春のトレンチコートはいつから着る?時期や気温の目安になるのは?

春のトレンチコートはいつから着る?時期や気温の目安になるのは?

春のトレンチコートはいつから着るのがベスト?

普通は何月から着るもの?

着る時期の気温の目安はある?

その疑問、解消します!

トレンチコートを着るタイミング、

いつまで着るのか、

服装選びに役立つ便利なお天気サイトも含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

春のトレンチコートはいつから着る?

春の定番アイテムともいえるトレンチコート

店頭では1月の末あたりから並びはじめますが、

着るときには

「まだ早いかな?」

と、意外とタイミングに迷うものです。

先取りしすぎると寒いし、

周りからも

「そのコートで寒くないの?」

と言われかねません。

社会に出ているからには、相手に与える印象も大事ですよね。

春のトレンチコートを着るベストの時期は?

春のトレンチコートはいつから着るのか、

みんなはどうしているのか、

気になるところですね。

春、トレンチコートを着始めるなら、基本は3月からです。

梅や桃の花が咲き、ひな祭りを迎える頃になると、

季節に『春』を感じる人が多くなります。

1日ごとに日も長くなり、

2月に比べると格段に日中の暖かい日が増えてくるのが3月。

立春は2月4日頃ですが、

一般的には3月を春の始まりと捉える人が多いんですね。

ということで、

冬コートからトレンチコートに切り替えるなら、3月がベスト

「早く春のおしゃれを楽しみたい!」

「厚手のコートは早く脱ぎたい!」

という季節先取り派は、2月後半から着ても全然OK。

都心では2月の中旬を過ぎると、

通勤電車でもトレンチコート姿をよく目にするようになります。

着物もそうですが、洋服も早めに季節を取り入れる方が「粋」で、おしゃれな服装となります

ですが、実際、2月の朝晩は真冬並みに冷え込むことが多いものです。

2月の間は、まだ冬物との併用が必要ですね。

また、日本列島は南北に長いので、住んでいる地域によって気候はさまざまです。

3月でもトレンチコートにはまだ早い、

と思える気候のところもあります。

たとえば北海道。

本州と比べるとかなり気温が低く、

1年の1/3の季節が冷え込む北海道では、

冬が半年以上も続くので、

「春のトレンチコートを着始める時期は4月」

という人が多いです。

春のトレンチコートはいつまで着る?

3月に着始めたトレンチコートを快適に着られるのは4月の終わりまで

5月になると春物アウターがいらなくなるほど暖かい日が続き、

トレンチコートでは暑く感じてきます。

3月~4月までの約2ヶ月間って、意外に短いと思うかもですが、

トレンチコートは春の時期だけではなく、秋から冬にかけても大活躍します。

秋のトレンチコートはいつから着るのがベスト?時期や気温の目安は?

ただ、春のトレンチコートが4月の終わりまでといっても、5月の初旬はまだ肌寒さを感じる日もあります。

寒ければ着て、暑ければ脱ぐ

といったように、

体感温度で調節しながら着ていても問題ありません。

トレンチコートを着始める時期で触れましたが、

気候には地域差があります。

4月にトレンチコートを着始めるような地域であれば、

5月の終わり頃までは暑さを感じずに着ることができます。

トレンチコートに限らずコートの類は暑くなると着なくなるので、

トレンチコートの着納めはあまりこだわらなくてもいいと思います。

スポンサードリンク

春にトレンチコートを着るときの気温の目安は?

