お歳暮とは誰に予算と時期いつからいつまで新巻鮭を贈る理由

お歳暮って誰に贈るの?時期はいつからいつまで?相手別の予算と品物選びのヒント、新巻き鮭が定番の理由をお伝えします。お歳暮は1年を締めくくるご挨拶、贈るタイミングが肝心。お歳暮に悩んでいるあなたにお歳暮の基礎知識をわかりやすくご説明します。

スポンサードリンク
  

 

お歳暮とは誰に贈るもの?

12月に入り何かと気ぜわしいこの頃。
忘年会にクリスマス、なんちゃらイベントの予定を組んでいるうち、まだお歳暮を手配していないあなた。いや、私。
明日こそ行かねば。

お世話になったあの方へ。
感謝の気持ちを届けるお歳暮はこの時期がタイミング。
忙しさに紛れて先延ばしにしていると「お年賀」になってしまいます。

なんだかこの頃はお歳暮も前倒し傾向ですよね。
早い人では11月末あたりに届くこともありますし、私自身も昨年は11月には百貨店で手配を済ませていました。

 

〈お歳暮を贈る相手〉

お歳暮は日本の慣習の中でもかなり定着しているもののひとつ。
毎年シーズンになると百貨店や大規模スーパーの宣伝が目に付くようになりますよね。

お歳暮っていうのは、日頃お世話になっている人・お世話になったけれど普段会えない人などに「一年の感謝」と「また来年もよろしくお願いします」という気持ちをこめて贈るもの。

なので、お歳暮は誰に贈ってもいいんですよ。
基本的には自分と同じか目上の人に贈るのが一般的ですが、決まりがあるわけではありません。

私の周りでもお歳暮という形式にとらわれず、今年1年の感謝ギフトとして、友人や兄弟などの親しい間柄で気軽に楽しむケースも多くなっています。

 
■ お歳暮を送る相手

・両親

・義父母

・仲人

・親戚、兄弟姉妹

・友人、知人

・上司

・会社関係(取引先・顧客)

・お稽古事の先生

一般的に仲人さんへのお歳暮は3年間。
そのあとは仲人さんとのお付き合いの程度で決めるのがいいですね。

仕事先に贈るお歳暮の場合、会社によっては儀礼的な贈り物を禁止している場合もあります。
また、学校の先生やドクターも受け取ることを辞退する場合が少なくありません。

こちらの気持ちが相手の迷惑になるようであれば本末転倒になっちゃいます。
前もってリサーチできるといいですね。

 

〈お歳暮と中元と違い〉

お歳暮って「年の瀬ギフト」といったイメージです。

7月に贈るお中元が「夏のギフト」、12月に贈るお歳暮が「年の瀬ギフト」と捉えて品物選びをするわけですが。

私の場合、お中元・お歳暮ともに贈っている方もいれば、お歳暮だけにしている方もいます。

日頃お世話になっている方に品物を贈るっていうことに変わりはありませんが、お歳暮の方が金額的には張り込むかな。

一般的にも年の瀬のお歳暮のほうが、お中元よりも重視される傾向にあります。

最近ではお中元を止めて、一年の締めくくりである年末にお歳暮だけを送る人も増えてきましたね。

お歳暮もお中元と同様に毎年のこと。
一度贈り始めると、途中で止めるのはなかなか難しいところがあります。
誰に贈るか悩んでいる場合は、必要最低限の方から贈ることをおすすめします。

 

お歳暮の由来でわかる新巻鮭の意味

お歳暮という言葉自体が文字通り、「歳」の「暮れ」。
季節を表していることはわかりますよね。

この年の暮れのお歳暮に子供の頃から不思議だったことがあって、なぜお歳暮の品物に新巻鮭を贈るのかってことでした。

調べてみると、お歳暮の由来にルーツがあることがわかりました。

もともとの「お歳暮」というのは、嫁いだ娘さんやや分家の人たちが新年に年神さまへ供える物品を、年の暮れに本家や家元に持ち寄ったことに始まります。

ちなみに、この時のお供え物は、塩鮭、するめ、数の子、塩ぶり、魚介類の干物などの祝い肴。

これらの食べ物(祝い肴)は、「供えるお神酒[みき]の酒の肴」が由来と言われています。

話を戻しますね。
年の暮れに本家や家元に持ち寄っていた供物(祖先の霊や年神様に供える供物)をその後、年末に帰省できない子どもや遠方に住む親戚が本家に贈るようになります。

