クリスマスプレゼント彼氏へ予算いくら大学生社会人20代30代

彼氏へクリスマスプレゼント、みんな予算はどのくらい?彼氏が大学生・社会人20代30代の場合、あなたの予算は多い?少ない?年齢別クリスマスプレゼント相場と金額差の具体例をご紹介。彼女から彼氏へのクリスマスプレゼントの平均予算と具体例を解説します。

スポンサードリンク
  

クリスマスプレゼントを彼氏へ贈る予算は

クリスマスシーズン到来。
街はイルミネーションで色づきクリスマスソングがアチコチから流れてきます。

今更ですが、「クリスマス」とは、キリスト教の開祖であるイエス・キリストの生誕記念日(12月25日)のことで、「クリスマス・イヴ」とは、その生誕記念日の前夜祭(12月24日)のことです。

ここで彼氏に贈るクリスマスプレゼントの予算枠に悩んでいるあなたに、クリスマスのプレゼント交換の背景をサラッと知ってもらえたら、と思います。

日本のキリスト教徒は全人口の1パーセントといわれていますが、日本のある小学校で、クリスマスにお祝いをしている家庭の割合を調べたところ、その割合は実に全体の70%
にも及んだそうです。

割合的にいうと、キリスト教徒は日本には100人に1人しかいないにもかかわらず、7割の家庭でクリスマスの行事に参加したり関わったりしているということです。

なので多くの日本人にとっては、「クリスマス」や「クリスマス・イヴ」とは、家族もしくは親しい友達同士でパーティーを開く日、プレゼントを交換する日、あるいは恋人同士で過ごす日、などといった認識になっているわけです。

こうして年に一度のクリスマスは、カップルにとっては “プレゼントを渡す” というより、“プレゼントの交換” になる場合が多くなってきたのですね。

クリスマスプレゼントを選ぶ時、まず予算から考えるという方も多いでしょう。
あまり安価でもなんだし、高価でも相手に気を使わせてしまうかも、と考えると一概に予算から決めるのもなかなか難しいところです。

それでもまずは予算を決めなければ、プレゼントも目移りするばかり。
お財布事情も考えるとクリスマスプレゼントは予算から決めるのが王道です。
 

〈社会人彼氏の本音〉

今どきの彼氏・彼女はデートにお金をかけない傾向が強い、などといわれていますが、恋人への贈り物はどうなっているのでしょうか?

以前、彼女がいる20代・30代の男性30人に、

「彼女からもらうプレゼントはいくらぐらいがベストか?」

とアンケートをとったことがありました。

男性は女性より遥かにロマンティストなので(笑)、

「彼氏(自分)に渡すプレゼントに金額は関係ない」

とか、

「高価なものより、自分のこと考えて選んでくれたんだなー、ってモノをもらう方が断然嬉しい」

などと言って、金額は0円から20000円までと幅がありすぎでした。
0円というのは手作りも含まれていました。
20000円の男性(30代)は彼女とのプレゼントのやりとりに、いつのまにかこの金額が暗黙ルールになっているからとのこと。
実際のところは、

「あまり高いものをもらっても困る」

という意見が大方。

ですが、「プレゼントをもらいたくない」という男性は0でした。
プレゼントをもらって嬉しくない男性はいない、と考えていいと思います。

 
〈調査から見るクリスマスプレゼント予算の目安〉

全国の20~69歳の男女を対象にした株式会社マクロミルの調査では、プレゼント代を含むクリスマスの合計予算の平均金額は8,783円(2015調査:有効回答数2000人)。

