2019年の干支いのししの亥や己亥とはどんな意味?どういう年になる?

2019年の干支いのししの亥や己亥とはどんな意味?どういう年になる?1

2019年の干支いのししの亥年とはどんな意味?

「猪」ではなく「亥」と書くのはなぜ?

己亥とは何のこと?

その疑問、解消します!

一般的な干支と本来の干支の違い、

亥年と己亥年がどのような年になるのか、

過去の己亥年も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

2019年の干支は亥!

涼しくなったなー、

とほっとしていたらあっという間に10月。

今年も残すところ3ヶ月を切って、そうこうしていると、年賀状を準備する時期も近づいてきます。

2019年の干支は「」。

「亥」は「い」と読みます。

亥年は「いどし」、「いのししどし」とも呼ばれます。

ご存知のとおり、干支は12の動物で表されています。

十二支(じゅうにし)と呼ばれる動物ですね。

「なにどし生まれ?」

と聞かれると、

「いのしし!」

「◯◯どしの年男だよ」

と、ほとんどの人は自分が生まれた年の干支を答えられますが、

そもそもこの干支というのは中国で生まれたものです。

古代中国では、年月や時間、方角を示す役割を、十二支と「十干」(じっかん)という10の要素と組み合わせることで表していました。

十二支:「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」

十干:「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」

 

この十二支と十干を組み合わせて出来た「十干十二支」の60種類が干支と言われています。

十二支だけだと12年で一周しますが、本来の干支という意味でいくと60年で一周となります。

ということは、自分が生まれた年の干支と同じ干支が来るのは60年に一度。

つまり、還暦を迎える年は、自分が生まれた年の干支を再び迎える年になるわけです。

組み合わせについてはややこしいので、ここでは省略しますが、

2019年は十干が己(つちのと)で、十二支が亥(いのしし)。

なので、2019年の亥年は、本来の干支でいえば、

己亥(つちのとい・きがい)年

となります。

ですが、その年の干支は12の動物で呼ばれるのが一般的ですよね。

これはどうしてかというと、

「十干十二支」で60種類もあると、複雑な上に覚えにくいので、覚えやすいように12種類にしてそこに動物を割り当てたからです。

干支でイノシシを「亥」と書くのも、覚えやすくするために「猪(いのしし)」の「い」を当てはめたからだといわれています。

もちろん、『己亥』の「己」にも意味があります。

己亥がどんな年なのかお伝えしますね。

干支の己亥とは?

十干と十二支は組み合わせによって分類され、お互いを強め合ったり弱め合ったりする関係性があります。

十干は、「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」でしたね。

読み方は、

「甲(きのえ)・乙(きのと)・丙(ひのえ)・丁(ひのと)・戊(つちのえ)・己(つちのと)・庚(かのえ)・辛(かのと)・壬(みずのえ)・癸(みずのと)」

です。

十干は、中国の「陰陽五行説」に基づくものです。

五行説というのは、古代中国の思想で、

木・火・土・金・水の五元素(五行)が万物を構成する

と考えるものです。

中国からきた思想に陰陽道というものがあります。

すべては「陰」と「陽」の2つに分けられるというもので、これと五行説が結びついたものが、陰陽五行説と言われています。

十干は、五行(五元素)をそれぞれ兄(え)と弟(と)に分けたものです。

兄は「陽」を、弟は「陰」を意味します。

もともとはこの十干を「えと(兄弟)」といいました。

さて、干支の己亥の「己」の前は「戊」です。

「戊」には「分化繁栄」の意味があることから、「己」には繁栄したものを統制する意味があるとされています。

一方、

十二支は、毎年度における木星の位置を示すために天を12に分けた場合の呼び方で、それぞれに動物の名前を当てたものです。

己亥の「亥」はイノシシがあてられていますが、本来の十二支では、動物ではなく、植物の成長の様子を表すものでした。

十二支は「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」。

十二支のはじまりである「子」は

新しい命が植物の種子の中に生まれた状態

とされています。

それが育っていく過程で、「辰」では植物の状態が出来上がり、「巳」で成長のピークとなります。

ピークを過ぎると植物は徐々に枯れていきます。

最後の「亥」では、

植物の生命の力が種子の中に閉じ込められている状態

となります。

スポンサードリンク

己亥の亥年はどんな年

20019年の干支、己亥はどんな年になるのでしょう。

上述のように、

  • 「己」→ 繁栄したものを統制する意味
  • 「亥」→ 生命が閉じ込められている状態

このことから、己亥の年は、

今現在の状況を維持し、守りの姿勢に徹した方がよい

と言われています。

亥は十二支の中では一番最後に来る『植物の生命の力が種子の中に閉じ込められている状態』ですが、十二支は循環しています。

いずれ果実となる種子の状態が「亥」。

なので、次の干支である「子」の『新しい命が植物の種子の中に生まれた状態』になるために、しっかりエネルギーやパワーを蓄えている年といえます。

こういったことが由来して、亥年には

次のステージに向けた準備期間

といった意味合いがあります。

2019年の干支いのししの亥や己亥とはどんな意味?どういう年になる?

前回の己亥の年は1959年。

時代はまさに高度経済成長の時代で、この年を代表する出来事は、なんといっても皇太子様と美智子様のご成婚です。

60年前にご結婚された当時の皇太子が、60年後の2019年、天皇を退位されるのは、不思議なめぐり合わせを感じます。

最近は自然災害のニュースが相次いでいますが、戦後最大級の高潮被害を及ぼした伊勢湾台風も1959年です。

己亥は、五行思想でいうと「水」と「土」です。

解釈はさまざまですが、防災にはなお一層の注意をはらいたいですね。

亥年はどんな意味をもつ年?

亥年の亥はイノシシ。

古くから猪の肉は万病に効果があるとされており、無病息災の象徴でもあります。

猪の肉を鍋で食べる牡丹鍋(猪鍋)や、イノシシにまつわる神社などへ初詣をする慣習もあります。

万病予防としても食されてきた猪の由来から、

亥年は無病息災の年

とも言われています。

ちなみに、亥年生まれの人の性質を。

干支がイノシシの人は、芯の強さが特徴で、

「裏表がなく何事にも熱心。かつ、物事をやり遂げる情熱がある」

とのこと。

イノシシを神の使いとする地域もあり、亥年生まれは強運な人が多いと言われます。

2019年の干支いのししの亥や己亥とはどんな意味?どういう年になる? まとめ

2019年の干支は「亥」。

十二支と十干を組み合わせて出来た「十干十二支」の60種類が本来の干支です。

干支は「十干十二支」で60種類もあると、複雑な上に覚えにくいので、覚えやすいように12種類にしてそこに動物を割り当てています。

2019年は十干が己(つちのと)で、十二支が亥(いのしし)。

なので、2019年の亥年は、本来の干支でいえば、

『己亥(つちのとい・きがい)年』

となります。

十干と十二支は組み合わせによって分類され、お互いを強め合ったり弱め合ったりする関係性があります。

  • 「己」→ 繁栄したものを統制する意味
  • 「亥」→ 生命が閉じ込められている状態

己亥の年は、

「今現在の状況を維持し、守りの姿勢に徹した方がよい」

と言われています。

亥年には

「次のステージに向けた準備期間」

といった意味合いがあります。

「亥年は無病息災の年」

とも言われていますが、油断は禁物です。

この時期になると

「来年の干支は何なんだろう?」

という疑問がわきますが、

干支は古代中国から何千年と続く歴史の恵みです。

どんな年になるのか、干支の意味を知識として入れておくと、良い一年を迎える腹づもりができますね。

スポンサードリンク