それがやがて、日頃お世話になっている親類や上司などにも贈るようになっていったというわけです。りました。

スポンサードリンク

ところで、近頃はお歳暮商品もバラエティ豊かですが、それでもお歳暮の主流は食料品です。

この理由も、戦前に米、野菜、魚、鏡餅、酒などの神棚にお供えするものを「お歳暮」としていたことが、現在の食料品中心のお歳暮につながっていると考えられます。

お供えのルーツがずーっと繋がって、今でも新巻鮭や数の子などを贈る習わしとして残っているんですね。

 

〈新巻鮭の語源〉

お歳暮の定番のひとつ、新巻鮭。

新巻鮭とは、内臓を除いた鮭を塩で漬けたもの。
塩漬けにすることにより余分な水分が抜けてうま味が増す上、保存性がよく重宝しますよね。

主に北海道産のものを指すこの新巻鮭、なにをもって「新巻」を指すのか、ずーっと謎だったので調べてみました。

新巻鮭の ”新巻” の語源にはいくつか説があります。

■ 鮭(サケ・シャケ)は「サケル(裂ける)」イメージして縁起が悪いので、お清めの意味として鮭に “新しい” わらを巻くようになった説。

■ とれたての “新鮮な(新しい)” サケの内臓を取り除き、薄塩に漬け込んで早く食べたからという説

■ 昔、塩に漬け込んだサケをワラで巻いたことから、 ”ワラ巻” が転じた説。

■ ワラではなく、 “「荒むしろ」” で巻いていたから説。

などなど諸説あります。

塩引き鮭の歴史は古く平安時代以前から作られていた記述があります。
そんな塩引き鮭を庶民が食べるようになったのは江戸時代。
現在のように全国に流通するようになったのは、鉄道などの輸送手段が発達してからのことでした。

 

お歳暮の時期はいつからいつまで予算は?

「お歳暮は季節の挨拶なんだから、贈るタイミングを逃しちゃダメよ」

と母からしつこく言われていました。

じゃあ、お歳暮を贈る時期っていつからいつまでかっていうと。

 
■ お歳暮を贈る最適な時期

正式には、事始めの日、つまり、正月祝いの準備を始める12月13日から20日までに贈るものとされていました。

でも前述のように、最近ではその期間が少しづつ前倒しになってきてます。

なのでお歳暮を贈る最適な時期は

◇12月上旬~12月20日頃。

といえます。

正月用の生鮮食料品を贈る場合は遅めの方が親切ですが、受け取る側のこと考えると、暮れの忙しい時期に届くのは慌ただしいものです。
20日くらいまでに先方へ到着することが好ましいですね。

 
■ お歳暮の予算は?

お歳暮の金額は、お中元の2、3割増が目安です。

一般的な相場は、3000円~5000円程度。

おつき合いの度合いやお世話になっている度合い、相手や自分の年齢などによって金額は違ってきますね。

・特別にお世話になっている人には5000円から1万円程度。

・仲人やお世話になっている上司には5000円前後。

・親戚、知人には3000から4000円。

このあたりが目安です。
あまり金額にとらわれる必要はありませんが、相手の負担にならないように相応の値段を目安にすることが大事ですよ。

 
■お歳暮の品物は何を選ぶ?

贈る品物で選ばれるのは食料品が圧倒的に多いです。

その内訳は、『海産物』『食肉加工品』『日本酒』。
お中元ではビールが多くなりますが、食料品は無難で、無駄になりにくい点が受けているようです。

いただきたいものとしては商品券などに人気がありますが、贈る側としては、

「気持ちが伝わらない」

「贈り主の個性が表れない」

と思う人が多く、あまり浸透していないのが現状。

また、こういった金券の類は相手によっては「失礼」ととられる場合もありますので注意が必要ですね。

 

まとめ

1. お歳暮は、お世話になった方に「一年の感謝」 と「また来年もよろしくお願いします」 という気持ちをこめて贈るのもの。

2. お歳暮は誰に贈ってもOK。

3. お歳暮の主流は食料品。

4. お歳暮の時期は、12月上旬~12月20日頃。

5. 一般的な相場は、3000円~5000円程度。

美味しそうなお歳暮ギフトのカタログにつられて、ここ数年、私は自宅にもお歳暮を贈っています。

聞けば友人たちも同様、ついつい自宅用も買っちゃうとのこと。
バレンタインの自分チョコのようなものです(笑)。

インターネット購入もあり、お歳暮の意味合いも年々多様化してきているように感じます。
相手の笑顔が見えるような贈り物をしたいものですね。

スポンサードリンク