暑中見舞いの返信マナーと返事の書き方のコツ教えます!使える例文9選

暑中見舞いの返信マナーと返事の書き方のコツ教えます!使える例文9選

暑中見舞いを受け取ったら、返事はどう書いたらいいの?

返信する時のマナーは?

すぐに使える例文は?

その疑問、解消します!

返事を出す時期や書き方で気をつけること、

感謝の気持ちや相手への気遣いを入れるコツ、

オリジナル例文を含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

暑中見舞いの返信で気をつけるべきマナーとは?

思いがけなく暑中見舞いが届くこと、ありますよね。

暑中見舞いは夏のご挨拶です。

なので、ご挨拶をいただいたら、こちらも挨拶を返すのが大人のマナー。

暑中見舞いをいただいた相手には、お礼の言葉を添えた暑中見舞いのはがきを出しましょう

より良いお付き合いのためにも、失礼にあたらない返事の書き方をお伝えします。

返事は暑中見舞い?残暑見舞い?

先方に暑中見舞いの返事をするに、ひとつ気をつけなければいけないことがあります。

というのは、暑中見舞いの時期というのは期間が決まっていて、その期間を過ぎると、『残暑見舞い』として出すのが通例だからです。

暑中見舞いを出すスタートの時期には諸説ありますが、いずれの説も、期日は立秋(8月7日頃)の前日までというのは共通しています。

立秋からは、残暑見舞いに切り替わり、8月いっぱいまでが残暑見舞いの期間になります。

なので、あなたの返事がどの時期に届くかによって、暑中見舞いなのか残暑見舞いなのかが変わってきますから、注意してくださいね。

  • 暑中見舞いを送る時期 :小暑(7月7日頃)から立秋(8月7日頃)の前日まで
  • 残暑見舞いを送る時期 :立秋から8月いっぱいまで

 

立秋は年によって変わりますが、目安として、あなたの返事が相手に届くのが、

  • 8月6日以内なら『暑中見舞い』
  • 8月7日以降なら『残暑見舞い』

となります。

返信の時期は、こちらに詳しくまとめてありますので参考にしてくださいね。
暑中見舞いの返事は必要?返信するならいつまで?時期を過ぎた時は?
 

アドバイス
文の冒頭に、「暑中(残暑)お見舞い申し上げます」という言葉を使わず返信をする書き方もあります。

お見舞いの言葉を入れずに、「暑中お見舞いをいただき、ありがとうございました」といったお礼から書き始めると、暑中見舞いや残暑見舞いの時期にとらわれることがないので、応用がききます。

暑中見舞いの返事の書き方を教えて!

暑中見舞いの返事の場合、基本的に文章の構成は通常の暑中見舞いと同じです。

目上の方に出すものでも、暑中見舞いは、頭と終わりの「拝啓」「敬具」などの言葉は要りません。
 

暑中見舞いの返事の書き方

1.書き出しの言葉

2. 暑中見舞いをいただいたことへのお礼

3.時候のあいさつ、相手の健康を喜ぶ言葉

4.近況報告

5.相手の健康を祈る言葉

 

返事を書く時は、上記の「2. 暑中見舞いをいただいたことへのお礼」、つまり、暑中見舞いをもらったことに対する『感謝の言葉』を入れることが大切です。

相手が時間を作ってあなたに暑中見舞いを書いてくれたのですから、きちんとお礼を伝えます。

  • 暑中見舞いありがとうございました。
  • 暑中お見舞いをいただき、厚く御礼申し上げます。
  • ご丁寧なお見舞いをいただき、ありがとうございます。
  • お見舞状をいただきまして、誠に恐縮に存じます。

