さくらんぼの保存期間を長持ちさせる方法!常温 冷蔵庫 冷凍のコツは?

さくらんぼの保存期間を長持ちさせる方法!常温 冷蔵庫 冷凍のコツは?

さくらんぼの保存期間はどれくらい?

長持ちさせる方法は?

常温や冷蔵庫、冷凍で保存する時のコツは?

その疑問、解消します!

さくらんぼが日持ちしない理由、

鮮度を見分けるポイント、

さくらんぼのカルピス漬けの作り方も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

さくらんぼの保存期間は短い

山形に住む学生時代の友人が

県銘産の『佐藤錦』を届けてくれました。

アメリカンチェリーも肉厚でおいしいけれど、

やっぱり佐藤錦は格別です。

真紅に輝く大粒の実、

乳白色の果肉にたっぷりの果汁、

ぱつぱつとした皮の食感もたまりません!

さすが佐藤錦、

「さくらんぼの王様」

「赤いルビー」

と呼ばれるだけのことはあります。

濃い甘さとほどよい酸味、

幸福感に包まれて

さくらんぼを口に含みながら

思わず目を閉じてしまいます^^

でも、

さくらんぼって日持ちしないんですよね。

さくらんぼは傷みやすく、

長期保存には向かない果物のひとつです。

どの果物も収穫後も生きていて

体内の栄養素や水分を使って

呼吸をしています。

そのため、日に日に劣化していくわけですが、

特にさくらんぼは鮮度が劣化しやすく

時間が経つほど実がやわらかくなってきたり

旨味が低下して

傷みだしてきます

ひとつ傷みだすと、

次々に他のさくらんぼも傷んでいきます。

また、

さくらんぼは気温の変化にも弱いので

梅雨どきは特に注意が必要です。

梅雨に入ると

梅雨寒」と呼ばれる寒い日があったり、

真夏並みの気温の日があったりします。

こうした温度変化は即、

さくらんぼの劣化につながります。

湿気の多い梅雨自体、

食べ物がなんでも傷みやすい時期でもありますよね。

◇ 梅雨寒について詳しくはこちら。
梅雨寒 梅雨冷えとはどんな意味?原因と気温の目安は?

さくらんぼの鮮度を見分けるコツ

スーパーや八百屋さんなどで

さくらんぼを購入する際、

鮮度を見分けるちょっとしたコツをご紹介します。

ポイントはさくらんぼの軸

軸が緑色で太いものは鮮度が良い証拠で、

時間が経つにつれ

軸が細くなり茶色に変化していきます。

さくらんぼの保存は常温で!

さくらんぼは基本、常温で保存します。

産地から送られてくるさくらんぼも、

クール便ではなく

通常便で出荷されています。

さくらんぼの保存期間の目安は

収穫してから4~5日くらい

なので、

ふだん、わたしたちがスーパーなどで

さくらんぼを購入する場合は

買ってきてから常温保存したものを、

その日のうちに食べきるのがベストです。

さくらんぼは収獲してすぐよりも、

2~3日常温で置いておいた方が

酸味が抜けるので甘くなります。

つまり、

店頭に並んでいるのは

一番の食べごろになっているというわけです。

前述のようにさくらんぼは気温の変化に弱いので、

冷蔵庫に入れると

その温度変化で味も変わってしまいます。

気温の高い日や夏の暑い時期であれば

冷房をかけた部屋に置いておきます。

もし食べきれないときは、

さくらんぼが乾燥しないように

新聞紙など吸湿性のある紙に包んで、

なるべく涼しいところで保存しましょう。

冷たいさくらんぼを食べたい時は?

