仕事始めと仕事初めはどっちが正解?御用始めとの違いは?

仕事始めと仕事初めはどっちが正解?御用始めとの違いは?

仕事始めと仕事初めはどっちが正解?

その理由は?

誤った使い方をするのはなぜ?

御用納めとの違いは?

その疑問、解消します!

「始め」と「初め」の使い分けと考え方、

調査結果でわかった誤用の割合、

御用納めの使われ方も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

仕事始めと仕事初めはどっちが正解?

年末年始の休暇が明けて最初の出勤日や、

年明け初めての仕事のことを「仕事はじめ」と言います。

漢字は「仕事始め」と「仕事初め」のどちらが正しいのでしょうか。

結論から言うと正解は仕事始め

広辞苑によると、

しごと-はじめ【仕事始め】

新年になって始めて仕事をすること。
正月2日をその日とする地方が多い。
現代の会社・商店等は正月4日が多い。
事始め。
仕始め。

となっています。

「仕事始め」の「始め」は、英語でいえば「start(スタート)」です。

お正月明けから仕事を開始するのは、

「仕事をスタートする」

のですから「仕事始め」です

対して、「初め」は、英語でいうところの「first(ファースト)」にあたります。

「first(ファースト)」は、

序列の1番とか、時間的に最初という意味合いです。

「初め」は「事のはじまり」、

つまり「最初」の意味です。

年があけて、新年に初めて文字を書くことを『書き初め(かきぞめ)』といいますよね。

「初め」は「初めて」の意味です。

「仕事始め」は仕事を始める日であり、初めて仕事をする日ではありません

ということから、お正月明けから仕事を開始する表現としては「仕事始め」が正しいのです。

ビジネスメールなどでは、誤用すると受け取る側が不快に思ったりすることもありますので、気をつけてくださいね。

なぜ「仕事始め」ではなく「仕事初め」と書く?

年末にビジネスメールをもらうと、結構な確率で、

「なお、仕事初めは1月4日から~」

といった書き方をしているのを目にします。

以前、SNS上で「仕事始め」と「仕事初め」を使っている人の割合をしらべた調査結果がありました。

それによると、

  • 「仕事始め」を使っている : 77%
  • 「仕事初め」を使っている : 23%

約4人に1人が「仕事初め」を使っているという結果でした。

なぜ間違った「仕事初め」を使うのか?

なぜ、間違った「仕事初め」を使うのか?

これはもう、ただただ、PCやスマホの『漢字変換』の問題なのでは。

わたしも経験があるんですが、使い慣れているデバイスの場合は、「仕事始め」が候補で出てきますが、

仕事先などで共有のPCを使っている時、「しごとはじめ」で漢字変換すると「仕事始め」と「仕事初め」が候補として並んで出てきます。

ためしに後輩のスマホで試してみると、

1.仕事始め

2.仕事はじめ

3.仕事初め

と、どちらも予測変換で出てきました。

変換候補に出てくる時点で、間違ってるとは思わず、選択する人がいるというのが理由なのではないかと。

で、その場合、「仕事初め」を選ぶ人が4人に1人いるということじゃないでしょうか。

新年、新しい年があけると、『初日の出』とか、『初夢』とか、『初◯◯』とか、

「初」という漢字を使う言葉を見聞きすることが多くなりますよね。

そのあたりの影響もあると思います。

いずれにせよ、「仕事始め」が正しい使い方です。

仕事始めは初めて仕事をする日ではなく、仕事をスタート(始める)させる日だということをしっかり覚えておきましょう

スポンサードリンク

御用始めと仕事始めの違いは?

仕事始めによく似た言葉に「御用始め」というものがあります。

「御用納め」「御用始め」といった表現を年末年始のニュースなどで聞いたり、

身近で、「仕事納め・仕事始め」とは言わずに、「御用納め・御用始め」という言い方をする人がいるかもしれません。

基本的に、「仕事納め・仕事始め」と「御用納め・御用始め」は同じ意味です。


「仕事納め&御用納め」は年内最後の業務を行う日のこと。

「仕事始め&御用始め」は年明け初めて業務を行う日のこと。

ちょっと古くさい印象のある「御用納め・御用始め」の「御用」には、「公務」という意味があります。

時代劇のシーンで

御用だ!御用だ!

というセリフを聞いたことがあるかと思います。

罪人(犯人)を捕まえる人を『捕り手(とりて)』と言いますが、

捕り手はお上の命令(官命)で罪人を捕まえるので、

「御用だ!」

というわけです。

もともと「御用納め・御用始め」という言葉は、宮中や幕府の執務や仕事に対して使われていた言葉でした。

今でも官公庁では、「御用納め」が使われています。

仕事始めと意味合い的には同じなのですが、

一般的に、行政機関に勤めている人は御用納めを使い、

民間企業に勤めている人は仕事納めを使っています

「御用始め」という言葉は、1873年に制定された公務員の休日を定める法令が制定されたことから、使うようになった言葉と言われており、

「御用納め・御用始め」は、1960年代中頃までは、一般の民間企業でも広く使われていました。

ですが、「御用納め・御用始め」という言葉からくるイメージが、

お上の御用(仕事)

といった『役人=偉い人』的な古い感覚が感じられることや、

言葉自体に堅苦しい印象があることから、「仕事納め・仕事始め」が使われるようになっていったという経緯があります。

NHKでは、原則として「仕事納め・仕事始め」を使っており、

官庁の場合にもなるべく「仕事納め・仕事始め」を用いるようにしているそうです。

ただ、わたしの友人や知人の公務員たちはやはり、「御用納め・御用始め」という言い方をしています。

宮仕えという半ば自虐的なニュアンスも含んで(笑)

ちなみに、証券取引所では、「仕事納め」「仕事始め」にあたるのが、「大納会(だいのうかい)」「大発会(だいはっかい)」です。

仕事始めと仕事初めはどっちが正解?御用始めとの違いは? まとめ

「仕事はじめ」は「仕事始め」が正解です。

「仕事始め」の「始め」は、英語でいえば「start(スタート)」。

お正月明けから仕事を開始するのは、

「仕事をスタートする」

ので、「仕事始め」が正しい表記です。

仕事始めによく似た言葉に「御用始め」がありますが、

基本的に、「仕事納め・仕事始め」と「御用納め・御用始め」は同じ意味です。

「仕事始め」のことを「仕事初め」とする間違った表記は、4人に1人が使っていますが、

御用納めと仕事始めの使われ方が変遷してきたように、

言葉は時代とともに変わるものなので、もしかしたら、「仕事初め」が正しい表記とされる日がくるかもしれません。

繰り返しますが、現時点では、「仕事始め」が正しい表記です。

ビジネスメールや挨拶状などでは気をつけてくださいね。^^

◇ 官公庁や一般企業の仕事納め・仕事始めについてはこちらをご参考に。
2018-2019 役所官公庁の仕事納めと仕事始めはいつ?一般企業は?

スポンサードリンク