ストロベリームーンとは?2019年はいつ?見頃と赤く見える理由もご紹介

ストロベリームーンとは?2019年はいつ?見頃と赤く見える理由もご紹介

ストロベリームーンとは?

どんな意味があるの?

2019年はいつ?

見頃の時間や方角は?

なぜ赤く見える?

その疑問、解消します!

ストロベリームーンと呼ばれる由来、

見頃のピークとポイント、

赤く見える科学的な理由も含めて、

わかりやすくお伝えします。 

スポンサードリンク
  

ストロベリームーンとは?

ストロベリームーン(英語: Strawberry Moon)』 とは、

6月の満月を指す名称です。

満月は夜空で最もドラマティックな光景。

「満月の夜には何かが起こる」

古今東西、

満月にまつわる伝承や言い伝えは数多くあり、

はるか昔から詩人やアーチスト、

そして恋人たちにとっての

インスピレーションの源にもなってきました。

ストロベリームーン、

ちょっとロマンチックなネーミングですよね。

ストロベリームーンの名前の由来は、

アメリカの先住民族が関係しています。

ストロベリームーンの名前の由来は?

アメリカの先住民族であるネイティブアメリカンが、

赤みを帯びて見える6月の満月のことを

『 ストロベリームーン 』と呼んだことから

この名前が広まりました。

日本の路地物のイチゴの旬は春の後半ですが、

アメリカでは6月がイチゴの収穫期。

そして、

夏至に近い6月の満月は、

高度が低くなり地平線に近い位置を移動するため、

朝日や夕陽が赤く見えるのと同じ理由で

赤みがかって見えるようになります。

アメリカではちょうどイチゴの収穫時期にあたることに加えて、

6月の満月が赤みがかって見えることから

イチゴが熟す頃の満月=ストロベリームーン

と呼ばれるようになったと言われています。

こちらは2017年のストロベリームーン。

ちなみに6月の満月は

ヨーロッパではバラの色に例えられて、

『 ローズムーン(Rose Moon) 』

と呼ばれています。

ストロベリームーン 2019年はいつ?

2019年のストロベリームーンは6月17日(月)になります。

2019年の夏至は6月22日(土)ですが、

この日から最も近い満月が6月17日(月)です。

満月の瞬間は午後5時31分。

満月の瞬間だけがストロベリームーンというわけではないので、

あくまで参考値としてくださいね。

月の出は17日午後7時ごろ、

方角は東です。

南中は18日午前0時ごろ

南中高度は約30°、

月の入りは18日午前5時ごろ

西に沈みます。

よく勘違いしている人が多いんですが、

月も太陽と同じく東から西に移動します

東から昇って西に沈むように見えるのは地球の自転のせいなので、

基本的に皆同じなのです。

観察している人間が地球上の1点にいて、

地球と共に西から東へ回っていくため、

見かけ上、

空に見える星や太陽や月が、

東から西へと動いていくように見えるわけです。

太陽は昇ってから沈むまでずっと見えますが、

月は空が暗くならないと目立たないので

わかりにくいですよね。

月は東から西に移動する

を意識して、

見る時間帯に合わせて

見る方角を調整してください。

ストロベリームーンは普段の満月よりもかなり低空にあるので、

真上ではなく少し低空を探してくださいね。

スポンサードリンク

ストロベリームーンの見頃の時間は?

月の入りは6月18日の午前5時ごろなので、

ストロベリームーンの見頃としては

6月17日(月)の午後8時から午後10時頃(20:00~22:00)がおすすめです。

赤く見える見頃の時間は?

ストロベリームーンは、

月の出(月がのぼってくる)の時と、

月の入り(月が沈む)の時に、

最も赤く見えやすいという説もあります。

ストロベリームーンが赤く見える理由は?

ストロベリームーンという名前から、

イチゴの色のイメージで、

月がきれいな赤色に見えると思われがちですが、

実際はきれいな赤色ということではありません^^;

赤く見えるというよりは、

「ふだんより赤みがかって見える」

といったレベルです。

友人のひとりは、

「色合い的にはボンレスハムっぽかった」

と言ってましたがw

別な友人は

「ちゃんと赤っぽく見えたよ」

と言い、

わたし自身はストロベリーアイスを連想するような、

ピンク色っぽいストロベリームーンに遭遇したこともあります。

前述のように月を観る時間によっても、

ストロベリームーンの色合いは異なるようです。

なぜストロベリームーンは赤く見える?

夏至に近い6月の満月が赤く見える理由については少し触れましたが、

ストロベリームーンが赤く見える原理を

もう少し具体的にお伝えしますね。

月は自分で光っているわけではなく、

太陽の光を反射することで、

光っているように見えています。

月は地球の周りを回転しているので、

地球から見ると太陽の光があたらないところも見えます。

これが『月の満ち欠け』で、

満月というのは、

『月に太陽の光があたっている部分が全て見えている状態』

です。

夏至の頃、

満月の高度は低いところにあるため、

太陽の光が月に届くまでに、

地球の大気を通過する距離が長くなります。

地球の大気を通過する距離が長くなると、

太陽の光に含まれている波長の短い青い光は、

地球の大気により散乱され、

月まで届かなくなるのですが、

波長の長い赤い光は散乱しにくいので、

月まで届くんですね。

空が青いのもこの理由からで、

波長の短い青い光が散乱されるので青く見えます。

夕日が赤く見えるのは、

太陽が低い位置にある関係で、

波長の長い赤い光が強く出ているからです。

これと同じ状況で、

波長の長い赤い光が月に反射して、

ストロベリームーンが赤く見えるのです。

つまり、

ストロベリームーンは月の高度の違いによって起こる現象

赤い色が強く反射された満月がストロベリームーンというわけです。

ストロベリームーンとは?2019年はいつ?見頃と赤く見える理由もご紹介 まとめ

『 ストロベリームーン(Strawberry Moon)』とは、

6月の満月のこと。

ネイティブアメリカンによる呼び名にちなんだ名前です。

アメリカではちょうどイチゴの収穫時期にあたることに加えて、

6月の満月が赤みがかって見えることから

『 イチゴが熟す頃の満月=ストロベリームーン 』

と呼ばれるようになったと言われています。

2019年のストロベリームーンは6月17日(月)。

ストロベリームーンの見頃としては、

6月17日(月)の午後8時から午後10時頃がおすすめですが、

ストロベリームーンは月の出&月の入りが、

最も赤く見えやすいという説もあります。

神秘的な色合いのストロベリームーンですが、

赤く見えるのは月の高度の違いによって起こる現象で、

科学的な理由があるものです。

ストロベリームーンは、

「恋を叶えてくれる月」

とも言われています。

ストロベリームーンの日は空が晴れることを願って、

ロマンチックに月を眺めるのもいいですね。

◇ ストロベリームーンならではの簡単なおまじないはこちら。
ストロベーリームーンに行う願い事や恋愛が叶うおまじないをご紹介!

◇ 願い事に効果があると言われるスーパームーンについてはこちら。
スーパームーンとは?2019年はいつ?見頃のおすすめ時間帯もご紹介!

スーパームーンの願い事で金運アップ!満月パワーで開運する秘訣とは?

スーパームーンの恋愛に効くおまじない!願い事が叶う方法とやり方とは?

スポンサードリンク