これは前年より1,853円のマイナスで、2年連続で減少しています。

 
また、
2014年12月に日本生命が行ったインターネットアンケート(回答者数:5255名)によると、

家族(小学生を除く)・恋人へのプレゼントの予算は

・全体では「5001円~10000円」(29.0%)が最も多く、「3001~5000円」(25.9%)が続く。

・年代別に見ても、どの年代もほぼ同様の傾向が見られた。

とあります。

このことからも、今どき彼女が彼氏に贈るクリスマスプレゼントの価格帯は、1万円以内というのが相場だと考えてよいでしょう。

クリスマスプレゼントの予算彼氏が大学生

〈あなたも彼氏も学生〉

お互いが学生の場合、彼氏へのプレゼントの予算は、

・5千円~1万円

が相場。

・男性から女性へ贈る場合:平均12000円。
・女性から男性へ贈る場合:平均5000円。

というデータがありましたが、男性と女性の場合で大きな開きがありますね。
女性の場合、手作りのものを添えることが多いため予算が低めになっている傾向もあるようです。

5千円~1万円という相場は、学生なら2~3日バイトを頑張る、もしくはショッピングを1回我慢すれば準備出来るくらいの金額です。

スポンサードリンク

 
〈あなたが社会人、彼氏が学生〉

価格帯は前述したように10000円以内が相場です。

あなたが社会人で安定した収入がある場合、

「折角のクリスマスだし、奮発しちゃおうかな」

と思うことがあるかもしれません。
でもちょっと待って。
身近でこんなことがありました。

 
〈お金で気まずくなった具体例〉

友人が年下の彼と付き合っていたときのこと。

来年から社会人になる彼に彼女は、有名ブランドの名刺入れをプレゼント。
思っていたより喜ぶ彼の様子に彼女も大満足。

だったのですが、彼からのプレゼントは前日まで彼が友人たちと行っていたスキー産『笹団子』、、、でした。

あ、笹団子知らないですか?
これが笹団子です。

このように、自分が奮発してしまっただけに、お互いが気まずい思いをすることもあります。
良かれと思って選んだプレゼントに大幅な差額が出るのは避けたいところですよね。

ある程度付き合っているカップルや、何でも言い合える相手なら、

「プレゼント交換は5000円までにしない?」

といったように、決めた範囲内でプレゼント交換するのをお勧めします。

クリスマスプレゼントの予算彼氏が社会人20代30代

〈あなたが学生、彼氏が社会人〉

あなたが学生で彼氏が社会人の場合は、自分自身や周りのケースを見ても、

■一緒に選ぶ。

というケースが結構ありました。

男性の方が安定した収入があるため女性も甘えやすいせいでしょうか、2人で出掛けてその場で選ぶというパターンです。

 
〈あなたが社会人、彼氏は社会人20代30代〉

あなたも彼氏も社会人という場合、彼氏へのプレゼントの予算は、

・1万円~3万円

が相場といったところ。
収入によるところもあると思いますが、10000円までが目安で充分だと思います。

 
〈クリスマスのプレゼント交換はしない〉

今どきは一昔前とはちがい、お互いの給料事情もなんとなくわかっています。
また、学生の頃とは違って、クリスマスだからといってお互いの仕事をオフにできるわけでもありません。

■プレゼント交換は特にナシ。その代わり、普段より少しだけ豪華な食事をする。

というカップルも多いです。

社会人になると中には結婚前提で貯金を始めているカップルもいます。
その場合はクリスマスケーキのみにしてクリスマスプレゼントの交換をしなかったり、予め手頃な予算設定にする、など工夫して、ムリのないクリスマスを楽しむ方も多いですよ。

 
値段を気にせず、彼氏にはいっそ欲しいものをあげるというパターンもあります。

■欲しがってるものをプレゼントする。

男性って自分が欲しいと思ったら、手に入れるまで諦めることが出来ない傾向にあります。
なので、値段にかかわらず、彼氏が欲しいというものを買ってあげると喜んでくれます。
値段にかかわらず、ってのがミソですが。。。

もしそれが予算より安価なものだった場合。
プラスアルファで彼氏の好物を添えるとかサプライズ的な演出をして彼氏を喜ばせる工夫をしてみるのもいいと思います。

 
※〈クリスマスプレゼントの予算で気をつけること〉

あなたも彼氏も経済力がついてくると、ディナー代やホテル代なども張り込むことができるようになってきます。
一方、30代前後から男女ともに結婚適齢期に入りますね。
この世代、カップルによってはクリスマスプレゼント節約派から奮発派まで多種多様になっています。

 
■高価すぎても引かれる。

基本的に男性は高級なプレゼントを望んではいません。
逆に、高価過ぎるプレゼントを渡すことで

「重い・・・」

「引く・・・」

といった逆効果を与えることにもなりかねません。

社会に出て働き収入もある彼氏にとっては数万円の高級プレゼントよりも、あなたの心がこもった手作りキッドやお料理の方が喜ばれることもあります。

 
さて。
いざクリスマスが終わり、クリスマスプレゼントを振り返った時。
最終的に金額の差が気になった、という話はホント、よく聞きます。

一つ言えるのは、あなたにしろ彼氏にしろ、あんまり気合を入れてしまうと翌年のハードルが上がってしまうということ。

大切なのは気持ちです。
相手を喜ばせたい気持ちを大事にしてくださいね。

まとめ

お誕生日のプレゼントやバレンタインとは違って、お互いに贈り合うことが多いのがクリスマスプレゼント。
予算の相場を知ることが出来れば、プレゼント選びにも自信がつきます。
大切な人に喜んでもらえるよう、お互いに負担にならないプレゼントで素敵なクリスマスを過ごせるといいですね。

スポンサードリンク