10月の誕生石オパールとは?宝石言葉と誕生石を身につける効果!

10月の誕生石オパールとは?宝石言葉と誕生石を身につける効果!

10月の誕生石のオパールとはどんな宝石?

遊色効果ってなに?

宝石言葉は?

誕生石を身につける効果は?

その疑問、解消します!

オパールの種類、

パワーストーンとしての意味合い、

オパールがもたらす効果、

誕生石の由来も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

10月の誕生石オパールとはどんな宝石?

夏を思い出すような暑い日も影をひそめ
過ごしやすく秋らしい気候となる10月。

10月の誕生石はオパールです。

オパールは虹のような遊色効果がとても美しい宝石です。

遊色効果とは?

遊色効果というのは、
オパールに起こる独特な現象で

プレイ・オブ・カラー(play of color)」

とも呼ばれています。

オパールは見る角度や光の具合によって
石の中で青、緑、紫、赤などの
さまざまな色彩が湧き上がり、

ゆらゆら遊び戯れているかのように
表情を変えて現れます

これを遊色効果と呼んでいます。

なぜ遊色効果が起こる?

オパールは、規則的に配列した球状の
『シリカ(珪素)』という微粒子と
水分が混じりあってできた非結晶の宝石です。

光の影響を受けると、シリカ粒子が
プリズムの役割を果たし、
虹と同じような現象が起きて
様々な色の光を放つ遊色効果が生まれます。

シリカ粒子の直径の小さいものから、
紫、青、緑、黄、オレンジ、赤の順で大きくなり、

シリカ粒子の大小によって遊色の色合いが変わります。

粒子サイズの大きなオパールが成長するためには、
より長い年月と安定した環境が必要なので
「赤」の色彩が出現するオパールが
最も稀少で価値が高くなります。

この遊色効果はオパールの価値を決める重要なポイントで

遊色効果を持つオパールを

『プレシャスオパール』、

そうでないものは

『コモンオパール』

といって区別されています。

オパールの産出国は?

オパールの主な原産地はオーストラリア。

オーストラリは世界に流通するオパールの
4分の3を占めています。

メキシコもオパールの産地として知られていますが、

メキシコ産のオパールにはあまり遊色効果がなく、
透明度の高いオパールが産出されています。

オパールの種類は?

ひとくちにオパールといっても
オパールには多種多様な種類があります。

主なオパールの種類は次の通りです。

  • ブラックオパール
  • クリスタルオパール
  • ホワイトオパール
  • ウォーターオパール
  • ファイアオパール
  • ボルダーオパール
  • グリーンオパール
  • メキシコオパール
  • エチオピアオパール

それぞれに個性と美しさがありますが
中でも最も珍重されているのが
ブラックオパール』です。

ブラックオパールは遊色効果の代表的な宝石。

主な産地はオーストラリアのライトニングリッジです。

オパールの語源や由来は?

オパールは、英語では「opal」
フランス語では「opale」です。

「オパール」という単語は

「色の変化を見る」

という意味のギリシャ語の

「オパリオス(opallios)」

に由来すると言われています。

オパールの語源をさかのぼると
古代サンスクリット語で

「宝の石」
「貴重な石」

を意味する、

「ウパラ(upala)」

にいきつきます。

オパールの石が
まるで宝石のように美しく輝いていたことから、
この名前がつけられたと考えられています。

古代ローマでは、
この単語が「opalus」になり、

「幸運を招く宝石」

として珍重されました。

オパールは和名では

蛋白石(たんぱくせき)」

といいます。

これはホワイトオパールが、
タマゴの白身(蛋白)に似ていたことから
呼ばれるようになったといわれています。

スポンサードリンク

オパールの宝石言葉は?