トレンチコートを着るかどうかの気温の目安は10℃~15℃前後と言われています。

春先の東京では3月の平均気温は10℃前後。

4月では15℃前後になります。 

日中の気温や朝晩の気温は、テレビの天気予報やスマホ、パソコンなどで知ることができます。

ただ、「暑い」「寒い」という体感は個人差によるところが大きく、トレンチコートの下に着る服装によっても違ってきます。

スーツやジャケットを着ている場合と、カジュアルな服装の場合とでは、体感温度も変わってきますよね。

一般的に、気温が20℃に近いとコートの必要性はありません。

それくらいの気候の日は、街なかでもコートを着ている人を見かけることはあまりないので、周りを意識するなら避けた方が無難です。

ですが、トレンチコートを着るにあたっては、気温だけでくくるのもちょっと注意が必要です。

季節の変わり目となる春は、気温自体は高めでも風が強いと寒く感じますし、

日中と夜の気温の差が激しかったりしますよね。

「日中は暖かくても寒くなるだろうな」

といった日は冬のコートが安心ですし、

3月に入っていればトレンチコートを着ていても全然おかしくありません

一方、気温が10℃に近くなると普通は「アウターが必要」と感じます。

お天気によってはトレンチコートだけでは調節が難しい日もあるので、

トレンチコートの下の服装やインナーで加減する必要があります。

10℃を下回ると、同じトレンチコートでもライナー付きのものでないと寒く感じます。

このように考えていくと、

トレンチコートを着用し始めるのは、最高気温で15℃

を目安にするのがわかりやすいと思います。

寒い時は冬コートと併用で

2月や3月は、まだまだ肌寒く感じることも多く、

実際にトレンチコートを着るにはハードな日もあります。

特に3月は暦の上では春といっても、

三寒四温が続き、

ときには雪が降ったり、冷たい風が吹くことも多い時期です。

雨であれば、朝から気温が上がらず寒い日になります。

なので、一気にトレンチコートに切り替えることはせず、

体感温度やお天気によって、

冬コートを併用しながらシフトしていくのがおすすめです。

気温で服装のおすすめがわかる便利なサイトとは

「トレンチコートを着ようか、どうしようか」

「今日はどんな服装をすればいいかな」

そんな服装選びを助けてくれる便利なサイトがあります。

毎日、ニュースや天気予報で気温をチェックしなくても、サイトで気温に合わせた服装がパッとわかります。

ブックマークしておくと、日々のチェックが楽ちんですよ。

服装選びの目安になる便利なお助けサイト

■ 日本気象協会の服装指数

服装指数とは、日本気象協会が毎日発表している、気温に合わせた服装の目安です。

朝晩や日中の予想気温から、その日がどんな服装が適しているかを服装指数で提案してくれます。

服装指数は、数字が小さくなるほど厚手の服が必要になります。

  • 0~30: 厚手のコート・ダウンが必要 
  • 40~50:上着が必要
  • 60~70:長袖がおすすめ
  • 80~90:半袖がおすすめ
  • 100: タンクトップ

日本地図をクリックすると、知りたい地域の情報をより詳しく見ることができるので、旅行先での服装の目安にもなりますよ。

日本気象協会の服装指数

地図の知りたい地域をクリックしていくと、その地域、その地方の1週間の服装指数やお天気、気温と降水確率もわかります。
 

■ 今日の重ね着

『今日の重ね着』は地域を設定すると、今日の気温から最適な重ね着を分かりやすくイラストで表示してくれます。

一日の最高気温と最低気温が一目瞭然。

その日の快適な服装の重ね着枚数を、イラストとシンプルなコメントで、わかりやすくおすすめしてくれます。

今日の重ね着

春のトレンチコートはいつから着る?時期や気温の目安になるのは? まとめ

春の時期にトレンチコートを着るのは、3月~4月の2ヶ月間。

気温の目安は10℃~20℃です。

春、トレンチコートを着始めるなら、基本は3月から。

一般的に、3月を春の始まりと捉える人が多いこともあり、

冬のコートからの切り替えも自然です。

季節先取り派は、2月後半から着ても全然OKです。

トレンチコートを着始める時期は、気温でいうと、10℃~15℃前後。

気温が20℃を超えるとアウターがいらなくなります。

住んでいる地域によって気温が違ってくるので、

そのあたりは調節して、しっかり体調管理をしていきましょう。

毎日、ニュースや天気予報で気温をチェックしなくても、服装選びに便利なサイトもあります。

季節の変わり目、春の時期はトレンチコートを上手に活用して、快適に過ごせるといいですね。

スポンサードリンク