顔の紫外線にはUVカットマスクが効果的!紫外線対策マスクの選び方とおすすめ

紫外線対策に普通のマスクは効果があるの?UVカットマスクって何?選ぶ時の注意点は?人気のおすすめUVカットマスクはどれ?顔の紫外線にはUVカットマスクが効果的な理由を解説。人気のUVカットマスクの使い捨て&繰り返し洗えるおすすめ商品もご紹介します。

スポンサードリンク
  

 

顔の紫外線にはUVカットマスクが効果的!

日ざしが降り注ぐ日、紫外線対策でマスクをつけている人を見かけることが多くなりました。

よく日焼けをしたくないからといって、風邪や花粉・ほこり用のマスクをする人がいます。

いわゆる普通のマスクって、紫外線に効果があるのでしょうか?

〈普通のマスクは紫外線を通す〉

結論を言うと、普通のマスクは紫外線を通します。

紫外線にはA波とB波があります。

A波はジワジワと肌の奥深くまでダメージを与え、肌の弾力を奪い、シミやたるみなどの原因になります。

B波はエネルギーが強く、肌の表面に日焼けを起こします。

肌のためには、A波とB波の両方を防ぐ必要があります。

UVガードのために普通のマスクをしてもA波もB波もシッカリ身体に届きます。

マスクは非常に薄い素材なので、紫外線を防ぐには効果はありません。

また、マスクの白い色は紫外線を通しやすい色でもあります。

普通のマスクは日焼け対策にはなりません。

きちんと紫外線対策をするためには、UVカットマスクを使用することをおすすめします。

〈UVカットマスクは紫外線を遮る〉

最近、日焼けをガードしたい女性の間で急速に普及しているのが「紫外線対策マスク(UVカットマスク)」です。

見た目は普通のマスクと変わりませんが、有害な紫外線から肌を守ることができる優れものの便利なマスクです。

 
・日焼け止めはちゃんとしてるけど、よりプロテクトするため。

・日焼け止めは肌に合わない。

・すっぴんで出かけたい。

 
などの理由で、いろんなニーズで広まっています。

紫外線は美肌の大敵。

肌の老化を早め、シミ・シワやたるみなどの原因となります。

そして、紫外線は肌にダメージを与えるだけではなく皮膚がんや白内障の原因にもなります。

このような肌の老化を防ぐためにも、紫外線対策はとても大切です。

〈UVカットマスクとは?〉

日焼け対策といえば、思い浮かべるのはUVカットクリームや帽子、日傘、サングラスなどが一般的ですよね。

これにプラスアルファで、目元から下をガードしたいときにおすすめなのが、UVカットマスク(紫外線対策マスク)。

日常の紫外線対策を簡単に行える便利なアイテムです。

UVカットマスクの見た目は普通のマスクとほとんど変わりありません。

このごろは各メーカーからいろんなタイプのUVカットマスクが展開されています。

不織布製の使い捨てUVカットマスク、

レースをあしらった洗えるタイプのUVカットマスク、

天然素材で作られたUVカットマスク、

などなど、多種多様です。

いずれも基本的にはマスクに紫外線防止加工が施されています。

共通の特徴でいうと、通常のマスクよりも、紫外線から顔をプロテクトするため、横の長さが長めになっています。

それ以外はほぼ普通のマスクに見えるデザインのものが主流です。

商品によっては通気性にこだわったデザインのUVカットマスクも多数あります。

紫外線量の多い5月から9月の時期は暑く、湿気の多い梅雨もはさみますよね。

マスクが蒸れにくく、快適に使用出来るのがUVカットマスクの必須条件ともいえます。

顎のあたりにスペースを開けて、通気性を良くする工夫をしたデザインなどもあります。

中には、マスクの中のフィルターを入れ替えることによって、「花粉対策」「ウイルス対策」と目的別に使えるUVカットマスクもあります。

美肌と健康の大敵、紫外線と乾燥から手軽に顔の肌を守ってくれるのがUVカットマスクというわけです。

 

スポンサードリンク

 

