生栗を保存する方法!常温と冷蔵冷凍のメリット・デメリットもご紹介

生栗を保存する方法!常温と冷蔵冷凍のメリット・デメリットもご紹介

一度に食べきれない生栗、どんな保存方法があるの?

保存する時の注意点は?

栗は皮のまま冷凍できる?

その疑問、解消します!

虫食いのある栗の見分け方、

常温・冷蔵・冷凍の違いと保存期間、

むいた栗を保存する時のコツも含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

生栗の保存方法:まず虫食い栗を見分ける

実りの秋、食欲の秋。

何を食べてもおいしく感じる季節です。

子どもの頃は、秋の味覚といえば

毎年いま頃になると、親戚がみかん箱いっぱいの栗を送ってくれるのです。

一度や二度じゃ食べきれない量を、母が上手く保存してくれたおかげで、我が家では一年を通して栗を味わうことができました。

皮を剥いてから処理する方法はたくさんありますが、そんな手間はかけたくないですよね。

母の保存方法は栗を皮のまま保存するので実にカンタン。

しかも、栗は甘さを増して、とってもおいしくなります。

栗に虫がいるかどうかの見分け方

これから保存しようとする生の栗。

その栗、虫食い栗が混じってませんか?

生栗を保存する時に、超重要なのが、虫のチェックです。

これ、友人たちに聞くと結構おろそかにされているんですが、

ひとつ虫が入っている栗があると、あっというまに他の栗も虫に食べられてしまいます。

なので、保存する前に、虫食いのある栗を選り分けておくのが肝心です。

虫に食われた栗は外の皮が黒くなっているので、注意して見ていくとすぐにわかります。

黒い部分は穴が空いていて、鼻を近づけると、すえたような匂いがします。

面倒でも、ひと粒ひと粒、丁寧に見ていきましょう。

皮が黒くなっている栗の中には幼虫が入っていることがあり、包丁などで割ると、そこからちっちゃい虫が出てくることも^^;

虫食いの影響がどこまでかは、栗をカットすると変色しているのでひと目でわかります。

虫に食われた栗を捨てちゃう人もいますが、ちょっともったいないですよね。

栗は虫食いのある箇所を取り除けば、普通に食べられます。

わたしは包丁でカットしてみて、栗の虫食いが一部の場合は、虫食いの部分を包丁で取り除いて、すぐに食べる用にしています。

全体的に色が変色している場合は、匂いもきつく、食べるのはムリ。

残念ですが諦めましょう。

虫除けとして、水に浸すとか塩水に漬けるとか、お湯に浸けるといった方法を紹介しているサイトもありますが、家庭で行う場合はあまり現実的ではありません。

手間がかかりますし、何より、きちんと取り切れなかった水分や湿気が、栗を保管する間のカビの原因になってしまいます。

繰り返しますが、虫食いは見ればわかるので、余計な手間ひまをかける必要はありません。

もし見落としがあっても、それはそれでその時に捨てればいいことです。

ちなみに、栗につく虫は食べても害がないと言われています。

栗は自然の恵みなので、虫がつくこと自体は神経質になることはありませんが、選別するのは、あくまで他の栗に害を及ぼさないため。

面倒でも、保存前には必ず虫のチェックをしてくださいね。

栗の保存は常温はダメ?

虫食いの栗を選別したら、あとは保存するだけです。

保存方法は、以下の2つです。

1. 冷蔵庫で保存する

2. 冷凍庫で保存する

生の栗の常温保存はおすすめしません。

生栗の常温保存はNG?

