入学祝い用のし袋の書き方マナー祝儀袋の表書きとお金の入れ方

入学祝いを包むのし袋の選び方、正しい表書きの書き方とお金の入れ方をご紹介。祝儀袋は金額次第?水引のないものは?袱紗は必要?マナーを知らずに贈ると思わぬ失敗で相手に失礼になることも。お祝いで恥ずかしい思いをしないように、しっかりチェックしよう!

スポンサードリンク
  

 

入学祝いを包むのし袋と祝儀袋の違いとは?

春は進学や入学を迎えるシーズン。

入園・入学につきものなのが「入学祝い」です。

この入学祝いをお金で贈る場合、のし袋などに包んで先方に渡しますが、文房具店に行くといろんな種類があって迷ってしまいがち。

しかも、入学シーズンでご祝儀袋コーナーが独立してある場合など、おしゃれなデザインものが沢山提供されていて、ますます目移り。

何を選ぶのが良いのかわからなくなってしまいますよね。

入学祝いには適切なのし袋があります。
なので、これから紹介することを買いに行く前の参考にしてくださいね。

 

〈「のし袋」と「祝儀袋」は同じ意味?〉

お祝いごとでお金などを包むものをのし袋やご祝儀袋と呼びます。
封筒という人もいますが正しくはのし袋・ご祝儀袋です。

のし袋と祝儀袋は同じ意味です。

祝儀袋の右上にひし形状の折り紙が貼られています。
それが

「のし(熨斗)」

と呼ばれるものです。

のし袋の「のし」はここから来ています。

簡易なものでは折り紙が印刷になっているものもありますね。

 

のし袋の「のし」意味と由来

のし袋の「のし」。

「のし」は元々は「あわびのし」と言って、アワビを熨(の)して乾燥させて保存食としたものです。

熨すっていうのは、シワを伸ばして平らにするイメージ。

祝儀袋の右上にあるのはアワビなんですね。

それにはこんな由来があります。

その昔、秦の始皇帝が家来に、不老長寿の薬を探すように命じました。
家来が探し出してきた薬というのがアワビでした。

以来、アワビは長寿の象徴として祝い事には欠かせない物となり、お祝いがあるとアワビと酒で祝宴を催すようになりました。

おめでたいことを象徴するのがアワビ、つまり「のし」というわけです。

 

〈祝儀袋の熨斗(のし)はデザインもいろいろ〉

祝儀袋の向かって右側についている黄色いもの、もしくは右上についている紅白のものが熨斗(のし)ということはわかりました。。

一見、紅白の飾りのようですが、これは薄い黄色の紙片を海草に見立て、その周りを紅白の紙で包み熨斗としています。

百貨店やスーパーなどで贈答品をお願いする時、水引と熨斗がそのまま包装紙になっているものを見かけますよね。

コンビニなどで簡単に買える祝儀袋にも、水引と熨斗が印刷されています。

水引っていうのは贈答品などについている飾り紐です。

デザインものの祝儀袋の場合、熨斗も黄色や紅白にとらわれないものも多数ありますし、熨斗自体や水引がついていないものも展開されています。

 

のし袋に水引ありと水引なしの違いとは?

水引は贈答品などについている飾り紐のことでしたね。

水引には未開封であるという封印の意味や魔除けの意味、人と人を結び付けるという意味あいがあるといわれています。

飾り紐の水引には、結び方や本数、色、左右の配置などに細かい決まりごとがあり、贈り物の目的によって使い分ける必要があります。

 

〈入学祝いの水引は蝶結び〉

お祝い事には「結びきり」と「蝶結び」の2種類を用います。

・一度結ぶと引っ張ってもほどけない「結び切り」。

・ほどけて何度でも結べる「蝶結び」。

 
結びきりは、

「一度だけで繰り返したくないお祝い」

なので、
結婚や快気祝いなどに使います。

蝶結びは、何度あってもいいお祝い事や一般贈答に使います。

入学は何度あっても嬉しいお祝いですから「蝶結び」を使います。

 

〈のし袋の水引が印刷なら金額の目安は?〉

一般的なマナーとしては、お祝いの金額が3万円程度までならば、水引は印刷されている封筒タイプものも使えます。

封筒タイプののし袋はコンビニで手軽に購入できます。

金額が多額でしたら、ちゃんと水引で飾ってある本格的な祝儀袋が良いですが2~3万円くらいまでならその必要はありません。

のし袋の包装裏には、包む目安の金額が書かれていることが多いので、確認してから買うといいですね。

 

〈のし袋に水引がないものは?〉

お祝いをする相手との関係によっては、水引や熨斗をつけるお祝い袋を、

「堅苦しく感じる」

「かしこまってしまう」

と感じる人もいます。

実際、入学祝いでしたら最近は水引のない祝儀袋が主流になってきたようです。

封筒タイプの可愛らしいもの、和紙など紙質に凝ったものなど多種多様で種類も豊富にあります。

 

〈入学祝い用のし袋は水引なしでも熨斗が付いたものを〉

入学祝いなら水引がなくてもOKです。

ですが、熨斗(のし)には要注意。

最近は、水引も熨斗も付いていない祝儀袋も販売されています。

でもこの熨斗が付いていない祝儀袋、頂いた本人は気にしなくても、その両親や親戚などがその祝儀袋を見た時に

「熨斗がないなんて不祝儀、香典袋みたい」

と思ってしまう可能性も。

水引のない祝儀袋を選ぶ場合は、ちゃんと熨斗が付いたものを選ぶのが無難です。

 

