内閣総理大臣と首相の使い分けとは?首相と総理と総理大臣と総裁の違い

内閣総理大臣と首相はどう違う?首相と総理と総理大臣の使い分け方は?総理大臣と総裁に違いはあるの?政党トップの呼び方って?今更聞けない「総理大臣」「首相」「総裁」「総理」の意味の違い、使い分け方を政治オンチなあなたにもわかりやすく解説します。

スポンサードリンク
  

 

内閣総理大臣と首相の使い分け方の違いは何?

「首相」というのは、「内閣総理大臣」の通称です。

内閣総理大臣とは、日本の「行政権」の長を表す正式な呼称です。

内閣総理大臣という呼称は、日本独自のものですが、日本では法律の上でも正式な名称で、政治上のトップになります。

日本は三権分立の国家。

国家権力が、「立法〈立法権〉」、「行政〈行政権〉」、「司法〈司法権〉」に三分され、それぞれを国会、内閣、裁判所が担う制度をとっています。

三権を相互に監視させることにより、国家権力の暴走を防ぐ効果が期待されているわけです。

日本の場合、立法権の長は衆議院議長と参議院議長、行政権の長は内閣総理大臣、司法権の長は最高裁判所長官です。

この三権分立の行政権のトップ責任者が内閣総理大臣です。

〈内閣総理大臣は大臣を取りまとめる人〉

内閣総理大臣は、国会議員の中から選出されます。

国会は国民が選挙で選んだ議員の集まり。

内閣総理大臣の内閣とは各省庁の国務大臣の集まりです。

国務大臣は、財務省や外務省などの省庁で一番偉い人のこと。

各省庁の国務大臣が集まった内閣を取りまとめ、最終的な責任を持つのが内閣総理大臣、通称「首相」の役目です。

国民が幸せに暮らせるように、健康を守ったり仕事をしやすくしたり、そのためのお金(税金)を集める行政機関の責任者が内閣総理大臣というわけです。

 
内閣総理大臣の通称が首相でしたね。

首相は「首席宰相(しゅせきさいしょう)」を短くしたものです。

「首」と「相」とで首相です。

外務大臣を「外相(外務相)」、財務大臣を「財相(財務相)」と呼ぶように、「相」は「大臣」のことで、首相は「内閣の首席大臣」を表します。

首相とは、行政機関のトップの大臣、つまり行政のリーダーを指します。

法律上の正式名称が「内閣総理大臣」のため、法令で「首相」を使うことはありません。

〈海外で首相はPrime minister〉

「内閣総理大臣」というのは日本固有の官職名ですが、海外のメディアからは英語で「Prime minister」と呼ばれます。

国際的には議院内閣制をとっている国の政治的トップは「首相」と呼ばれることが多く、政治の最高責任者を表す際は、基本的に「Prime minister(首相)」となります。

イギリスのメイ首相、ドイツのメルケル首相、など、首相という呼び名は、日本のみならず、世界各国に存在します。

他の国にもそれぞれ固有の官職名があります。

首相はあくまで、行政のリーダーを指す言葉なので、国によって首相の呼び名はバラバラです。

首相は、国民が直接選ぶのではなく、議会が投票した人が選ばれます。
多くは与党の党首が、首相に任命されます。

首相は政府の最高責任者であり、その国のトップではありません。

首相の権限はその国によって様々です。

 

スポンサードリンク

 

首相と総理と総理大臣はニュースで使い分け?

「首相」は内閣総理大臣の通称。

「総理大臣」や「総理」は内閣総理大臣の略称です。

要するに首相も総理大臣も総理も内閣総理大臣ということなんですが。

実は、新聞やニュースでは「首相」「総理大臣」「総理」は使い分けられていることが多いのです。

新聞やニュースの『文字』では「首相」、総理とは書きません。

ニュースの『読み』では「総理大臣」や「総理」と使われることが圧倒的に多いです。

どうして文字表示とラジオやテレビのニュースが統一されていないのでしょう。

その理由は、聞き間違いをなくすためにあるようです。

財務大臣を「財務相(ざいむしょう)」、外務大臣を「外務相(がいむしょう)」と読んだ場合、「財務省」や「外務省」と区別がつきませんよね。

ニュースなどで読む場合は、大臣を指す「相」と「省」の区別がつかなくなるため、字幕が「防衛相」であっても「防衛大臣」と読み上げるほうが一般的です。

こうした聞き間違いを避けるため、官僚の呼称は「大臣」で統一され、それに合わせて「首相」も、「総理大臣」や「総理」と呼ぶことが定着したようです。

こうして、文字には一般的な「首相」を使い、読みには「総理大臣」や「総理」と使い分けられるようになってきたんですね。

 

総理大臣と総裁の違いとは?政党のトップの呼び方

「総裁」も「首相」や「内閣総理大臣」と同義語に思われがちですが、、「総裁」と「首相」・「内閣総理大臣」は全く違うものです。

総裁というのは、ある機関や組織、団体の長として全体を取りまとめる職務のことで、内閣に「総裁」という職名があるわけではありません。

日本銀行のトップを「日銀総裁」と呼びますよね。

大川興業のトップは「大川総裁」です(笑)。

自民党総裁というのは、「自民党の党首」という意味です。

〈自民党総裁が総理大臣になると〉

自民党が与党の場合、基本、首相と党首が同一になることから「自民党総裁」=「内閣総理大臣」という図式になり、「総理総裁」といった形になるのです。

ちなみに、自民党が第一党で過半数を獲得していたとしても、内閣総理大臣は国会議員であればよく、党首がなる必要はありません。

なので、必ずしも、「総裁=内閣総理大臣」になるとは限らないのです。

〈政党のトップの呼び方〉

自民党のトップである党首は「総裁」と呼ばれますが、各政党によって最高責任者である党首の呼び方は異なります。

 

■ 主要政党トップの呼び方

・自由民主党 → 総裁

・公明党 →   代表

・共産党 →   委員長

・民進党 →   代表

・社民党 →   党首

 

まとめ

自民党の党首が内閣総理大臣になっている時は、「首相」「総理」「総裁」は内閣総理大臣と同じ人です。

内閣総理大臣は、日本の国の仕事をしているときは、「首相」と呼ばれたり、「総理」と呼ばれたりします。

自民党の内閣総理大臣が、自民党の仕事をするときは、「総裁」と呼ばれます。

一見、ややこしく思える「首相」「総理」「総裁」も意味がわかるとスッキリしますね。

スポンサードリンク