ホワイトデーお返しにあげるものの意味は気にするべき?おすすめは?

ホワイトデーお返しにあげるものの意味は気にするべき?おすすめは?

ホワイトデーのお返しのお菓子には意味がある?

あげるものの意味は考えるべき?

おすすめのお返しは?

その疑問、解消します!

マシュマロがNGって本当?

代表的なお菓子やお返しに付けられた意味、

情報に惑わされない考え方も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

ホワイトデーのお返しには意味があるの?

3月14日はホワイトデー

バレンタインデーにもらったチョコレート、本命だろうが義理だろうが、ホワイトデーにお返しをするのがマナーとして定着しています。

男の人も大変ですよね(笑)。

お返しは何がいいのだろうかとネットなどで検索すると、

ホワイトデーのお返しには意味がある

なんて記事を見かけて、ますます何を選んだら良いのか、混乱してしまうのではないでしょうか。

ホワイトデーに意味づけされているお菓子にはこんなものがあります。

  • クッキー:「友達のままで」、「あなたは友達」
  • マシュマロ:「あなたが嫌い」、「お付き合いできません」
  • キャンディー・飴:「あなたが好き」、「交際して下さい」
  • マカロン:「あなたは特別な人」
  • キャラメル:「一緒にいると安心する」
  • グミ:「嫌い」(マシュマロとほぼ同じ意味)
  • ケーキ・チョコレート・ラスク :特別な意味はない
  • バームクーヘン:「長寿繁栄」

参考までに、ホワイトデーに使われる代表的なお返しとその意味を、ひとつずつご紹介していきますね。

1. クッキー

クッキーはお菓子の中ではさほど甘くもなく、いろいろな種類があることから、

「いろんな人の中の一人で居てください」

という意味があるとか、クッキーは割れたりサクッとする乾いた感じから、

「あなたは友達です」

という意味になると。

出元はわかっていません。

2. マシュマロ

マシュマロの、

「あなたが嫌いです」

の意味は、どうかと思うほど残酷です。

せっかくチョコレートをくれた相手に対して、お返しの品物で意思表示をするって、意地悪すぎです(笑)。

マシュマロ業者にとってもたまらない噂でしょうが、意味付けとしては、

「マシュマロがすぐに溶けるから」

「単価が安いから」

といったものになっています。

3. キャンディー・飴

キャンディーはホワイトデーの本命向けとして紹介されている代表格です。

「あなたが好きです」

甘さを長く楽しめるキャンディーの特徴から来ているようです。

4. マカロン

マカロンが他のお菓子より高級なので、

「あなたは特別な人」

という意味づけがされています。

マカロンを扱ってる業者は嬉しいでしょうね。

確かにマカロンはキャンディーなどの贈り物よりも比較的に値段が高くて、オシャレなイメージがあります。

5. キャラメル

キャラメルの、

「一緒にいると安心する」

は、そう言われてみるとそんな気もしなくないのは、わたしがキャラメル好きだからなのかと考えましたが、キャラメルって、登山する人や防災グッズでもお勧めの一品。

簡単に栄養補給できるキャラメルは、確かにあると安心です。

キャラメルの優しい甘さに安心感を覚えるという説もありました。

6. グミ

グミの、

「嫌い」

っていうのも、ストレートすぎでいかがなものかと思いますが、マシュマロ同様、口に入れるとすぐになくなってしまうことから由来すると。

でも、グミが好きな人って、意外に多いです。

わたしの周りは男女問わずグミ好きが多いですが、プレゼントにふさわしいようなおしゃれなパッケージのグミはあまり見たことないですね。

7. バームクーヘン

バームクーヘンの「長寿繁栄」には思わず笑っちゃいました。

年輪を表すからなんでしょうが、意味としては、シニア層にはウケるのかもです。

わたし自身は、バームクーヘンが大好物なので、「長寿繁栄」でも「友達」でも「本命」でも「嫌い」でも、何でもいいから、バームクーヘンをもらえると喜びます。

バームクーヘンの何層にも重なる生地が、

「幸せが長く続きますように」

という意味合いがある、というのも見かけます。

8. ハンカチ

ハンカチをホワイトデーに贈ると、『別れ』を意味するという説があります。

ハンカチが『涙をふくもの』ということからのようです。

お菓子などの消え物と違って、ハンカチは残るもの。

意味はともかく、自分の趣味に合うハンカチをもらうのは嬉しいですが、そうでない場合はちょっとした困りものになってしまいます。

スポンサードリンク

ホワイトデーにあげるものの意味は考えるべき?

