父の日プレゼント義父にはどうする?予算で決める超おすすめギフト

父の日プレゼント義父にはどうする?お義父さんの好みがわからないとアレコレ迷うなら必見、予算で決める贈り物のコツ教えます。母の日ギフトとの金額差、父親からのアンケート結果からわかるおすすめのものなど、義理の父に喜んでもらえる贈り物はコレです!

スポンサードリンク
  

 

父の日プレゼント義父にはどうする?

6月の第3日曜日は父の日。

義理のお父さんがいる場合、父の日が近づいてくるとプレゼントに何をあげるか毎年頭を悩ませちゃいますよね。

自分の父親にでさえ父の日のプレゼント選びには子供の頃から色々と悩んできたわけで、それが義父ともなると。。。

ただねー、結婚して家族になったとは言え、相手はあくまで義理の父。

お義父さんの好みを把握するのは難しいし、直接聞くほど親しい距離でもないってのがフツーです。

また、義母には贈るものをいろいろ思いついても、義父にはまったく思いつかない人は結構いますよ。

というのは夫のお父さんですから、それなりの世代です。
年配の男性の場合、定年してリタイア生活ならネクタイは必要なし。

お義父さんがお酒を飲まないなら人気プレゼントの酒類も出番なし。

だからといって甘党かといえばそんなこともないってことだとスイーツ類もNG。

たよりの夫も、

「親父の趣味嗜好なんてよくわからないなぁ、あげなくてもいいよ」

「父の日?なんでもいいよ」

と、全く協力的じゃない場合だってあります。
そうなると、

「じゃあ、どうしたらいいの?!」

と頭を抱えてしまいますよね。

でも母の日にプレゼントを義母にあげているのなら、父の日に義父にあげないわけにはいきません。

自分の父親はスルーできても、嫁の立場上そうはいかないのです。

嫁としてのあなたの株を上げるためにも、父の日にはお義父さんにも必ずプレゼントを用意しましょう。

 

義理の父親に贈る父の日プレゼントは予算で決める

お義父さんに喜んでもらえるプレゼントをアレコレ考えても、趣味嗜好、その時どきの環境を考えるとキリがなくて、選ぶのも大変ですよね。

そんな時はまず、予算を決めてしまいます。

 

〈父の日プレゼント義理父の予算を決めるコツ〉

コツは母の日に義母に贈った予算と同額、もしくはちょっと上乗せする程度の金額にすること。

同額にするのは平等感のためですが、個人的には義父のほうを5~6割増しにするのがおすすめです。

例えば、母の日のプレゼントが5000円なら、父の日は7000円くらい。
ちょっとだけ、父の日のプレゼントの方を高くします。

男の人はそのあたりこだわる人もいるので、義父にとっては、自分の方が義母よりも高い物を贈られた、という満足感があります。

義母の方には、

「ぜひご一緒に食べて頂きたくて選んでみました」

「お二人で楽しんでいただきたくて」

などと言っておくと、義両親どちらにも受けが良くなりますよ。

 

〈父の日プレゼントの相場〉

一般的に父の日プレゼントの相場は、大体2000円から5000円程度の範囲です。

毎年のイベントですし、その範囲で無理のない金額を設定しましょう。

義両親のお誕生日のお祝い、父の日・母の日となると年4回。
最近はクリスマス・プレゼントを贈る人も居ます。

くれぐれも出来る範囲の予算で組みましょう。

 

父の日プレゼントおすすめギフト義父にはコレ!

あなたのお義父さんの好きな物や欲しい物が分かっている時にはノープロブレムですが、先ず、そんな事はありません(笑)。

おまけにお義父さんが、趣味もない・お酒もタバコもやらない、となるとプレゼント選びはほぼお手上げになりそうに。。。

大丈夫、安心してください。

世の父親にアンケートをしてこんなものが喜ばれるといった調査結果があるので参考にしてみてくださいね。

父の日のプレゼント人気ランキングお父さんの欲しいものアンケート

以下、アンケートからの抜粋です。

 

〈贈られる側に聞いた父の日のプレゼント〉

父の日のプレゼントは何が欲しいですか?