紫外線をカットするUVカットマスクの選び方

さまざまなデザインや種類があるUVカットマスク。

ドラッグストアで見ても、通販サイトで見ても、あまりの種類の多さにどれを選んで良いのかわからなくなって来るかと思います。

UVカットマスクを選ぶ時のポイントをお伝えしますね。

〈UVカットマスクを選ぶ時のポイント〉

■ UVカット効果をチェック

まず、真っ先に押さえておきたいのが「紫外線遮蔽率」です。

UVカットマスクの目的である、紫外線対策の効果がどの程度あるかを確認することが第一です。

パッケージやサイトの表示に、「紫外線遮蔽率98%」とか「UV400」
などと記載があるので、チェックしてください。

紫外線遮蔽率は高ければ高い程効果的です。

 

■ コストパフォーマンスはどうか

経済面も大事ですよね。

一方、労力も大事です。
使い捨てと洗って使うタイプのどちらを選ぶか。

使い回しが出来る方が経済的でも、洗って使うのがストレスになる場合もあります。

また、お財布や労力の他に、どれくらい衛生面を気にするかによっても違ってくるところです。

シーズンだけとか、その期間だけ、その日だけ、とショートスパンの使用目的であれば、使い捨ての方がコスパ的には良いといえます。

洗う面倒もありません。

一年を通して使うというロングスパンになると、洗って繰り返し使えるタイプの方がコストパフォーマンスは高くなります

コストパフォーマンスをどう感じるかには個人差があります。

使う状況や使い方にもよるので、自分に合った使用状況を想定して選んでみると良いですね。

 

■ 機能性

シンプルに紫外線対策としてのみ使うのであれば、紫外線遮蔽率だけ気にすればOK。

花粉対策やウイルス対策としても使いたいというのであれば、フィルターの交換が出来る機能性の高いUVカットマスクを選んだ方が良いでしょう。

マスクに使う生地自体がひんやり感を出すものも最近人気です。

 

■ デザイン

UVカットマスクには白以外にも様々な色や柄のマスクもあります。

 
「普通のマスクに見られたい」

 
「どうせマスクをするなら可愛い方がいい」

 
デザインは好みなので、使用シーンを想定して選ぶと良いですね。

 

■ 装着感・つけ心地

マスクを付けたことがあればわかると思いますが、装着感ってとても気になるところです。

こればかりは、購入してからでなければわかりませんし、フイットする方が好きな人もいれば、緩めが好きな人もいて千差万別。

購入前に、以下の二点はチェックできるので押さえておきましょう。

・直接肌に触れる素材は何か?

・耳ひもの素材は何か

 

おすすめの紫外線対策UVカットマスク

紫外線を防ぐためには、紫外線を遮断する専用のマスクをするのが確実です。

一口にUVカットマスクと言っても、多くのメーカーから実にバラエティー豊かな商品が販売されています。

たくさんの種類があるUVカットマスクの中から、評判の良いおすすめのUVカットマスクを紹介しますね。

〈UVカットマスクで繰り返し洗えるもの〉

■ 紫外線遮蔽率97%

立体構造で、紫外線遮蔽率97%と高い紫外線対策効果を持つマスクです。

2枚入り繰返し使え肌にやさしい新UVカットマスクワイド・オフホワイト 耳が痛くならないフラットテープ使用

 
■ 接触冷感機能

ひんやり感じる接触冷感機能など多機能素材を使ったもの。

UVカット マスク フラットタイプ uvマスク 紫外線対策グッズとして♪ 散歩やランニング、スポーツやアウトドアにも大活躍 安心の日本製。大きめ UV フェイスカバー 日焼け防止 日よけ 母の日【NF8779】

〈UVカットマスクで使い捨てができるもの〉

■一枚100円程度

立体2層構造で、通気性の高い不織布を使用。

フィッティ UVカットマスク SPF30 PA++ ふつうサイズ 3枚入[フィッティ(Fitty) マスク]

 

まとめ

UVカットマスクを選ぶ時は、

 
■ UVカット効果

■ コストパフォーマンス

■ 機能性

■ デザイン

■ 装着感・つけ心地

 

この5つのポイントをチェックしてくださいね。

肌の老化を防ぐためにも、しっかり紫外線対策をしていきましょう。

スポンサードリンク