クリスマス&イブ当日にやるべき幸せを招く8つのおまじない!

クリスマス&イブ当日にやるべき幸せを招く8つのおまじない!

年に一度、クリスマスとイブにやるべき幸せを招くおまじないを教えて!

そもそもおまじないって何?

その疑問、解消します!

クリスマスイブ当日のおまじない4つ、

クリスマス当日のおまじない4つ、

クリスマスのおまじないが効果的な理由も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

クリスマスのおまじないとは?

先日、友人たちとクリスマスの恋バナで盛り上がり、

その流れで、おまじないの話になったんですが、

そもそも、おまじないって何?」

って話になりまして。

おまじないはおまじない・・・

そう言われてみると『おまじない』って、奇妙な語感ですよね。

語源由来辞典によると、

おまじない.

【意味】 おまじないとは、神仏その他神秘的な力をもつものの力を借りて、災いを起こしたり、逃れようとすること。また、その術。呪術。まじない。御呪い。

となっています。

ちょっとおどろおどろしいですが、

日常的にはもっとライトに使われています。

ちちんぷいぷい、痛いの痛いの飛んでいけ~

の「ちちんぷいぷい」も、おまじないの言葉。

これは、言葉の力を使った言霊で、痛みを取り去るというおまじないです。

よく、

北枕はダメ

霊柩車を見たら親指を隠す

とか言いますが、

これは親や周りから聞いて、自然と自分も信じているといったものではないでしょうか。

こういった悪いことを避けようとする』というのも一種のおまじないです。

同様に、ゲン担ぎも一種のおまじないです。

ゲン担ぎの意味でジンクスという言葉を使うこともあります。

靴は右足から履く

勝負服はこのスーツ

といった、自分で決めているルールがある人も少なくありません。

これらのゲン担ぎは、

『ある事柄と他の事柄のあいだの、因縁めいた対応関係』

からデータとして身につけたもので、

そのゲン担ぎをすることで、悪いことを避け、良いことに近付こうとしているのです。

クリスマスには良い事だらけのラッキー&ハッピーでいたいですよね。

といったわけで、クリスマスのおまじないの話です。

おまじないの目的はもちろん、ハッピー・クリスマス!