クッキーは『友達』とか、マシュマロは『嫌い』とか、ホワイトデーに贈るものにはいろんな情報がありますが、実のところ、どれをとっても何の根拠もありません

そもそも、もらう側の女性が知らないことの方が多い事案です(笑)。

ホワイトデーにもらうものの意味を知っていたとしても、殆どの女性は気にも留めません。

「あ、マシュマロだ、嫌われてるんだ(泣)」

っていうのは、仮にあるとしたら小学生レベルの話。

というか、嫌いな相手に嫌いだと伝えるために贈り物をするって、人としてどうなの?って話です。

バレンタインデーと同じく、ホワイトデーもお菓子業界の戦略です。

たとえば、ホワイトデーの起源を自認している『石村萬盛堂(いしむらまんせいどう)』という会社があります。

石村萬盛堂は、ホワイトデーの起源は同社が昭和52年に始めた「マシュマロデー」だとホームページにのせています。

「バレンタインにもらったチョコレートを、僕のやさしさ(マシュマロ)で包んでお返しするよ」

という意味を込めて、3月14日を「マシュマロデー」と定めました。

数年後にはマシュマロの白(ホワイト)をもとに名称を「ホワイトデー」に変更。

業界を越えてイベントが広がり、現在に至ったというのが同社の主張です。

石村萬盛堂は、

マシュマロ=「あなたが嫌いです」

に反論するため、新聞広告にホワイトデーのストーリーを載せたりしています。

マシュマロに限らず、キャンディーなどのお菓子も、それぞれ自社製品をプッシュするキャッチフレーズが情報の源だったりするので、ホワイトデーのお返しの意味付けを気にする必要はありません

バレンタインデーのチョコレート然り、節分の恵方巻き然り、元をたどると、どこかの誰かが言い始めたストーリーや販売の仕掛けに行き当たったりするものです。

気持ちをこめたお返しなら、どんなものでも喜んでもらえますよ。

ホワイトデーにおすすめのお返しは?

どんなものでも喜んでもらえると言われても、さっぱり見当がつかないこともあるかと思います^^

前述のお菓子の意味を知ってしまうと、あなたがやっぱり気にしてしまうとか、もし相手が気にしたらどうしよう、などアレコレ考えてしまうかもしれませんね。

単刀直入に言うと、ホワイトデーのお返しにするお菓子で最も無難なのは、クッキーです。

クッキーをおすすめする理由

ホワイトデーにお返しするお菓子に悩んでいるのであれば、まずはクッキーをおすすめします。

ホワイトデーのお菓子の意味付けは気にする必要はないと言いましたが、クッキーなら「あなたは友達」。

義理チョコなら、こちらも承知という意味で使えますね。

他にもクッキーの利点としては、

  • 常温で日持ちする
  • 好き嫌いが少ない
  • コンパクトで贈りやすい
  • 値段を選べる

などがあります。

こちらは、ホロッとした食感が独特で大人気のクッキー。

【ホワイトデー 2018】がらんの小石クッキー 16粒(個包装)アラカルト 詰め合わせ サクサク ほろほろ ひと口サイズ♪ ギフト クッキー お取り寄せ プチギフト イベントの景品等 お配り用 内祝い 義理チョコ 会社 職場 お返し 小分け【あす楽】

 
ちなみにホワイトデーの3月14日はパイの日とも言われています。

3/14=3.14=π

ということで3月14日がパイの日。

オヤジ的なこじつけですが、だじゃれにかこつけてホワイトデーにパイを贈るのも悪くないかもですね^^

これは老舗の定番、不動の人気のフレンチパイです。

≪洋菓子・スイーツ≫コロンバン 銀座フレンチパイ 20枚入 (引菓子/ギフト/ギフトセット/引き出物/引出物/結婚内祝い/結婚式/出産内祝い/快気祝い/内祝い/お返し/ごあいさつ/香典返し【楽ギフ_ )

ホワイトデーお返しにあげるものの意味は気にするべき?おすすめは?まとめ

ホワイトデーのお返しには色々な意味付けがされていますが、そのどれもに根拠があるものではありません。

お返しのお菓子としてはクッキーが無難です。

人間関係を円滑にするツールとしても、ホワイトデーのお返しは欠かせないものになってきました。

バレンタインデー同様、『お菓子業界の販促』といった意味合いのホワイトデーですが、これだけ一般化したのは、「贈り物をされたらお返しをする」という日本人の感覚に合っていたイベントだからですね。

お菓子選びはあまり気負わなくて大丈夫。

ホワイトデーのプレゼントを渡す時に、

「いつもありがとう」

と一言添えるだけで、もらう方はとっても嬉しくなるものです。

スポンサードリンク