秋分と秋分の日2018年はいつ?意味や由来でわかる秋のお彼岸との関係

秋分と秋分の日2018年はいつ?意味や由来でわかる秋のお彼岸との関係

2018年の「秋分」と「秋分の日」はいつ?

秋分と秋分の日は違うもの?

どのような意味があるの?

その疑問、解消します!

秋分とはどんな日なのか、

二十四節気の中での意味合い、

秋のお彼岸との関係、

秋分の時期の特徴をことわざも含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

秋分と秋分の日2018年はいつ?

2018年の「秋分」・「秋分の日」は9月23日(日)です。

秋分は期間を指すこともあります。

期間を指す場合は、9月23日頃から次の節気である「寒露(かんろ:10月8日頃)」の前日までの期間を「秋分」と呼びます。

2018年の秋分を期間として指す場合は、9月23日(火)から10月7日(日)となります。

秋分は季節の移り変わりを知る二十四節気のひとつで、毎年9月23日頃です。

なぜ、「頃」というのかというと、秋分は毎年同じ日ではないからです。

年によって1~2日程度のズレが生じます。

よくニュースや天気予報などで、

「今日は秋分です」

という言い方をするときは、秋分に入る日を指しています。

秋分の日とは?

「秋分」は二十四節気の秋分に入る日や期間を指します。

「秋分の日」は、二十四節気の秋分に入る日を指しており、国民の祝日になっています。

秋分の日は、国立天文台が作成している暦象年表に基づいて閣議決定されたものが前年2月に官報で発表されるため、それまでは「秋分日」としか記載されていません。

つまり、国民の祝日となる「秋分の日」は毎年、国が決めているんですね。

来年以降の秋分に入る日は、2020年・2024年が9月22日で、その他の年は当面の間、9月23日となります。

ですが、未来の秋分の日については国立天文台が計算上予測した日付であって、閣議決定されているわけではありません。

なので、現行法では秋分の入の日が祝日になる予定ではありますが、閣議決定されない限りは、明確な祝日とはいえないのです。

秋分の日は、1948年に公布・施行された「国民の祝日に関する法律(祝日法)」によると、

祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日

という趣旨になっています。

秋分の日が祝日なのは、お彼岸にお墓参りに行くという日本の風習に沿った意味のようにも思えますが、歴代の皇族の霊を祀る宮中の儀式が元になっているという背景があります。

◇ 祝日になった理由についてはこちらをご参考に。
秋分の日はいつ?秋分の日とは何をするのかお彼岸のお墓参りのすすめ
 

秋分の3日前からの7日間の期間は「秋の彼岸」となり、秋分の日は彼岸の中日にあたります

◇ 秋のお彼岸についてはこちらをご参考に。
秋のお彼岸はいつからいつまで?2018年の期間をカレンダーで!

スポンサードリンク

そもそも秋分とは?

前述のように、秋分は、二十四節気の一つです。

二十四節気というのは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。
 

二十四節気

【春】

立春(りっしゅん):2月4日頃
雨水(うすい):2月18日頃
啓蟄(けいちつ):3月5日頃
春分(しゅんぶん):3月20日頃
清明(せいめい):4月4日頃
穀雨(こくう):4月20日頃

【夏】

立夏(りっか):5月5日頃
小満(しょうまん):5月21日頃
芒種(ぼうしゅ):6月5日頃
夏至(げし):6月21日頃
小暑(しょうしょ):7月7日頃
大暑(たいしょ):7月22日頃

【秋】

立秋(りっしゅう):8月7日頃
処暑(しょしょ):8月23日頃
白露(はくろ):9月7日頃
秋分(しゅうぶん):9月23日頃
寒露(かんろ):10月8日頃
霜降(そうこう):10月23日頃

【冬】

立冬(りっとう):11月7日頃
小雪(しょうせつ):11月22日頃
大雪(たいせつ):12月7日頃
冬至(とうじ):12月21日頃
小寒(しょうかん):1月5日頃
大寒(だいかん):1月20日頃

 

二十四節気は、地球と太陽の位置関係で割り当てられています。

地球から見た太陽の見かけ上の通り道を「黄道」といい、1年間で地球の周りを一周すると考えます。

黄道360度を24分割した15度間隔で、それぞれ特定の二十四節気が定められているのです。

そして、定めた点を太陽が通る日が、二十四節気のそれぞれの日にちになります。

二十四節気は、今でも農作業などで使われています。

先述の太陽黄径の黄経というのは、春分の位置を0度とした時の現在の地球から太陽の見える位置の角度のことです。

秋分は例年、太陽黄経が180度を通る日にあたります

なので、秋分の日には、太陽が真東から昇って真西に沈み、昼と夜の長さが同じになるとされています(厳密には、昼の方が若干長いようです)。

太陽黄経が、165度を通過する白露(9月8日頃)と、195度を通過する寒露(10月8日頃)に挟まれているのが、180度を通過する秋分(9月23日頃)となります。

暦の秋分の意味や由来は?

秋分は、二十四節季の中でも二分(春分・秋分)として、四季を通して重要な節気とされています。

秋分の日は、昼と夜の長さがだいたい同じになる日です。

この日を境にして、日はどんどん短くなっていきます。

秋は日照時間が短く、西日が一気に沈み、あっという間に日没となります。

秋の日はつるべ落とし

というのも、秋が他の季節に比べると急速に日が暮れるということを表しています。

また、秋のお彼岸の時期にあたる秋分は、厳しかった残暑にも目安がつくことから、

暑さ寒さも彼岸まで

という言い方がよく使われます。

◇ 関連記事
暑さ寒さも彼岸までとはどういう意味?使い方や例文を教えて!

秋分の日とお墓参りの関係は?

秋分の日は秋のお彼岸の中日(真ん中の日)にあたることから、お墓参りに行く人も多いですね。

仏教では、宗派によっては秋分の時期に「秋季彼岸会(しゅうきひがんえ)」などの仏事が行われたり、先祖供養の法要が行われます。

秋分の日とお彼岸のお墓参りが結びついたのには、理由があります。

彼岸とは仏教用語で「あの世(極楽浄土)」を指しています。

仏教には、

西には極楽浄土(あの世)がある

という教えがあります。

太陽が真東から昇って真西に沈む秋分の日は、一番、西の方角がわかりやすいですよね。

そのため、昔の日本人は

太陽が真西に沈む春分と秋分は、故人やご先祖様がいる世界(あの世)と最も通じやすい頃

と考えるようになり、春分と秋分には「先祖を供養する」という慣わしが生まれ、今に習慣として残ったといわれています。

仏教は世界中にありますが、「お彼岸にお墓参りをする」という文化は、日本独自のものです。

秋分と秋分の日2018年はいつ?意味や由来でわかる秋のお彼岸との関係 まとめ

2018年の「秋分」・「秋分の日」は9月23日(日)です。

2018年の秋分を期間として指す場合は、9月23日(日)から10月7日(日)となります。

国民の祝日となる「秋分の日」は毎年、国が決めています。

秋分の日は、「祖先を敬い、亡くなった人をしのぶ日」とされており、お彼岸の中日にあたるため、お墓参りに行く人が多くいます。

昼と夜の長さがだいたい同じになる秋分の日を境にして、日はどんどん短くなっていきます。

秋の深まりが感じられる秋分の時期は、年によっては中秋の名月(旧暦8月15日)がめぐってくることもあります。

秋ならではの味覚も味わえるこの季節、いろいろな楽しみ方ができるといいですね。

スポンサードリンク