オパールは石の中でも
特に明るいエネルギーを持つ幸運の石と言われています。

オパールには以下の宝石言葉がつけられています。

オパールの宝石言葉

  • 「希望」
  • 「無邪気」
  • 「純粋」
  • 「純真無垢」
  • 「幸運」
  • 「忍耐」
  • 「歓喜」

ヨーロッパでは長い間、
オパールは純潔、希望、真実の象徴とされてきました。

遊色効果のところで少し触れましたが、
オパールは他の宝石とは違って
水分を含んでいることから

「みずみずしさ」
「アンチエイジング」

を象徴する石とも言われています。

英国のビクトリア女王はオパールを
こよなく愛したことで有名です。

ヴィクトリア女王は自身の5人の娘、
王女たちの結婚祝いにも
それぞれオパールを贈り
幸せな結婚生活になるようにと願いを託しました。

マクベスやロミオとジュリエットなど
有名な作品を数多く残したシェイクスピアは、
オパールを「宝石の女王」と褒め称えています。

オパールの誕生石を身につける効果とは?

古くから自分の生まれた月の宝石を身につけていると幸運が訪れる、守護石となり身を守ってくれるなどの言い伝えがあります

生まれた月の宝石である誕生石は、
あなた自身を守ってくれる「お守り」というわけです。

誕生石は18世紀、
ポーランドに移り住んだ宝石商によって広められたと言われています。

昔は今よりもはるかに宝石は高価なものでした。

そのため、宝石は王族や聖職者などの
地位が高い人しか身に付けることができない品物だったのです。

やがて、時代と共に、
庶民にも宝石が手の届くものへと変わっていきました。

宝石商たちの

「一般の人が、もっと宝石に興味を持ってもらえるように」

という願いから、
誕生石というものを考えたとされています。

その起源は聖書に書かれているものが
ベースになったといわれています。

旧約聖書では、
ユダヤの高僧たちが自分の地位をあらわすために、
12種類の宝石を胸当てに縫い付けていたとあります。

また、新約聖書には、
エルサレムの都の城壁にあった12の門の土台に、
それぞれ別々の宝石が埋め込まれていたという記述があります。

旧約聖書・新約聖書の12個の宝石の記述が影響して、
海外では、宝石を身に付けることで、
自分の身を守ってくれるという意味や、
魔除けの意味につながっていったようです。

オパールがもたらす効果とは?

オパールは

身につける人のまだ見ぬ才能を開花させ、その人の創造性を高める効果がある

と信じられている宝石です。

古くからギリシャでは

オパールを持っていると先見の明や予言の才能に恵まれ、病気から守ってくれる

とされてきました。

神秘的な光を放つオパールは、
はるか昔のローマ時代から聖なる宝石とみなされ、

幸福を招くお守り石

として崇められていました。

ポジティブなパワーがあるとされたオパールを
古代ローマ人は

キューピッドストーン(天使の石)」

と呼んでいたことから、

オパールは

縁を結ぶパワーストーン

としても、とても人気があります。

こちらは虹色のしずくのようなオパールのピアス。

【あす楽対応】エチオピア産オパール 10K 選べるピアスとイヤリング レディース ピンクゴールド・リュリュアンネ 揺れる 華奢 シンプル 10月誕生石 痛くない ピアスみたい ぶらさがり しずく ドロップ 大人気 おすすめ 誕生日プレゼント 女性 ギフト ジュエリー 宝石

オパールならではの幻想的な遊色が浮かび上がってますね。

10月の誕生石オパールとは?宝石言葉と誕生石を身につける効果! まとめ

10月の誕生石のひとつであるオパール。

オパールは見る角度や光の具合によって
虹のように色彩を変化させるとても美しい宝石です。

オパールの宝石言葉にはつぎのようなものがあります。

  • 「希望」
  • 「無邪気」
  • 「純粋」
  • 「純真無垢」
  • 「幸運」
  • 「忍耐」
  • 「歓喜」

オパールは

『身につける人のまだ見ぬ才能を開花させ、その人の創造性を高める効果がある』

と信じられている宝石で

古くからオパールを身につけていると
内面の美しさや才能を引き出すと言われています。

見た目も美しく、同じものはひとつとしてないオパール。

誕生石ではなくても
幸運の石として身につけていたい宝石です。

スポンサードリンク