〈入学祝いで使うのし袋を選ぶポイント2点〉

入学はおめでたいことです。
なので、のし袋を選ぶポイントはこの2点を目安にしてください。

■水引は紅白蝶結び(水引なしでもOK)

■ 熨斗(のし)がついている

 

入学祝い用のし袋の表書きとお金の入れ方

表書きは基本的には

・「毛筆」

スポンサードリンク

・「筆ペン」

で、濃い黒を使って書きます。

地域によってはボールペンやサインペンを使うことが多いところもあるようですが、筆ペンなら間違いありません。

 

〈表書きの書き方〉

上の段は

■ 「入学祝い」

■ 「入園祝」

■ 「御入学祝」

■ 「祝御入学」

などが一般的です。

近頃では気心のしれた間柄への入学祝いならば

■ 「御入学おめでとう」

とする表書きも広がってきました。
親しみのある表書きになりますね。

 
下の段には名前を書きます。

名前は、

・個人で贈る場合は真ん中

・夫婦で贈る場合は右に夫、左に妻の名前(夫の名前のみでもOK)

・連名で贈る場合は3人までは氏名を列記

連名の時は、右側から地位が高い順に、友人同士なら50音順に書きます。

水引で上下の段が分かれていない場合は、袋の真ん中くらいを目安に上下を取ってください。

 

〈中袋の書き方〉

中袋がない場合はそのままお金を入れます。

袋の裏面に印刷されている記入欄があればそこに金額と住所・氏名を記入します。
その場合の金額は数字で書いてOK。

 

中袋の表には金額を書く

中袋の付いた封筒を使う場合は、中袋にもきちんと記入します。

記入しないという人も多いのですが、後々のため記入するのがお互いのためにベスト。
というのは、

「ご祝儀袋にお金を入れ忘れたまま相手に渡してしまった」

なんて冗談みたいな話は本当に良く有って、そういった失敗をする人たちの殆どは中袋に記入していません。

 
中袋に金額の記入欄があればそれに従い、記入欄がない場合は表に包んだ金額を書きます。

中袋に印刷されている記入欄が横書きの場合は、金額や郵便番号などの数字を算用数字で記入しても構いません。

封筒の中央に縦書きで「金五千円」「金壱万円」など、漢数字で書きます。

最近は略式が主流で、「伍阡円」「壱萬円」といった大字を使う人は少ないようです。

 

中袋の裏には住所・氏名を書く

裏にはあなたの住所・氏名を記入します。

書く場所は封筒の左下側で、表と同様に縦書きです。

まず住所を書き、続いて氏名となります。

 

〈入学祝い用のし袋のお金の入れ方〉

お札は必ず「新札」を準備してくださいね。

お祝いごとでは、お札の「顔」がある側が表になるよう入れるのが一般的です。

諭吉さんや一葉さんのお顔が表になるように入れます。

 
のし袋お金の入れ方20170311
 

〈入学祝いを渡す時期と渡し方〉

入園・入学祝いを贈るタイミングや時期は、入園・入学前に渡すのが一般的です。

なので3月中に渡すのがベストです。

 

〈入学祝いを渡す時は袱紗を使って〉

せっかくのお祝いですから、できればきちんと「袱紗(ふくさ)」に包んで持参し、相手に渡すとお祝いの気持ちもより伝わります。

袱紗っていうのは絹や縮緬などでできた四角い布で、お金や進物を包んだり掛けたりするのに用いるものです。

お祝い事の場合は袱紗の色は明るい暖色系のものが一般的です。

もし、袱紗をまだ持っていなくてこれから購入する場合は紫色がオールマイティーに使えておすすめですよ。

なぜかというと、袱紗の色柄の種類の中で、紫色は祝儀にも不祝儀にも使える唯一のカラーだからです。

昔ながらの袱紗は四角く、折りたたんでのし袋を包みますが、最近は開いてのし袋を入れるだけのこのタイプが多く使われています。
使ってみるとわかりますが、見栄えがいい上にとても扱いやすく便利です。

 

 

入学祝いを相手に渡す時は目の前で袱紗を外し、袱紗の上にのし袋を置いてから、のし袋を相手の方に向けます。

相手から見て文字が読める向きにするわけです。

そうして、お祝いの言葉と共に渡します。
笑顔を忘れずに!

 

まとめ

入学祝いや入園祝いで現金を贈る時に包むのし袋。
相手に失礼にならないマナーをまとめると、

・必ず「のし」がついたものを選ぶ。

・水引は蝶結び。

・デザインもので水引がないものでも、「のし」があればOK。

・贈るお金は新札を用意する。

・お金を入れる向きは諭吉さんや一葉さんのお顔が表になるように入れる。

・相手に渡す時期は3月中がベスト。

・袱紗に入れて持参するのがお作法的にはベスト

・袱紗は暖色を選ぶ。新調するなら紫色。

細かいマナーあって面倒に思えるかもしれませんが、一度覚えるとずっと役に立ちますよ。

スポンサードリンク