ボジョレーヌーボーの賞味期限は?未開栓ならいつまで飲める?

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?未開栓ならいつまで飲める?

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

未開栓ならいつまで飲める?

年数が経ったらどんな味になるの?

その疑問、解消します!

ボジョレーヌーボーと普通のワインの飲み頃の違い、

古いボジョレーヌーボーを飲んだ時の経験談も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?

11月の第3木曜日はボジョレーヌーボーの解禁日

時差の関係で、日本は世界で一番早く解禁日を迎えることもあって、毎年ニュースで取り上げられたりしてますね。

ボジョレーヌーボーは、出来立てのフレッシュさが魅力のワインです。

普通のワインのように、長い時間をかけて熟成すると味に深みが出るといったタイプのものとは違う早飲みタイプ

なので、ボジョレーヌーボーを他のワインのように寝かせると、本来の持ち味のフレッシュさが失われてしまうのです。

イメージとしては、生ビールや生酒、にごり酒なんかに近いものですね。

ワインのボトルには賞味期限はついていませんが、

ボジョレーヌーボーをおいしく飲める期限は年末まで、遅くとも翌年の春までがおすすめです。

一般的にボジョレーヌーボーは熟成をさせないで、フレッシュな味を楽しむものなので、ベストの飲み頃はまさに解禁日とも言えます。

ボジョレーヌーボーをおいしく飲める期限

  • できれば年内
  • 遅くとも翌年の春まで

ワインは使用しているぶどうの品種や、醸造方法、保存方法などで飲み頃が違います。

ワインには長期熟成タイプと早飲みタイプがあり、上述のようにボジョレーヌーボーは早飲みタイプです。

ワインは瓶詰めされた後も熟成します。

熟成させるとおいしくなるのが長期熟成タイプです。

早飲みタイプは、瓶詰めされた時が一番の飲み頃です。

なので、まとめ買いをしていたりでボジョレーヌーボーがたくさんある場合は、早めに飲むほうが、ボジョレーヌーボーならではの作りたてのおいしさが味わえるのです。

酒屋さんなど、お店でも最初に仕入れたボジョレーヌーボーが売り切れたら、その年の販売は終了です。

収穫から2ヶ月ほどしかかけないで醸造されたボジョレーヌーボーは、渋みが少なくどんな料理にもよく合います。

ボジョレーヌーボーのストックがある場合は、できるだけ早く飲み切るようにするといいですね。

スポンサードリンク

ボジョレーヌーボーはいつまで飲める?

ボジョレーヌーボーをおいしく飲める期限は、できるだけ早い方がいいとお伝えしましたが、

日にちや年数が経ったからといって飲めなくなるわけではありません。

わたし自身、過去に2年前のボジョレーヌーボーを試したことが3回ほどあります。

3回とも、味はマズイの一言ですが、

「飲めない!」

と口から出すほどではありませんでした^^;

渋い酸味が強くなってましたが、もともとのフレッシュだった時の味を知らないので、いずれの時も友人たちと、

「飲めなくはないよね」

といいつつ、結果、飲みきりました。

まあ、状況としては他に飲むお酒がなくなってしまい、

押し入れにしまいこんでいた古いボジョレーヌーボーでもないよりはマシ、

といった場面で飲んだので、シラフなら手を伸ばさないところではありましたが。

同じ状況で6年前のボジョレーヌーボーを開けたことがあります。

コルクはしっかりしていましたが、グラスに注ぐと澱(おり)だらけで、見ているだけでムリ感が・・・

試しに舐めるようにちょっと口に入れてみましたが超マズでした。

きちんと保管していれば違うかもですが、押し入れやクローゼットに立てたまましまいこんでいた古いボジョレーヌーボーは不味かった^^;

ワインに賞味期限はありませんが、ボジョレーヌーボーは早飲み用に特別な製法で作られたワインで保存には向きません

熟成させておいしくなるワインと違って、ボジョレーヌーボーは出荷時が最高の品質になるように作られています。

やはり、早く飲むのにこしたことはありませんね。

ちなみに、わたしの知人の話ですが。

いただきものが多いそのお宅では、毎年、11月になるとボジョレーヌーボーもたくさんいただくので、普通に通年、ほぼデイリーに飲んでいると。

1年前とかになると味が落ちていないか聞いたところ、

「そもそもボジョレーヌーボーに普通のワインの味わいを期待してないから」

というお返事。

確かに、ボジョレーヌーボーと普通のワインは製法からして別物です。

◇ ボジョレーヌーボーの味についてはこちらに詳しく。
ボジョレーヌーボーとは何なのか味の特徴と味わい方解禁日がある理由

ボジョレーヌーボーは保存状態によって品質が変化しますし、

飲み頃が過ぎた古いボジョレーヌーボーが飲める飲めないかは、実際に開けてみないとなんとも言えないといったところです。

ワインには賞味期限はないと言われていますが、ボジョレーヌーボーの賞味期限は短いというのが、わたしの経験からの感想です。

ボジョレーヌーボーの賞味期限は?未開栓ならいつまで飲める? まとめ

ボージョレ・ヌーボーの解禁日は毎年11月の第3木曜日。

ボジョレーヌーボーは、出来立てのフレッシュさが魅力のワインです。

ワインのボトルには賞味期限はついていませんが、

ボジョレーヌーボーをおいしく飲める期限は年末まで、遅くとも翌年の春までがおすすめです。

早飲みタイプのボジョレーヌーボーは、瓶詰めされた時が一番の飲み頃。

日にちが経ったからといって飲めなくなるわけではありませんが、日に日に風味が劣化していきます。

一般的に、ワインには賞味期限はないと言われていますが、

ボジョレーヌーボーは早飲み用に特別な製法で作られたワインで保存には向きません。

ストックがある場合は、冬のあいだに飲み切るのを目安にしましょう。

毎年、解禁日が近づくと、

「今年のボジョレーはどんな味かな?」

と楽しみで、馴染みの酒屋さんで予約を入れています。

フレッシュな味わいが楽しめるうちに、年に一度のボジョレーヌーボーを楽しんでくださいね。

◇ ボジョレーヌーボーについてはこちらもご参考に。
ボジョレーヌーボー評価歴代キャッチコピーが面白い理由 誰が決める?

ボジョレーヌーボーとは何なのか味の特徴と味わい方解禁日がある理由

ボジョレーヌーボー値段の違いはどうして?価格差が生じる理由とは?

ボジョレーヌーボーはまずいのか美味しい飲み方とコンビニおつまみ

余ったボジョレーヌーボーの使い道は?赤ワイン7つの活用法!

スポンサードリンク