入学式にふさわしい父親の服装は?礼服はNG?スーツやネクタイの選び方

入学式にふさわしい父親の服装は?礼服はNG?スーツやネクタイの選び方

入学式で父親にふさわしい服装は?

礼服を着るのはNG?

着るべきスーツとは?

シャツやネクタイ、小物は?

その疑問、解消します!

どんなスーツがベストなのか、

実際の入学式での様子、

シャツやネクタイなど小物選びのポイントも含め、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

入学式で父親にふさわしい服装とは?

お子さんのご入学、おめでとうございます!

待ちに待った入学式、子どもの晴れ姿をひと目見ようと張り切っているお父さん、ビデオやカメラの準備にに余念がないお父さんも多いですよね。

ところで、お父さんの服装、大丈夫ですか?

子どもにとっては一生に一度の入学式です。

保護者としては、服装のマナーをわきまえ、晴れがましい気持ちで参列したいもの。

間違った服装選びで悪目立ちしてしまうと、子どもが恥ずかしい思いをするのはもちろん、参列者にも不快なイメージを与えてしまいかねません。

入学式はスーツ?

入学式の父親の服装はスーツを着ていくのが正解です。

休みだからとか、カメラを回すから、式のあとは仕事だから、などといった理由でカジュアルな服装を考えていたら、周囲から浮きまくってしまいます。

入学式は、お母さんたちも子どもの晴れの式をお祝いするために、気を遣った服装で参列しています。

周りから浮かないようにするなら、ビジネススーツをおすすめします。

ブレザースーツは?

ブレザースーツも礼服ですが、どうしてもブレザーにこだわりがある場合を除いては、ビジネススーツにする方が無難です。

金属製のボタンやエンブレムなどは、保護者の中で目立ってしまうので、浮いてしまう可能性があります。

ブレザーにチノパンなどは論外、カジュアルすぎて入学式にはふさわしくありません。

入学式はあくまで式典なので、参列する側としても、きちんと感を出すのがマナーです。

入学式に父親が礼服を着るのはNG?

礼服は正装なので、入学式に着ていくのは問題ありません。

ですが、実際のところあまり見かけることはないですね。

ドレスコードでいうと、入学式は式典なので、正式な服装は「略礼装」から「準礼装」となります。

略礼装は略式礼装が変化した言葉で、正式の礼装に対して、簡略にした礼装のことです。

一般的に男性の礼装は、濃い黒色をしており「ブラックスーツ」と呼ばれています。

礼服用のブラックスーツの黒い色は、ビジネススーツの黒い色とは、色合いが異なります。

『礼服+白ネクタイ』を着用するのは、基本的には学校側や来賓です。

なので、礼服を着ている父親は挨拶をする保護者代表とか、PTAの会長といったイメージになってしまいます。

学校側から、『黒のフォーマル』といった指定をしてこない限りは、一般の保護者で礼服を着ているケースは稀です。

礼服(ブラックフォーマル)がNGということはないですが、ちょっとおしゃれなビジネススーツあたりが無難です。

礼服しかない場合は、ネクタイを明るめの色にしたり、胸にポケットチーフ入れるなど、華やかになる工夫をすると良いですね。

和装はNG?

母親が着物を着るからといって、父親も着物で参列する人が稀にいますが、父親の和装は超目立ってしまいます。

夫婦で格を合わせているつもりかもしれませんが、よほど着物でなければならない理由がない限り、確実に浮くので控えるのが無難です。

入学式の主役は子どもです。

着物はフォーマルとはいえ、保護者として参列するのですから、自分が目立つのは避けるべきですね。

スポンサードリンク

父親が入学式に着るべきスーツとは?

入学式に着るスーツ選びの基本は『目立たないこと』。

入学式の主役は子どもであり、保護者である父親の役割は我が子や子どもたちを見守ることです。

夫婦で出席する場合は、夫婦間の品格を揃えることも重要です。

母親がド派手にしていて父親がくたびれたスーツを着ているなど、父親の格が母親よりも下がり過ぎると、残念なカップルになってしまいます。

何を着ていくか迷ったら、

主役:子ども母親父親

の順番に服装を決めるとしっくり、スムーズに決められます。

子どもや母親の服装に見合ったもの、さり気なく子どもを立てることを考えると、おのずとイメージがわいてくるかもです。

スーツの色は?

スーツの色はフォーマルな場所に合う、黒や紺、グレーがおすすめです。

具体的には、チャコールグレーダークネイビーといった落ち着きのある色です。

間違いないのは、紺色、中でもダーク系のネイビーです。

ダークネイビーであれば、母親が着物でも洋服でも服装を選びませんし、ビジネスでも着回しがききます。

これから買い求めるのであれば、ダーク系のネイビーが鉄板です。

春という季節柄、薄いグレーでもありですが、薄いグレーは結構目立ち、母親の服装のカラーを選びがちです。

■ 黒色のスーツはダメ?

黒の場合は、ストライプが入ったものなどがおすすめです。

単色の黒色スーツの場合、ひとつ間違うと礼服に見えてしまうので、先生方や来賓と差別化する意味でも、ネクタイやポケットチーフの色で工夫するといいですね。

スーツの形は?

年代問わず、シングルが主流です。

シングルとダブルは好みがありますが、若いお父さんたちになるほど、細身のシングルを好む傾向にあります。

シングルは椅子に座った時にボタン部分が分かれるので、シルエットがきれいに見えます。

ダブルはお腹周りを隠せることもあって、メタボなお父さんやある程度年配の方が好むようですね。

ワイシャツの色は?

