五月病とはどんな症状?チェックシートでわかるなりやすい人の対処法

五月病とはどんな症状?チェックシートでわかるなりやすい人の対処法

五月病とは?

どんな症状になるの?

なりやすい人っている?

五月病かどうか自分でわかる?

病院に行くべき?

その疑問、解消します!

五月病の主な原因、

心と身体に現れる具体的な症状、

セルフで出来るチェックリスト、

予防と対処法も含めてわかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  
 

五月病とは?

あっという間にゴールデンウイークが終了・・・

連休明け、外の日差しも爽やかで、仕事も順調なのに、なぜか気分が沈んだり、なんだかだるくてやる気が出なかったり、といった不調を感じたら要注意!です。

その不調はもしかしたら『五月病』かもしれません。

五月病とは?

五月病は「病」とついていますが、医学用語ではありません。

病名としては、医学的には存在しないのです。

5月の連休が終わったあと、学校や会社に行きたくない、なんとなく体調が悪い、授業や仕事に集中できない、などの状態を総称して「五月病」と呼ばれています

ゴールデンウィーク明けに起こることが多いので「五月病」という造語で呼ばれていますが、医学的には主に「適応障害」と捉えられます。

適応障害というのは、環境の変化などでストレスが許容範囲を超え、心身に不調をきたしている状態のこと。

ちなみに、適応障害は、特定の季節に起こるものではなく、ストレスとなる原因があれば一年中発症する可能性のある病気です。

日本は4月が新年度なので、新しい環境や新しい人との出会いなどで生活に変化が起きます。

そういった新しいものがばーっと一気にやってくると、人はなんとかそれを受け入れよう、適応しよう、とするのですが、それはとてもストレスになるのです。

そんなこんなが1ヶ月も続いた頃、ゴールデンウイークがやってきて、「連休」というお休み処になります。

連休も、「せっかくの休みだし」とあれこれスケジュールを詰め込む。

ストレスがかかってる心身に気づかずに、またストレスを重ねるようなことをしてしまうんですね。

そうすると、連休が終わったあたりで、プツンと気持ちが切れて無気力になり、今までの精神的疲れがどっと出てくる、といったパターンで五月病になるようです。

五月病はどんな症状?

五月病はストレスによる心身の不調です。

心だけに症状が出る場合、身体だけに症状が出る場合、心身ともに症状が出る場合があります。

心の不調としては、以下のようなものがあります。

  • 気分がすぐれない
  • やる気が起きない
  • 気分が落ち込む
  • 焦りや不安感がある
  • 集中力が低下する
  • 思考力が落ちる

 

身体の不調としては、以下のようなものがあります。

  • 身体がだるい
  • 食欲が無い
  • 不眠
  • 動悸・息切れ
  • 発汗
  • 頭痛
  • 肩こり
  • 腰痛
  • めまい
  • 吐き気
  • 手足が震える

これらの心身の不調は、うつ病と似ていますが、五月病は一過性のものです。

一般的には、環境に慣れることで自然に、2週間程度で症状は回復すると言われています。

スポンサードリンク

五月病になりやすい人っている?

俗にいう『いい人』が、なりやすいタイプと言われています。

自分のわがままを抑えこみ、気持ちを出さずに周りの顔色を見て合わせられるタイプですね。

完璧主義で、他人に任せることが出来ない人も五月病になりやすいとされます。

性格的に几帳面でまじめ、責任感があるといったタイプ、コミュニケーション下手で一人で抱え込むタイプ、すべてをきちんとしようするタイプは、自分の悩みや不安も抱え込んでしまうので五月病になりやすい傾向にあります。
 

五月病になりやすい人

  • 完璧主義で物事にこだわりがちな人
  • 内向的で孤立しやすい人
  • 几帳面で真面目な人
  • 気配りをする人
  • 忍耐力がある人
  • 感情を表に出さない人
  • 物事に全力で取り組む人

五月病の症状をセルフチェック!

なんとなく気持が落ち込む

会社に行きたくない

だるくて布団から出られない

やる気も食欲もない

こんな症状が身体に出てきたら五月病のサインかもしれません。

五月病の主な原因はストレス。

身体が、

ちょっとヤバイかも。気付いて!

といった危険信号のような意味合いで症状を引き起こしていることがあるのです。

五月病のセルフチェック方法として、精神科医の西多昌規医師が考案した10個のチェックリストをご紹介しますね。

※出典:Yahoo!ニュース『あいつ、もうやめるのか?! 5月病の正体』

(1)他人と会う、話すのが億劫で面倒くさい

(2)新しい環境に合わせるのが苦手

(3)過剰適応気味で、周囲に気を使いすぎる、空気を読みすぎる

(4)仕事や勉強についてクヨクヨ悩むことが多い

(5)生活リズムが夜型になってきた

(6)朝早く目覚めるが、ベッドから出るのがつらい

(7)「俺はダメだ・・・」マイナス思考から抜けられない

(8)洗顔や髭剃り、化粧を怠るなど、身だしなみがだらしなくなってきた

(9)通勤中の会社が近づくにつれて、腹痛や動悸など体調不良が出る

(10)食事に関心がなくなり、適当に済ませるようになってきた

 
・3個未満:現在5月病の心配はないようです

・4~6個:ストレスや緊張が強い状況で、軽い抑うつ傾向が見られます。

・7個以上:抑うつ傾向があります。この状態が続く場合は、受診が必要となります。

このチェックリストは病気を確定診断するものではありません。

 
環境や生活の変化に適応するというのは、今までなかったものを受け入れるということ。

なので、それが苦手だったり苦痛になる人は、五月病になりやすい傾向にあるようです。

五月病の対処法は?

もしかして五月病の症状かな?

と感じたら、まずは、基本となる生活習慣を整えましょう。

規則正しい生活、十分な食事と睡眠、適度な運動。

スマホやPCを見すぎないことも大事ですよ。

生活習慣を整えながら、その中で、ストレスの発散&解消も心がけていきます。
 

ストレス発散&解消法

  • 美味しいものを食べる
  • カラオケに行く
  • 心許せる友人と話す
  • おもしろい動画を見て笑う
  • 好きなゲームをする
  • 好きな映画やドラマを観る
  • 本を読む
  • 音楽を聴く
  • 自然にふれる
  • 旅行に行く

 

ストレス発散のコツは、『好きなことをする』ということです。

前述のように五月病は一過性のものですが、症状が辛い時は、ためらわずにお医者さんに診てもらいましょう。

精神科と心療内科には明確な区別はありませんので、どちらの科を受診しても大丈夫です。

五月病とはどんな症状?チェックリストでわかるなりやすい人の対処法 まとめ

環境や生活の変化は、ただでさえ気を使うし、何かとストレスの原因になるものです。

五月病の主な原因はストレスです。

ストレスは自覚がなくても、心と身体に蓄積されていきます。

現代社会でストレスをゼロにすることは不可能ですが、五月病の原因とわかっていれば、自分であらかじめ予防したり、症状が出ても対処することができます。

こまめにストレスの発散を心がけ、適度な気分転換を取り入れることで、ストレスと上手に付き合っていけるといいですね。

◇ 五月病の原因や対策について詳しくはこちら。
五月病の原因はどこにある?うつ病との違いは?治し方と予防的対処法

スポンサードリンク