛も人間関係。
気持ちの負担を考えて、せっかくのプレゼントがあだにならないように相手の心理にも気を配りたいものですね。

付き合いたての彼氏が喜ぶクリスマスプレゼントと予算

付き合い始めや付き合いたての頃は、恋人同士もうまく会話が進まなくてギクシャクしたり、お互い気を使いすぎてすれ違ってしまうこともありますね。

なので、どんなプレゼントを選ぶにしろ必ず手書きのカードを添えましょう。
特に、クリスマスプレゼントが初めての贈り物になるのなら思い出にも残りやすいもの。
手書きのメッセージを添えることで今年のクリスマスが特別なものになりますよ。

 

〈付き合い始め向けクリスマスプレゼントの予算〉

□予算は軽めで

プレゼントの予算は年齢や二人の距離にもよりますが、上述したように、お互いの考え方や価値観がまだよくわかっていない付き合い始めに贈るプレゼントは「軽め」で攻めることを推奨します。

3000円くらいから最高でも10000円くらいの間。
彼も気負わずに貰える値段帯で、安すぎるという事もない価格帯です
相手とのバランスや、相手の心の負担にならないかをまず考えてくださいね。

□手作りはNG

まだお互いの好みもわからないこの時期です。
お菓子類だろうと編み物などの手芸類だろうと、付き合って間もないクリスマスプレゼントに「手作り」は、のちのち「重い」と思われかねません。
相手がそういったものを望んでいるようだったらバレンタイイデーに。

手作り系は付き合いが続けばこの先いくらでも出番があります。
今回はやめておきましょう。

〈付き合い始め向けクリスマスプレゼントの具体例〉

まだ彼の趣味趣向を把握しにくい時期。
実際にプレゼントするものは、日常使いの「財布」や「時計」などの身近なアイテムが良いと思います。

もらって嬉しい・気分的にも重たくない・あたりさわりなく使える。
そんなおすすめ定番アイテムのプレゼントをご紹介します。

■ちょっと高価なボールペン

ボールペンは価格帯も広く予算に応じて選びやすいです。
実用的で相手の好みがよくわからなくてもハズす可能性は低く、それでいて高価なボールペンというのは自分ではなかなか買う機会がないのでプレゼントとして優れものです。
相手の名前やイニシャルを入れられるサービスを利用するのも特別感があっておすすめです。

■マグカップ

「自分で買うことはないけど貰ったら嬉しい」が喜ばれるプレゼントのポイント。
マグカップは、毎日使うわりに男性が自分で買うことはあまりないもののひとつです。
こっそりペアで買って、同じものを使っていることを何かの記念のときに打ち明けてみるのもサプライズに。

■マフラーと手袋

マフラーと手袋も自分で買う男性って意外と少ないもの。
近頃はスマホ対応の手袋など、多様なものが販売されています。
ブランド品も安心ですが、利便性を重視して選んでみるのもいいですね。

■ネクタイ

超無難ですが、ビジネスマンにとっては必需品なので案外喜ばれます。
彼氏の好みがわからなくても、人気ブランドの旬のネクタイであればほぼ間違いありません。

 

※プレゼントが決まってからのポイント

予算は軽めを推奨しておりますが、その分、ラッピングには凝るのがポイントです。

男性はラッピングに凝ったものをもらう機会があまりありません。
特別感が増す上、クリスマスらしい華やかさが加わると自ずと気分も上がるもの。

数百円で素敵なギフトラッピングにしてくれるサービスもあります。
プレゼントの中身はシンプルでも、見た目はちょっと豪華にしてみてくださいね。
手書きのカードをお忘れなく。

まとめ

付き合い始めの彼氏にクリスマスプレゼントを贈る。
この時大切なのは値段ではありません。

高価なプレゼントを贈っても、逆に相手を困らせてしまうこともあります。
「重い女」は心外ですよね。
付き合って間もないのであればクリスマスプレゼントは無理をしない予算で、身近な定番アイテムを選びましょう。

肝心なのはあなたの気持ち。
カードにあなたのメッセージを添えるだけで、どんな品物も世界でたったひとつのオリジナルプレゼントになりますよ。

スポンサードリンク