雨水2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介!

雨水2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介!

2019年の雨水はいつ?

どんな意味があるの?

二十四節気の中ではどんな季節?

雨水の言葉の由来は?

その疑問、解消します!

雨水とはどういった気候なのか、

雨水の期間の特徴、

雨水と雛人形との関係、

気象や旬の食べ物も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

雨水2019年はいつ?

雨水は「うすい」と読みます。

漢字だけを見ると「あまみず」と読みたくなりますが、

二十四節気の場合は「うすい」と読むので注意してくださいね。

2019年の雨水は、2月19日(火)です。

雨水は毎年2月18日頃にあります。

なぜ、「頃」というのかというと、雨水は毎年同じ日ではないからです。

年によって1~2日程度のズレが生じます。

また、雨水は期間を指すこともあります。

期間を指す場合は、2月18日頃から次の節気である「啓蟄(けいちつ)」の前日までの期間を「雨水」と呼びます。

2019年の啓蟄は3月6日(水)なので、

2019年の雨水を期間として指す場合は、2019年2月19日(火)から2019年3月5日(火)となります。

ニュースや天気予報などで、

「今日は雨水です」

と耳にすると、

節入り日の当日のみを指しているように思うかもですが、

本来は約15日間の期間を意味しています。

二十四節気の雨水とはどんな意味?

雨水は、二十四節気の一つで、

二十四節気では1年の始まりの最初の節気である立春に続き、2番めの節気となります。

二十四節気というのは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。

二十四節気は立春から始まり、大寒で終わります。
 

二十四節気

【春】

立春(りっしゅん):2月4日頃
雨水(うすい):2月18日頃
啓蟄(けいちつ):3月5日頃
春分(しゅんぶん):3月20日頃
清明(せいめい):4月4日頃
穀雨(こくう):4月20日頃

【夏】

立夏(りっか):5月5日頃
小満(しょうまん):5月21日頃
芒種(ぼうしゅ):6月5日頃
夏至(げし):6月21日頃
小暑(しょうしょ):7月7日頃
大暑(たいしょ):7月22日頃

【秋】

立秋(りっしゅう):8月7日頃
処暑(しょしょ):8月23日頃
白露(はくろ):9月7日頃
秋分(しゅうぶん):9月23日頃
寒露(かんろ):10月8日頃
霜降(そうこう):10月23日頃

【冬】

立冬(りっとう):11月7日頃
小雪(しょうせつ):11月22日頃
大雪(たいせつ):12月7日頃
冬至(とうじ):12月22日頃
小寒(しょうかん):1月5日頃
大寒(だいかん):1月20日頃

 

二十四節気は、地球と太陽の位置関係で割り当てられています。

地球から見た太陽の見かけ上の通り道を「黄道」といい、1年間で地球の周りを一周すると考えます。

黄道360度を24分割した15度間隔で、それぞれ特定の二十四節気が定められているのです。

そして、定めた点を太陽が通る日が、二十四節気のそれぞれの日にちになります。

雨水は例年、太陽黄経が330度を通る日にあたります

太陽黄経の黄経とは黄道座標における経度。

太陽黄径というのは、春分の位置を0度とした時の現在の地球から太陽の見える位置の角度のことです。

太陽黄経が、180度を通過する日が秋分です。

秋分には昼夜の長さがほぼ同じになります(実際には昼のほうがやや長い)。

太陽黄経が315度を通過する日が立春、330度を通過する日が雨水、345度を通過する日が啓蟄(けいちつ)となります。

二十四節気は今から2600年前に中国の黄河付近で誕生した暦と言われており、そのため、日本の気候と必ずしも一致しない面もあります。

ですが、毎年同じ時期に同じ節気が巡ってくることから、特に農業の目安となりやすく、日本で定着し今に至っています。

二十四節気は、今でも農作業などで使われています。

カレンダーや手帳などにも二十四節気が記されているものが多いですね。

旧暦と新暦とのズレがあることもあって、「雨水」はまだ冬を感じる2月に訪れることになります。

スポンサードリンク

雨水の節気とはどんな季節感?