古来の人々が体得し、昔から続いてきたクリスマス用のおまじないはとてもたくさんあって、

中には、クリスマスにはクリスマスの当日にしかできなおまじないがあります。

クリスマスのおまじないが効果的な理由

12月25日のクリスマスはイエス・キリストが生まれた日。

日本では冬至(12月22日頃)の時期に重なります。

北半球では冬至の日が、1年のうちで最も夜が長く、昼(日の出から日没まで)の時間が短くなります。

昼の時間が冬至の日を境に長くなることから、

冬至には太陽が生まれ変わるとされ、運が上昇してくる日と言われてきました

太陽の再生は、死んだのちに復活したイエス・キリストにも重なりますね。

そしてイエス・キリストの生誕日から1週間後には新年を迎えます。

新しい年は、意識するしないにかかわらず、新鮮なパワーが湧いてきます。

このように、時期的にクリスマスは誰にとっても運気アップのよいタイミングなのです。

ここでプラスアルファ、

クリスマスに幸せを呼び込むおまじないを加えると、より運気を上げる強力なスパイスとなり、まさにハッピー・ニューイヤーを迎えられるというわけです。

クリスマスのおまじないが効果的なことがわかりますね。

クリスマスは運気を上げる年に一度の大チャンスです。

24日クリスマスイブ当日にする願いが叶うおまじない

クリスマスの日をハッピーにするための、おまじないをお伝えしますね。

まずは、クリスマスの前日、クリスマスイブに行うおまじないからご紹介します。

クリスマスイブのクシのおまじない

12月24日のクリスマスイブの夜までに、新しいクシを用意します。

クリスマスイブの夜、寝る前にその新しいクシで髪をとかします。

髪をとかしたクシは、あなたの枕の下に。

その夜に見た夢は正夢になると言われています。

スポンサードリンク

クリスマスイブの聖書のおまじない

聖書と無地の白い紙、朱色のペン(色鉛筆でもOK)を用意します。

聖書はコンパクトなものでもかまいません。

クリスマスイブの夜、寝る前に白い紙に朱色のペンを使って、

これからの1年間に叶えたい願い事

ひとつだけ書きます。

書き終わったら、聖書の前で両手を合わせ、目を閉じ、お祈りを捧げます。

以下の言葉を真剣に祈ってください。

イエス・キリストよ、我と世界中の人々に、幸運がありますように

お祈りが終わったら、目を閉じたままで聖書を手に取り、どこでもよいので聖書をパッと開きます。

その両ページに書かれている言葉が、イエス・キリストからあなたへのメッセージです。

どんなことが書かれているのか、どのようなメッセージなのか、よく読みこんでくださいね。

そして、そのページに、先程あなたが願い事を1つ書いた紙をはさみます。

願い事を書いた紙をはさんだ聖書は本棚などにしまいます。

このおまじないをすることで、これからの1年間、その願い事の実現に大きく近づくことができると言われています。

願い事を書いた紙は、翌年のクリスマスイブに取り出して処分します。

普通にゴミ箱に捨ててかまいません。

クリスマスイブのキャンドルのおまじない

キャンドルを使って、願いをかなえるおまじないがあります。

12月24日にキャンドルの準備をして、12月25日から12日間続けるおまじないです。

◇ 詳しいやり方はこちらの記事にまとめています。
クリスマスに行う願い事が叶うおまじない!キャンドルを使う方法2選

クリスマスイブのリンゴの木のおまじない

古くからヨーロッパに伝わる、未来のパートナーが見えるというおまじないです。

クリスマスイブの日に、リンゴの木に向かって後ろ向きで歩いていきます。
(後ろ向きと限定していない説もあります)

木にたどり着いたら、リンゴの木の周りを9回周って、目を閉じます。

しばらく経ってから目を開けると、未来のパートナーの姿がおぼろげに見えるというものです。

クリスマス当日にする願いが叶うおまじない

ここからは、12月25日のクリスマス当日になってからのおまじないです。

まずは、時計の針がまさにクリスマスになった瞬間に行うおまじないからご紹介します。

クリスマスの青いリボンのおまじない

このおまじないは、なりたい自分になる』おまじないです。

用意するのは、青いリボン(紐でもOK)と新しい靴、あなたのなりたい人物(憧れの女優などでもOK)の写真と鏡。

12月24日から、25日に日付が変わった瞬間、

自分&なりたい人物の写真を同時に鏡に映します。

そして、自分がその人物のようになった姿を想像しながら、青いリボンをちょうちょ結びにして、新しい靴の中に入れておきます。

リボンは右足にひとつ、左足にひとつ、1足につき2つ作ることになります。

クリスマスの夜にそのリボンを取り出し、その靴をはいて外出すると、なりたい自分になるスピードが加速すると言われています。

クリスマスの赤いキャンドルのおまじない

赤いキャンドルを灯して、おまじないを唱え、幸せを呼び込む方法です。

◇ 詳しいやり方はこちらの記事にまとめています。
クリスマスに行う願い事が叶うおまじない!キャンドルを使う方法2選

クリスマスの朝のおまじない

クリスマスの朝一番に飲むお茶は、スプーンを使って時計まわりにかき回すとラッキー運がアップして、最高運を授かると言われています。

砂糖やミルクなど、何も加えないお茶でも、スプーンでかき回します。

右回りは太陽の動きと同じことから、悪運は幸運に転じ、幸運はステップアップするとされてます。

クリスマスは乾杯でおまじない

古来から、洋の東西を問わず、祝典や儀式にはお酒が不可欠です。

神聖なお酒をみんなで分け合うことで力を得て、邪気を祓うという意味があります。

クリスマスは、清潔できれいなグラスで乾杯しましょう。

乾杯のときに音を立てるのはお行儀が悪いという人もいますが、

グラスとグラスがあたる音は、ヨーロッパでは悪魔や邪気を祓うと言われます。

お酒が飲めない場合でも、乾杯の席ではジュースなどのノンアルコール飲料で乾杯を。

グラスを合わせて、笑顔で乾杯しましょう。

注意!
気をつけたいのは、お酒が飲めない場合、「水」で乾杯するのはNGということ。

水杯(水盃)を交わす

といって、永遠の別れを意味する儀式になってしまうのです。

味がついているソフトドリンクが苦手な場合は、炭酸水にすれば大丈夫です。

クリスマス&イブ当日にやるべき幸せを招く8つのおまじない! まとめ

クリスマスには、クリスマスイブとクリスマスの当日にしかできなおまじないがあります。

イエス・キリストの誕生日のクリスマスは冬至にあたり、運気を上げる年に一度の大チャンス!

クリスマスイブに行うおまじないは、

  • クシのおまじない
  • 聖書のおまじない
  • キャンドルのおまじない
  • リンゴの木のおまじない

クリスマスに行うおまじないは、

  • 青いリボンのおまじない
  • 赤いキャンドルのおまじない
  • クリスマスの朝のおまじない
  • 乾杯でおまじない

今回は合計8つのおまじないをご紹介しました。

おまじないをするにあたって1番重要なのは、そのおまじないを信じて行うことです。

お気に入りのおまじないで、素敵なクリスマスを過ごしてくださいね。

スポンサードリンク