常温でも栗は保存できます。

ですが、生の栗は呼吸しているので、常温で置いておくと糖分を消費してしまい、風味が落ちていきます。

せっかくの栗の甘さがなくなっていくんですね。

また、栗に虫がついている場合は、常温の環境は虫にとって活動しやすいため、繁殖してしまうのです。

栗につく虫は、鬼皮(栗の表の硬い皮)と渋皮の間に卵を産みつけます。

卵は常温だとふ化して(;゚Д゚) 、栗を栄養にして活動を始めてしまいます。

ということで、生栗の常温保存にはデメリットはあっても、メリットはありません

実は、栗って「実」ではなくて「種」です。

種である栗は『低温』で保存されると、発芽するためのエネルギーを作ろうとして、アミラーゼをたくさん作り出します。

アミラーゼというのは、デンプンから糖を作り出す酵素のこと。

つまり、栗がせっせとアミラーゼを作ってくれると、結果として栗の糖度が上がるわけです。

ということからも、生栗は常温保存ではなく、低温で保存するのが最適なわけです。

家庭で低温といえば、真っ先に浮かぶのは冷蔵庫ですね。

スポンサードリンク

生栗の保存を冷蔵庫でする方法

多くの栗農家さんでは、収穫した栗を0度の状態で保存しています。

先述のように、常温で保存しておくと栗は呼吸をしているので、どんどん糖分を消費して、甘さを逃してしまうからです。

また、虫による被害も避けられます。

家庭の冷蔵庫で生の栗を保存するときは、乾燥しないように生栗を新聞紙でくるんでからビニール袋に入れてチルド室に入れます

生栗は皮がついたままでOK。

汚れが気になる時は、キッチンペーパーなどで拭き取ります。

くれぐれも、水は使わないように。

カビが生える原因になります。

チルド室に入りきらない場合は、冷蔵庫の中の一番冷える場所に置いておきましょう。

保存期間は1~3ヶ月です。

保管していると、新聞紙が湿気で濡れてくるので、途中で確認して交換することを忘れないでくださいね。

湿ったままにしておくとカビが生える原因となります。

栗は『低温』で保存すると甘みが増すとお伝えしましたが、甘みが増す期間の目安は、収穫時期や環境にもよります。

なので、こればっかりは食べながら様子を見る感じです。

冷蔵保存のデメリットは、スペースをとることくらい。

ぜひ試してみてくださいね。

生栗の保存を冷凍でする方法

長い期間、栗をストックしておきたい場合は、冷凍保存がおすすめです。

皮はむいてもむかなくても、どちらでもOK。

うちは面倒くさいのでたいがい皮付きのまま冷凍しています。

冷凍保存をする時には、ジップロックなどの冷凍専用のフリーザーバッグに入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍庫に入れておきます

生栗の冷凍保存の目安は約6ヶ月です。
 
POINT!
ちょっとしたコツですが、冷凍保存をする前に、生栗を冷蔵保存して、栗の糖度を上げてから冷凍すると、甘くておいしい栗を楽しめます。

はじめから冷凍保存するつもりであれば、冷蔵庫で1週間くらいを目安に寝かせてから冷凍庫に移すのがおすすめです。

むき栗にしておいしく冷凍する方法

むき栗
生栗の皮をむいてから冷凍保存すると、調理のときのひと手間が省けて便利ですよね。

そこに、簡単なもうひと手間をつけ加えることで、しっとりした栗を楽しむ方法があります。

むいた状態で冷凍する時に、砂糖を加えるのです。

砂糖には保湿効果があります。

砂糖を加えると、むいた栗の乾燥を防いでくれるので、解凍してもしっとりした食感が味わえます。

やり方はホントに簡単。

フリーザーバッグにむいた栗を入れて、砂糖を加え、軽くもむだけです。

砂糖の量は適当でかまいません。

栗全体にいきわたればOK。

砂糖が溶けて栗と馴染んだら、フリーザーバッグの空気をしっかり抜いて冷凍庫に入れます。

栗を使う時には、流水で砂糖を洗い流してから使います。

生栗を保存する方法!常温と冷蔵冷凍のメリット・デメリットもご紹介 まとめ

生栗を保存する時に、超重要なのが、虫のチェックです。

保存する前に、虫食いのある栗を選り分けておくのが肝心です。

常温でも栗は保存できますが、生の栗は呼吸しているため、常温で置いておくと糖分を消費してしまい、風味が落ちていきます。

また、虫の活動が活発になるので、常温保存はおすすめしません。

おすすめの保存方法は、以下の2つ。

1. 冷蔵庫で保存する

2. 冷凍庫で保存する
 

生栗は皮がついたまま保存します。

冷蔵庫で保存することで、栗は甘みを増します。

家庭の冷蔵庫で生の栗を保存するときは、乾燥しないように生栗を新聞紙でくるんでからビニール袋に入れてチルド室に入れます。

冷凍保存をする時には、ジップロックなどの冷凍専用のフリーザーバッグに入れ、しっかり空気を抜いてから冷凍庫に入れておきます。

皮がついた生の栗は冷蔵庫で1~3ヶ月、冷凍庫で約約6ヶ月保存することができます。

栗のシーズンはほんのわずか。

旬の栗は冷蔵庫でも冷凍庫でも皮のまま保存できるので、上手に保存して、長い間楽しんでくださいね。

スポンサードリンク