テレビをみる みるの漢字は見ると観るのどっち?映画は?違いの見分け方

テレビをみる みるの漢字は見ると観るのどっち?映画は?違いの見分け方

テレビをみるの「みる」の漢字は?

「見る」と「観る」どっち?

どんな違いがあるの?

映画をみるは?

その疑問、解消します!

「見る」と「観る」の意味、

それぞれが持つニュアンス、

「見る」と「観る」が使われる時の具体例も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

テレビをみる みるの漢字は?

「スマホを片手にテレビをみる」

「テレビをみていたらチャイムが鳴った」

「食事の時、テレビはみない」

テレビをみる場合の “みる” にはどんな漢字をあてはめていますか?

言葉に出せば「みる」のひと言ですが、

文章にするときは「見る」と「観る」、

どちらの漢字を書くべきか、悩むことってありますよね。

「テレビを見る」と「テレビを観る」。

どちらも間違いではありませんが、

もし、使い分けに迷っているのなら、

テレビを見る

と「見る」を使えば問題ありません。

「見る」は、『目でみること全般』に使われる言葉です。

英語で言えば「see」や「look」などを意味していて、

  • 「看護・看病・看過する」の「看る(みる)」
  • 「観察・観光・観劇」の「観る(みる)
  • 「注視・監視・視察」の「視る(みる)」

などの「みる」にも、一般的に「見る」を使うことができます。

「見る」は、目でみること自体を広くカバーする漢字

なので、どんなシチュエーションでも使える便利な言葉です。

「テレビを見る」

と書いても全く問題ないので安心してくださいね。

見ると観るの違いは?

「休みの日はテレビを “み” たり、映画を “み” たりしています」

こんな時、テレビには漢字の「見る」で、映画には「観る」を使うという人も少なくありません

中には、テレビにも映画にも「観る」を使う人もいますし、どちらにも「見る」を使う人もいます。

漢字の使い方としては、どちらも間違いじゃありません。

「見る」と「観る」の違いはどこにあるのか、それぞれお伝えしますね。

「見る」とは?

『三省堂 大辞林』によると、

見る」は “物の形や色を目で感じる。判断する” の意

とあります。

「見る」は目、もしくは視覚によってものごとを捉えるという意味です。

「まじまじと顔を見る」

「見るからに屈強な体つきだ」

「車窓からの景色を見る」

「LINEを見るとメッセージが入っていた」

「見るともなく見ているとカーテンが閉められた」

「しばらく見ないうちにすっかり変わった」

「見ると聞くでは大違い」

といった使い方をします。

「見る」は常用漢字で、小学一年生で習う80字の漢字のひとつです。

文化庁による常用漢字表のまえがきには、

この表は法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など、一般の社会生活において、現代の国語を書き表す場合の漢字使用の目安を示すもの

とあります。

スポンサードリンク

このことから、常用漢字表に掲げられていない漢字(表外字)については、“法令、公用文書、新聞、雑誌、放送など”、つまり、学校教育の場では用いられなくなりました。

表にない漢字は日本語として間違いとしているわけではなく、

あくまで目安ですが、

漢字の標準的な表記として常用漢字表があるわけです。

そして、一方の「観る」の「観」は常用漢字表には載っていますが、「みる」という読み方では学校では習わない漢字なのです。

「観る」とは?

『三省堂 大辞林』によると、

観る」は“見物する。眺める。芝居などを鑑賞する”の意。「見る」とも書く。

とあります。

「観る」は実際のものごとを目で追うような時や、対象物に興味を持って鑑賞する場合に使います。

「紅葉を観に行く」

「お芝居を観る」

「映画を観る」

「手相を観る」

「パレードを観る」

「メダカの生態を観る」

といった使い方をします。

試合などを見物する「観戦する」という意味で、

「野球を観る」

「相撲を観る」

「将棋を観る」

といった使い方をしますね。

前述で少し触れましたが、文化庁による常用漢字表には、音読みの「観(カン)」はありますが、訓読みの「観る」は含まれていません。

「観(カン)」は常用漢字で、小学四年生で習う202字の漢字のひとつですが、「観る(みる)」という読み方では教えていないのです。

ですが、読み方としての「観る(みる)」は一般的に使われている用語です。

映画をみるは 見ると観るのどっち?

「映画をみる」の「みる」には、「見る」「観る」のどちらを使ってもOKですが、

「映画を観る」

とする人のほうが多いようです。

前述のように、「観る」は実際のものごとを目で追うような時や、対象物に興味を持って鑑賞する場合に使います。

映画を見て楽しむ「映画鑑賞」という言葉があることから、「映画を観る」と用いるのも自然な言い方ですね。

テレビをみる みるの漢字は見ると観るのどっち?映画は?違いの見分け方 まとめ

「テレビを見る」と「テレビを観る」

「映画を見る」と「映画を観る」

どちらも間違いではありません。

常用漢字内の表記では「テレビを見る」「映画を見る」です。

使い分けに迷った時は、「見る」を使えば大丈夫

「見る」は『目でみること全般』に用いられるので、どんなシチュエーションでも使える便利な言葉です。

  • 見る:目、もしくは視覚によってものごとを捉えるという意味で使う
  • 観る:実際のものごとを目で追うような時や、対象物に興味を持って鑑賞する場合に使う

「観る」は「見る」に比べると『集中して見る』というニュアンスが強いので、

映画やお芝居、スポーツなど興味を持って見るものには適切な言葉と言えます。

テレビも特に興味を持って集中してみる番組などには

「テレビを観る」

といった感覚がぴったりのものも。

日常でよく使われる「みる」。

基本的には「見る」を使えば問題ありませんが、

見ることの意味を強調したい場合は「観る」を用いる傾向にあるようです。

スポンサードリンク