中国の中秋節とは?2019年はいつ?過ごし方や食べ物もご紹介!

中国の中秋節とは?2019年はいつ?過ごし方や食べ物もご紹介!

中国の中秋節とはどんな行事?

2019年はいつ?

中国の休日期間は?

どんな過ごし方をするの?

食べ物は?

その疑問、解消します!

中秋節の意味と由来、

中国における祝祭日や休日の決まり方、

中秋節の月餅にまつわる慣習も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

中国の中秋節とは?

9月に入ると『中秋節』が近づいてきます。

『中秋節』は「ちゅうしゅうせつ」と読みます。

日本人にはあまり馴染みがありませんが
中国、台湾、香港などの中華圏では
とても大切にされている日。

中秋節は東アジアの伝統的な行事のひとつで、

旧暦(農暦)の8月15日に行われます。

今の新暦だと9月、
または10月にあたります。

中秋節を一言でいえば
「月を祭る節句」のこと。

ざっくり言うと、
日本のお月見にあたります。

日本でも十五夜のお月見のことを
「中秋の名月」と言いますよね。

それと同じように、
中秋節にはお月見をするのが一般的です。

中秋節とは十五夜の満月を愛でながら
秋の豊作を祝う節句です。

中秋節を祝う習慣はとても古く、
3000年あまりの歴史があるといいます。

中秋節は中国では祝日になるほど
大きな伝統行事で、

『春節』・『清明節』・『端午節』と
並ぶ四大節句のひとつとして盛大にお祝いします。

以前、仕事先の中国の方が

「中秋節で仕事や学校が休みになる」

と嬉しそうに話していたのをよく覚えています。

中秋節の由来は?

中秋節の由来は諸説ありますが
広く知られているのは

「中秋の月が1年の中で最も美しい」

とされていることから

中秋の8月15日(旧暦)は月を祀る日

になったというものです。

前述のように、中秋節を祝う習慣は
3000年あまりの歴史があり、
古代の月祭りまでさかのぼるといいます。

歴代の中国の皇帝たちはこの8月15日に
作物の実りや収穫を感謝し、
翌年の豊作を祈り宴を設け
音楽を奏で、月に祈りを捧げました。

やがて、
この行事が民間にも伝わっていったのが
中秋節の起源と考えられています。

中国の中秋節2019年はいつ?

中秋節は中国における旧暦の8月15日にあたる日です。

2019年は9月13日(金曜日)が中秋節にあたります。

中国では
この中秋節の9月13日(金曜日)を
『法定祝日』とし

2019年は、9月13日(金曜日)から
9月15日(日曜日)までの3日間を
3連休の『休日期間』としています。

日本では「春分の日」と「秋分の日」は
天文学に基づいて、
毎年日にちを閣議で決定していますが
その他の祝祭日は法律の改正がない限り
毎年調整することはありません。

中国では、毎年中央政府の国務院が
祝祭日と土曜日・日曜日との連動を
考慮して休日の調整を行っています。

◇ 日本の祝祭日について詳しくはこちら。
祝日と祭日の違いとは?ひと目でわかる国民の祝日の意味を一覧で!

中国では、元旦・春節・清明節・労働節、
端午節・中秋節・国慶節と
7つの国民休暇日がありますが

政府が公式に発表するのは通例、
前年の12月となります。

中秋節は中国4大伝統祭日の一つ。

4大伝統祭日とは、
『春節』・『清明節』・『端午節』、
『中秋節』の4つの祭日です。

中国では中秋節に休日出勤させる場合、
企業は従業員に対して、
9月14日・9月15日は2倍の給与、
9月13日は3倍の給与を支払う必要があるといいます。

スポンサードリンク

中国の中秋節の過ごし方や食べ物は?