さくらんぼは常温で保存するのが基本ですが、

冷たいさくらんぼを食べたい時は、

食べる直前に冷やして食べると良いです。

さくらんぼは粒が小さいので、

冷水でサッと冷やせばおいしくいただけます。

冷蔵庫で冷やす場合は、

20~30分程度がベストです。

■ さくらんぼのおいしい冷やし方

冷たいさくらんぼを食べたいときの

わたしのおすすめは、

少しだけ塩を入れた氷水に

食べたい分のさくらんぼを浮かべて

冷たくして食べる方法

さくらんぼのハリ感と

ほんのり塩味が果肉の甘みと相まって、

とてもおいしいですよ。

スポンサードリンク

さくらんぼの保存を冷蔵庫でする方法

常温で保存するのが基本のさくらんぼですが、

冷蔵庫で保存することもできます。

ただし、

さくらんぼは5℃くらいから果肉が硬くなり、

本来のおいしさが損なわれてしまうので

冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

冷気が直接あたって乾燥しないように

新聞紙やキッチンペーパーなどにくるんで、

フタ付きのプラスチック容器などに入れてから

野菜室に保存します。

さくらんぼはその性質上、

冷蔵庫に長時間入れると、

うま味が水分と共に蒸発するので、

時間の経過につれて乾燥が進み、

食感や味の低下につながります。

また、

さくらんぼの味を左右する酸度も下がってしまうので、

淡白な味になり、

さくらんぼ特有の味わいを感じられなくます。

■ 冷蔵庫の保存期間の目安は?

繰り返しますが、

さくらんぼは気温の変化に弱い果物です。

保存できる期間は通常2~3日

長期で保存できるものではありません。

さくらんぼの鮮度、

品質や品種の状態によって

保存期間のバラツキはありますが、

いずれにしても

時間が経つほど新鮮さが失われて、

果肉がしおれてくるので、

早めに食べきりましょう。

さくらんぼの保存を冷凍でする方法

さくらんぼは新鮮なうちに食べるのが一番ですが、

常温で保存しても

冷蔵で保存しても、

保存期間はせいぜい2~3日程度です。

どうしても食べきれず

さくらんぼを長期保存したいこともありますよね。

そんなときは冷凍保存という方法もあります。

さくらんぼを綺麗に洗って

軸をとります。

キッチンペーパーなどで

表面の水分をしっかりふき取ったら

発泡トレーなどにコロコロ広げて冷凍庫へ。

さくらんぼが冷凍できたら、

フリーザーバッグなどに入れて保存します。

冷凍したさくらんぼは解凍すると

食感が異なってしまいますが、

半解凍の状態であれば

シャーベットみたいでおすすめです。

また、

凍ったままのさくらんぼを

サイダーやカクテルに入れると

見た目もかわいい飲み物になります。

■ 冷蔵庫の保存期間の目安は?

冷凍での保存期間は1~2ヶ月程度です。

さくらんぼのカルピス漬け

以前、テレビで紹介されたこともありますが、

さくらんぼの冷凍保存に

さくらんぼのカルピス漬け

という方法があります。

やり方はとっても簡単。

さくらんぼのカルピス漬

材料

  • さくらんぼ……好きなだけ
  • カルピス……さくらんぼに合わせて適量

 
作り方

1.
軸を取ったさくらんぼを

ジップロックやタッパーなどの容器に入れ、

さくらんぼが浸る程度のカルピスを

原液のまま入れます。

2.
あとはそのまま冷凍庫に入れるだけ。

ジップロックで行う場合は、

さくらんぼ同士がくっつかないように

横倒しにして冷凍するのがポイントです。

カルピスは完全に凍らず、

さくらんぼだけが凍ります。

出来上がりはさくらんぼ自体に

カルピスの味が染み込む訳ではありませんが、

さくらんぼの周りに

凍ったカルピスがついて

さわやかに甘酸っぱく、

アイスの実みたいになっておいしいです。

甘党はカルピスの量を多めにすると良いかも。

さくらんぼの保存期間を長持ちさせる方法!常温 冷蔵庫 冷凍のコツは? まとめ

さくらんぼは長期保存には向かない果物で、

基本、常温で保存します。

さくらんぼの保存期間の目安は

収穫してから4~5日くらい。

スーパーなどで購入した場合は

その日のうちに食べきるのがベストです。

常温保存しておいたさくらんぼを

冷たくして食べたい時は

食べる直前に冷水や冷蔵庫で冷やします。

さくらんぼを冷蔵庫で保存する時は、

新聞紙などで乾燥を防いで

野菜室に入れます。

保存できる期間は通常2~3日です。

さくらんぼを3日以上保存したい場合は、

冷凍保存がおすすめです。

食感は変わりますが、

シャーベットのように味わったり

飲み物のアクセントにもなります。

また、

カルピス漬けにすると冷凍保存の幅も広がります。

お店で購入の際に選ぶときのポイントは

軸が緑色で太いものが

鮮度が良いさくらんぼです。

さくらんぼは繊細な果物ですが、

酸味と甘みが程よく合わさった、

とてもおいしい果物です。

この時期ならではさくらんぼ、

保存方法を上手に工夫して、

楽しく長く味わいたいですね。

スポンサードリンク