二十四節気では、立春の日から立夏(5月5日頃)の前日までは『とされます。

二十四節気の2番めの節気となる雨水は、まだ2月ということもあって、とても肌寒い頃ですが、

日も長くなり、陽光に春の兆しを感じることもあります。

1787年(天明7年)に江戸で出版された暦の解説書『暦便覧(こよみべんらん)』では、雨水を、

陽気地上に発し、雪氷とけて雨水となれば也

と説明しています。

「地上が暖かくなり、雪や氷もとけて雨や水に変わる頃」

という意味です。

雨水と呼ばれるようになった由来は、

冬の間に積もった雪が春に近付き溶けて水になり、水が蒸発して空に昇り、雨となって地上に降る

ということからきていると考えられています。

二十四節気では1月20日頃の大寒から立春までは、一年のうちで最も寒い季節で、

立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が感じられるとされています。

雨水は草木が芽生える頃で、

昔から、農耕の準備を始める目安とされてきました。

雨水に吹く春一番

春を告げる「春一番」が吹くのも、雨水の頃です。

春一番というのは、立春を過ぎて初めて吹く強い南よりの風のこと。

通常は日本海で低気圧が発達することによって生じる風で、

太平洋側の異常高温や、

日本海側のフェーン現象などを引き起こします。

◇ 春一番について詳しくはこちら。
春一番とはどんな意味?気象庁が発表する理由と名前の由来とは?

雨水の三寒四温

2月といえば、都心でも大雪が降ることもありますが、

雨水の頃には『三寒四温(さんかんしおん)』という言葉をよく耳にします。

三寒四温というのは、寒い日が3日ほど続くと、そのあと4日間くら暖かくなるということ。

気温はこの周期を繰り返しながらだんだん暖かくなり、

冬から春へと向かいます。

三寒四温は、もともと、中国北部や朝鮮半島の冬の気候を表す言葉だったものです。

◇ 三寒四温について詳しくはこちら。
三寒四温の意味と使い方を教えて!いつ頃どの季節に使うのが正しいの?

雛人形は雨水の日に飾る

雨水の期間には、桃の節句、3月3日の「ひな祭り」がありますね。

雨水の日に雛人形を飾ると良縁に恵まれると言われています。

理由は諸説あるのですが、広く知られているのは日本神話由来のものです。

日本神話では『水』は命の源とされ、生命を育む根源として信仰されていました。

日本の水の女神、罔象女神(みつはのめのかみ)は、子授けや安産の神様として崇められています。

そのため、雨水の日に雛人形を飾ると、良縁に恵まれると言われるようになったと考えられています。

雨水の余寒見舞い

立春を過ぎてもまだまだ寒い時期が続きますよね。

季節の挨拶状として、立春(2月4日頃)の前日までは『寒中見舞い』ですが、

雨水に入ると『余寒見舞い』となります。

余寒見舞いは季節のご挨拶だけでなく、

年賀状の返事が遅れてしまった時や、

喪中のときに年賀状が届いた時の返事など、

年賀状の対応としても使えます。

◇ 余寒見舞いについて詳しくはこちら。
余寒見舞いの意味とは?いつからいつまで?書き方と文例7選!

雨水が旬の食べ物

雨水の食べ物の代表格は、個人的にはなんといっても「フキノトウ」。

フキノトウはこの時期に旬を迎える山菜で、1~3月ごろに採れます。

花が開く前のつぼみを味噌などと和えるのもおいしいですし、

天ぷらも格別です。

ハマグリ」もおいしい時期です。

ひな祭りにはまぐりのお吸い物は定番ですね。

ハマグリは、女性に不足がちな鉄分や、

免疫強化に役立つビタミンBが豊富に含まれています。

◇ はまぐりについてはこちらをご参考に。
ひな祭りになぜはまぐりのお吸い物レシピでわかる由来と栄養
はまぐりの砂抜き基本のやり方と砂出しを短時間でする裏技 保存方法は?
スーパーのはまぐり砂抜きは必要ないのか砂出し済みでもする理由は?

雨水2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介! まとめ

2019年の雨水は、2月19日(火)です。

雨水を期間として指す場合は、2019年2月19日(火)から2019年3月5日(火)となります。

雨水は二十四節気の一つで、1年の始まりの最初の節気である立春に続き、2番めの節気となります。

雨水は、

「地上が暖かくなり、雪や氷もとけて雨や水に変わる頃」

という意味です。

雨水の時期は、春一番が吹き、桃の節句の行事があります。

暖かくなったと思ったら、寒さがぶり返し、

風邪をひきやすい時期でもありますが、

草木も芽吹き、一日ごとに春に近づいています。

雨水は各地で梅まつりも開催されている時期、

暖かくして出かけてみるのもいいですね。

スポンサードリンク