ワイシャツの色は、白でも構いませんが、少しこなれ感を出すなら、春らしいパステルカラーが薄く入ったシャツやストライプなどを選ぶのもおむすめです。

スーツがダーク系のネイビーの場合は、真っ白なワイシャツはリクルートっぽくなってしまいがちです。

白の場合は、ストライプなど、少し柄入りのYシャツを選ぶとオシャレ感がUPします。

清潔感があるブルーなども多く見かけます。

ワイシャツは色も柄も、濃い色は入学式には相応しくなく、目立ってしまう可能性もあるので避けましょう。

ネクタイの色や柄は?

ネクタイに決まりごとはありませんが、シックで派手すぎないものがベターです。

入学式はお祝いなので、春らしい暖色系のネクタイもいいですね。

迷ったら、青や紺色のものにすれば間違いありません。

ベーシックな落ち着いたネイビーなら、入学式にもビジネスにも対応できますね。

ミチコロンドン ネクタイ ブランド シルク 新柄入荷!! 2本購入で送料無料メール便(ポストインのみ)【代引き不可】購入後送料修正致します! 新柄入荷MICHIKO LONDON Necktie MICHIKO-SET-【I】【日本製】
 

ネクタイは渋めのワインレッドや薄めのピンクも、主張しすぎないので合わせやすいですよ。

ボーダーやストライプ、ドットなど柄が入っていてもOKですが、右上がりのストライプのネクタイは『レジメンタルストライプ』といって、軍隊が発祥なので、お祝い事には避けたほうが無難です。

ポケットチーフは?

入学式は何かと出費の多い時期です。

自分の服装にお金をかけられない場合など、手持ちのスーツを普段よりおしゃれに見せてくれるのがポケットチーフです。

ポケットチーフはジャケットの胸ポケットに挿す装飾用の布。

毎日の通勤にポケットチーフを挿す人はまだまだ少ないですよね。

ポケットチーフならスーツを新調するよりも、ずっとリーズナブルに、入学式という式典にふさわしい演出ができます。

ポケットチーフは必須アイテムではありませんが、スーツには挿している方が華やかになり、フォーマル感も引き立たせます。

ポケットチーフ 単品 / シルク / 無地 全17色 / 日本製 / 【メール便 送料無料】 同色の ネクタイ と セット でどうぞ♪ 白・ピンク・赤・パープル・シルバーなどカラー多数 / 結婚式 パーティ に 【楽ギフ_包装】dks P10

 
ポケットチーフは胸元に彩りを与え、スーツ姿をよりおしゃれに演出してくれる便利小物です。

ポケットチーフの色は、ネクタイの色と同系色を選ぶと統一感が出ます。

もし、色に迷ったら、どんなスーツにも合う白が上品です。

靴下は?

スーツは決まっても、見落としがちなのが靴下です。

最近はビジネススーツでも肌を露出する靴下を履く人もいますが、肌が見えるほどカジュアルになるので、フォーマルな式典では肌は見えないようにするのがマナーです。

また、靴下は椅子に座わると見えてしまうもの。

座位のときに、肌が露出する長さの靴下は非常に格好悪いものになってしまうので注意が必要です。

靴下は最低でもくるぶしから15cmあるものを選びましょう。

靴下はスーツと同系色にします。

 

靴下選びのポイント

  • 靴と同系色
  • 無地が基本(同系色のドットやストライプは可)
  • 薄手の生地
  • くるぶしから最低15cm程度あること

 
ビジネススーツの場合は、黒い靴下にすれば間違いありません。

日本製 靴下 メンズ 消臭靴下 蒸れない靴下 セット 綿100% 消臭 防臭 臭わない ビジネス 黒 ソックス ビジネスソックス 蒸れない 足 臭い 涼しい 破れにくい 丈夫な靴下 吸水速乾 薄手 薄い 24cm~27cm 綿100 抗菌防臭 抗菌 敬老の日 ギフト プレゼント 紳士 送料無料

靴はどうする?

靴は革靴です。

あなたが普段、ビジネススーツに合わせる革靴で大丈夫です。

靴の色は黒が一般的です。

気をつけてほしいのは、綺麗な靴であるということ。

どういうわけか、靴というのは綺麗にしていると視線が行きませんが、汚れていると目についてしまうものです。

入学式は、一緒に参列している他の保護者やお母さんたちの目もあります。

いざ、当日の朝になってから慌てないためにも、履いていく革靴は前日のうちに出して、磨いておくといいですね。

 
POINT!
入学式の式場では屋内の上履きを指定されることもあります。
スーツの色に合わせた携帯用のスリッパを用意しておくといいかもです。

メンズ携帯スリッパ ポリエステルニット 二つ折り

入学式にふさわしい父親の服装は?礼服はNG?スーツやネクタイの選び方 まとめ

入学式の主役はあくまでも入学する子どもです。

とはいえ、父親も式典に参加するということになれば、周りの目もありますし、それなりの服装をして参列するのがマナーです。

父親の服装は、正装にすると逆に浮いてしまいます。

なので、カジュアルではない一般的な仕事で着るスーツ、ビジネススーツが無難です。

スーツの色はフォーマルな場所に合う、チャコールグレーやダークネイビーといった落ち着きのある色がおすすめです。

父親の役割は、我が子や子どもたちの晴れ姿を保護者として見守ることなので、『目立たないこと』がスーツ選びのポイントです。

大切な我が子の晴れ姿。

お父さんも、セレモニーにふさわしい服装で参加して、素敵な思い出を残してくださいね。

スポンサードリンク