 
■ 1位:食事・グルメ

 
■ 2位:手紙・メール・家族が描いた絵

 
■ 3位:酒類

スポンサードリンク

 
■ 4位:衣類

 
■ 5位:現金・金券

 

今までもらったもので最も嬉しかったプレゼントは何ですか?

 
■ 1位:手紙・メール・家族が描いた絵

■ 2位:食事・グルメ

■ 3位:現金・金券

■ 4位:衣類

■ 5位:酒類

 

食事やグルメギフトの人気は高くてどちらも上位ですね。

お義父さんの好きなお酒や食べ物がよく分かっている場合には、こだわりの銘柄や、いつも買うものより少し高級なものを選ぶのがポイント。

お義父さんがお年を召している場合は、あまりたくさん召し上がらないこともあります。
量も考えるポイントの1つになります。

 
手紙やメール等の、直接的に感謝の気持ちが伝わってくるものも喜ばれています。

手紙やメールを大げさに感じるなら、プレゼントにちょっとしたメッセージカードを添えるといいと思います。

 
現金や金券は通年安定した人気です。

近頃はスパ券(日帰り温泉など)などのペア券を贈ってご夫婦で楽しんでもらうのも人気のようですよ。
このような体験型の場合はお義母さんも喜んでもらえますね。

 
衣類、ここは個人の好みがはっきりしますので洋服などは避けるのをおすすめします。

友人が義実家に泊まりに行った時に、数年前に自分が父の日に贈ったパジャマが包装箱ごと押し入れに有ったのを見つけたという話を聞いたことがあります。

靴下やハンカチなど、主張のあまり強くない小物にしておくと折に触れて
使ってもらえるので無難です。

 

〈父の日に義父に贈るプレゼントはコレ!〉

父の日に贈るプレゼントは定番を決めてしまうと毎年困ることがなくなります。

たとえば、お酒を飲む義父ならお酒と決めてしまいます。
各地の美味しい地酒を、お取り寄せしてお届けすると毎年頭を悩ませません。

毎年、違うものが届くとお義父さんも「今年はなにかな?」と楽しみにしてくれます。

 
私の場合は、以前はビールを贈っていたのですが、ここ数年は鰻を贈って
います。

義父がビールの糖分を気にするようになり晩酌は焼酎がメインになったのですが、義母は焼酎を飲みません。

なので双方が好物の鰻に切り替えたところ、ビールの時よりもとても評判がいいのです。

最近の鰻は冷凍技術が進み味も良く、予め調理されているのでお年寄りでも簡単に食卓に並べることができます。
 

 

個人的には義父への父の日プレゼントは「食事・グルメ」をおすすめします。

全国には、名産品が沢山あるので、これを定番のプレゼントと決めると、次の年から、何にしようと頭を悩ますこともなくなるからです。

私の場合、結婚当初から父の日には義実家に食べ物を贈っています。
義父からも、

「去年の○○美味しかったから、また食べたいな」

と言われたり、お誕生日にも同じ物をリクエストされたりします。
食べ物は話も弾みますし、なんといっても、義母も一緒に味わってもらえて喜んでくれるので嬉しいです。

 

まとめ

父の日はお父さんに感謝を伝える日。

直接会えない場合は、父の日当日に、お義父さんに電話でメッセージを伝えてみるのも良いと思います。

プレゼントのことは杓子定規に「つまらない物ですが」なんて言わないで、

「評判の美味しい物なので、ぜひお義父さんとお義母さんに召し上がっていただきたくて」

「近頃人気の○○なので、ぜひお義父さんにもと思いまして」

などと付け加えるときっと喜んでもらえますよ。

スポンサードリンク