中秋節は家族団らんの伝統行事であり
イベントではないので、
街の中で催しものが行われていることは
ありません。

家で家族とのひと時を楽しみます
仕事のある人も普段より早く帰宅し、
家族と夕食をとり、家族団らんを楽しみます。

中秋節は別名、

団円節(だんえんせつ)』

とも呼ばれます。

家族が一堂に会することを願っての意味で

大変おめでたいことの意味合いも含んでいます。

中国では欠けていないまんまるの満月を
「円満・完璧」の象徴と考え、
月が一年のうちで最も円に近くなる
中秋の満月(十五夜)を特に大切にしています。

中秋節には嫁いだ娘も実家に戻り、
家族たちと食卓を囲んで
久々の一家団らんを楽しむ慣習もあります。

中秋節の過ごし方は、
家の中に提灯を飾るなどして
家族や親しい人たちが集まってお月見をしたり、

甘いお菓子の月餅(げっぺい)を
食べるなどして過ごします。

中国の中秋節の食べ物は?

中秋節は家族が集まるので、
食卓はその家ならではのごちそうが並びます。

中秋節の名物と言えばお菓子の「月餅」です。

月餅というのは平らで丸い形をしている
中国の伝統的な焼き菓子です。

【送料無料】内閣総理大臣賞褒賞の「月餅6種6個セット」神奈川県指定銘菓にも選ばれたこちらを横浜土産やギフトにピッタリ♪【楽ギフ_包装】【RCP】

月餅は小麦粉の皮の中に、あん、
またはナッツや種実、
蜜漬けの干し果実などを入れて
丸く平たい形にして焼いたもの。

月餅は団円(円満)を象徴し、
一家団らんの願いを込めて
中秋節に多くの家庭で食されます。

日本ではお月見のときにお月見団子を
食べますが、
中国では月餅を食べるんですね。

また、中国では中秋節のときに
月餅を贈る習慣があります。

知人同士でやり取りしたり
知り合いや仕事でお世話になった人に贈ったり、

会社の経営者が社員や工員、
得意先に配ったりします。

この月餅の経済効果はなかなかのもの。

ですが、中秋節が終わってしまうと
月餅は投げ売りのような値段になってしまうとか。

地域によってはパンを焼いて
家族と食べる風習もあるようです。

中秋節の灯篭祭り

中秋節は灯籠(とうろう)祭り
一つとしても有名です。

灯籠とは提灯(ちょうちん)のこと。

きらびやかな灯籠で街を彩るのではなく
家々で提灯を飾るのが一般的です。

中秋節に灯す提灯やランタンは、
元宵節(げんしょうせつ)で
使われるような大掛かりなものではなく、

子供が親に手伝ってもらいながら
手作りの提灯を作ったりして
家の中に飾るようなものもあります。

中国の中秋節とは?2019年はいつ?過ごし方や食べ物もご紹介! まとめ

中秋節とは十五夜の満月を愛でながら
秋の豊作を祝う節句です。

中秋節にはお月見をするのが一般的で、

毎年、旧暦(農暦)の8月15日に行われます。

2019年は9月13日(金曜日)が中秋節にあたり、

中国では
9月13日(金曜日)から
9月15日(日曜日)までの3日間を
3連休の『休日期間』としています。

中秋節は家族団らんの伝統行事なので
過ごし方としては
提灯を飾ってお月見をしたり
ごちそうや月餅を食べながら
家で家族とのひと時を楽しみます。

先日、わたしが月餅が好物だと話したら
中国に駐在していた知人たちが、
中国の月餅を食べたら嫌いになるかも
と笑っていました。

わたしは日本の月餅しか食べたことが
ないのですが、
現地の月餅とは比べ物にならないほど
日本の月餅はおいしいそうです(笑)。

中秋節の季節になると横浜中華街では
この時期だけに作られる期間限定の
中秋月餅が店頭に並びます。

お店によっていろんなバリエーションが
あるので、
食べ比べるのも中秋節の時期の楽しみ。

ただ、月餅って結構高カロリーなんですよね。

食欲の秋にそそられ、食べすぎないよう
気をつけねばです^^;

スポンサードリンク