クリスマスの前に別れるカップルその心理と破局の理由とは?

クリスマスの前に別れるカップルその心理と破局の理由とは?

クリスマスの直前に別れるカップルのなんと多いことか!待ち遠しいはずのクリスマスを目前にして破局する理由をお伝えします。年をまたいで恋愛関係を続けるよりクリスマスやお正月の前にスッパリ別れたほうがいいと思うケジメの心理、まさに年末総決算です。

スポンサードリンク
  

 

クリスマスの前に別れるカップルが多い理由

寒さ本番、冬の澄んだ空気に映えるイルミネーション。
あちこちから流れてくる定番のクリスマスソング。

街のクリスマス・ムードに乗じて即席カップルが誕生するかと思えば、これを機会にとばかり別れるカップルがいるのもクリスマスであります。

クリスマスが恋人たちにとってマックスにロマンチックになるか、マックス最低になるかは神のみぞ知る?

いえいえ、こんな調査があるんです。

 

〈カップルはクリスマス直前に破局が多いという事実〉

英国のジャーナリスト、デビッド・マッキャンドレス氏の研究チームが、

「カップルが1年の中で、いつ別れることが多いか」

をFacebookの1万件以上のカップルのデータを基に独自調査した結果があります。
それによると、カップルが別れる時期には、1年を通してい2回のピークがありました。

■ カップルが別れる時期

1. 2月後半から3月。

2. クリスマス前の約2週間。

「1」の2月後半から3月、ということは通年で最も別れが集中するのは春先なんですね。

3月は卒業や転勤といった環境の変化が多いシーズンなので、物理的にお別れしやすいのも当然かも。

日本には「長すぎた春」という言い方がありますよね。

お付き合いっていうのは、新鮮でトキメキがあるうちに結婚へとガーッと向かえば別のあり方になるのでしょうが、実際、身近でも長く付き合っても結局別れてしまうカップルも珍しくありません。

春先の新しい芽吹きに刺激を受けて自分を見つめ直し、新しいスタートを意識するからかもしれません。

卒業、旅立ち、などの言葉から春の別れには前向きなイメージがあります。

で、ですよ。
春はいいとして、2番めの別れのピークがクリスマス前の約2週間って、

「クリスマスは相手がいるもんねハッピー・クリスマス!」

なんて、おちおち考えていられないじゃないですか?

街中がクリスマスで思いっきり盛り上がっちゃってる中、クリスマスを一緒に過ごせるとばかり思っていたのに、いきなりの手のひら返しがあるなんて。

最近彼氏とうまくいってないなら、対策ねるか覚悟しとけって感じです。

ちなみに、前述のデビッド・マッキャンドレス氏の研究チームによる調査からは以下のデータも分析されています。

・ 別れを選択する曜日は、月曜日

・ 夏の間は、1人を楽しむ人が多い

・ クリスマス当日は、1年でもっとも別れが少ない

週末に熟考して月曜日に決断するのか、週末デートで別れを決める何かが有ったのかはわかりませんが、月曜日に別れを選択するということは必然月曜にフラれる人も多いってことですよね。
フラれる側にしてみると、長い一週間だろうなぁ。

それにしても、待ち遠しいはずのクリスマス前に別れてしまうカップルが多いなんて意外?それとも納得?

 

クリスマスの前に別れる心理とは?

私の周りを見ても、確かにクリスマス目前で別れてしまうカップルは多い、てか、たーっくさんいました。

だいたい12月っていうのは1年のシメ。
なにかと気ぜわしくしながらも、ことあるごとに自分の反省とかを潜在的にしちゃってるんです。

たとえば11月も終わり近くになってくると、、

スポンサードリンク

「1年、もう終わりかよ。何やってたんだこの1年」

「あれもこれも出来ないまま新しい年になるのか」

こんなふうに思ったことありません?

12月の声を聞く頃って、あらためて自分の生活や在り方を見直すタイミングが頻出する時期でもあるからなんですよ。

身も心も年末ムードに急かされドドドと忙しい上、ふとしたことで自分を見つめ直したりなんかして、自分で気づかないうちに神経質になってたりします。

だからこそ、相手とのちょっとした気持ちのズレに

「アイツとはもしかしたら合わないのかも」

「この先一緒にいてどうなる?」

などと考えてしまい、年をまたいで恋愛関係を維持するより、クリスマスというイベントの前にスッパリスッキリ別れたほうがいいと思ってしまうわけです。

 

〈総決算的クリスマス前破局〉

先週、男と別れた私の友人も、

「年末総決算。見切りました」

と笑顔でクリぼっち宣言していました。

◇クリぼっちについて詳しくはこちら。
クリスマスは一人クリぼっち女のおすすめ過ごし方とは

 
彼女いわく、

「新しい年をあの男と迎える、この先も一緒に過ごすことを考えてたら突然、
ムリってなった」

何度考えても

「いやムリ」

という結論に至り、そうなるともうクリスマスも一緒に過ごす意味がなくなったとか。

そして金銭面。
正直、プレゼント代もかさみます。
これ以上の思い出は要らないならば別れるのは当然、ソッコーさよならです。

 

カップルが破局クリスマス前に別れる理由

私の友人はの場合は自分からフッたケースですが、クリスマス破局で別れを告げられる=フラれる場合もありますよね。

どうしてクリスマス前が別れのキッカケになるのか考察してみました。

 

〈クリスマス前に別れる理由〉

■ クリスマスに対する価値観のズレ

カップルのうち一方が、クリスマスに気合を入れすぎている場合です。

どちらかが張り切りすぎると、一方の乗れない方は冷めてしまうもの。
距離が離れるほどますます相手に距離を置かれてしまうという悪循環に、気合を入れてる側は気が付きません。

■ クリスマスに対する過度な期待

女性に多いんですが、彼氏がしてくれることに期待するあまり相手のプレッシャーになってしまうパターンです。

最終的には疲れる女と思われてしまい、相手の気持ちを萎えさせてしまいます。

■ 気持ちが冷めていることに気付く

イルミネーションを見てもクリスマスの予定を考えても例年のようにクリスマスムードに乗れない自分。
つまり、もう愛は冷めてるのかとイベントに気付かされるパターンです。

イベントで盛り上がれるほど愛情がない。
こんな時に気づくなって感じですが、結構いるんですよ。

■ 総決算的けじめ

1年の締めくくりの時期、クリスマスを前に関係を清算するわけです。
惰性で付き合っていたり、すでに関係が冷えていたり、打算で付き合っていたりするカップルの一方がふたりの関係を見直すパターン。

前述の友人のケースですね。

まとめ

クリスマス前の破局。
別れを告げる側はきっと清々しい気持ちで新たな年を迎えるんでしょうが、逆の立場は。。。

クリスマスをどう捉えるかは人それぞれ。
ですが、大きなイベントだけに普段よりも価値観の相違が浮き彫りになりやすいようです

クリスマス前に別れるカップルにならないためにも、日頃から自分の気持ちばかりではなく相手のことを考えた恋愛関係を大切にしたいですね。

スポンサードリンク