感謝の言葉に加えて、『先方の内容を受けての一言』があると、なお印象が良くなります。

  • お元気でお過ごしのご様子、何よりです。
  • 都心の暑さは、さぞご苦労のことと拝察いたします。

いただいた暑中見舞いが、相手の旅行先からのこともあります。

  • ご旅行のお話、お会いしたときは是非お聞かせくださいね。

こうした相手の暑中見舞いの内容を受けての言葉が入ると、返信の文章が暖かいものになります。

返信を書く時は、相手の内容に対する受け答えを書き、次に自分の近況を伝えるようにすると自然な流れになります

暑中見舞いは暑い時の社交的な手紙なので、軽く触れる程度のものでもかまいません。

親しい間柄であれば、気軽な文章でもOKです。

スポンサードリンク

暑中見舞いの返事の例文

暑中見舞いの返事の例文を3つのパターンでご紹介します。

  • 暑中見舞いとして返信するパターン
  • 残暑見舞いとして返信するパターン
  • 冒頭に挨拶文を入れないパターン

はじめにお見舞いの挨拶を書く場合は、句点「。」を書く必要はありません。

これからご紹介するのは、すべてわたしのオリジナルの文例です。

参考にしてみてくださいね。

暑中見舞いとして返信するパターン

暑中お見舞い申し上げます

先日はご丁寧なお見舞い状をいただきまして、ありがとうございました。

○○様もお元気な様子で何よりと存じます。

私どもも家族一同元気に過ごしております。

暑さはこれからが本番ですね。

どうかくれぐれもお体にはお気をつけください。

暑中お見舞い申し上げます

お心のこもった暑中お見舞いをありがとうございます。

暑い日が続いておりますが、お変わりなくお過ごしのご様子、大変安心しております

おかげさまで、当方も元気に過ごしております。

まだしばらくは厳しい暑さが続きますが、体調にはくれぐれもお気をつけ下さいませ

暑中お見舞い申し上げます

ご丁寧に暑中お見舞いをいただきまして、恐れ入ります。

皆様にはお健やかにお過ごしのご様子、何よりとお喜び申し上げます。

おかげさまで、私ども家族一同もこの暑さに負けることなく、元気に暮らしております。

まだ当分は暑さが続くことと存じますので、ご家族の皆様くれぐれもご自愛のほどお祈り申し上げます。

残暑見舞いとして返信するパターン

残暑お見舞い申し上げます

お忙しい中、お見舞いをいただきありがとうございました。

◯◯へ行かれたとのこと、羨ましい限りです。

こちらは皆、元気に過ごしております。

残暑厳しき折、どうぞご自愛くださいますよう。

残暑お見舞い申し上げます

お心のこもった暑中見舞いをいただき、ありがとうございます。

立秋とは名ばかりの暑さが続きますが、お元気でお過ごしとのこと、安心いたしました。

おかげさまで、私どももつつがなく過ごしております。

夏の疲れが出やすい頃ですのでどうぞご自愛ください。

残暑お見舞い申し上げます

ご丁寧にお見舞いをいただきまして、恐れ入ります。

変わらずお元気でお過ごしとの由、何よりとお喜び申し上げます。

涼を求めて旅行にでも行きたいところですが、相変わらず仕事で忙しくしております。

秋風を感じる頃はまだ少し先のようです。

くれぐれも風邪など召しませぬよう、お体大事になさってください。

冒頭に挨拶文を入れないパターン

冒頭に「暑中(残暑)お見舞い申し上げます」という言葉を使わずに、

「暑中お見舞いをいただき、ありがとうございました」

といった感謝の言葉を述べて、暑中見舞いのお礼を書くという方法です。

ご丁寧なお見舞状をいただき、誠に恐れ入ります。

◯◯さまにはお元気でお暮らしのご様子、何よりうれしく存じます。

いつもお心にかけていただき、ありがとうございます。

猛暑が続く毎日ではございますが、お体を大切に過ごされますようお祈り申し上げます。

まずは、お礼かたがたお見舞いまで。

このたびは丁寧なお見舞い状をありがとうございました。

○○へ行かれたとのこと、お元気でお過ごしのようで何よりです。

わたしもこの夏は△△へ行ってきました。

まだまだ暑い日が続きますが、くれぐれもお体大切にお過ごし下さい。

暑中見舞いありがとうございました。

今年の夏は、例年にない暑さですね。

都心での通勤はさぞかしご苦労のことでしょう。

わたしは自営業なので、多少は気ままに過ごしておりますが、夏休みは9月に入ってからになりそうです。

しばらくは暑さが続きそうですが、ご自愛くださいますよう。

暑中見舞いの返信マナーと返事の書き方のコツ教えます!使える例文9選まとめ

例文はすべてわたしのオリジナルですが、あくまで参考程度ということで、ご自由にアレンジしてみてください。

暑中見舞いは年賀状ほど形式化されているものではないので、フランクに書いてもかまいません。

ですが、相手から暑中見舞いをいただいた返事なので、文中には「暑中見舞いありがとうございました」といったお礼の言葉を忘れないようにしてくださいね。

近況報告をするとか、相手に関することを話題にするとか、親しみをこめて、心を通い合わせるような文章になるといいですね。

スポンサードリンク