ズッキーニを長持ちさせる保存方法!常温 冷蔵庫 冷凍 日持ちのコツとは?

ズッキーニを長持ちさせる保存方法!常温 冷蔵庫 冷凍 日持ちのコツとは?

すぐに使わないズッキーニを長持ちさせる保存方法は?

常温や冷蔵庫、冷凍で日持ちさせるコツは?

その疑問、解消します!

常温とは何℃なのか、

冷蔵庫で日持ちさせるポイント、

冷凍保存の特徴、

より長く冷凍保存ができる方法も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

ズッキーニの保存は常温でどのくらい?

旬の夏野菜がたくさん店頭に並ぶ今の時期、

ズッキーニもおいしいですね。

食感はナスにも似て、

クセが無いのでいろんなお料理に合います。

ズッキーニは細長い見た目やその形がキュウリに似ていることから、

キュウリの仲間かと思われがちですが、

実はかぼちゃの仲間です。

ズッキーニは、ウリ科カボチャ属の果菜で、

ペポカボチャというかぼちゃの一種。

ハロウィンでよく見かけるオレンジ色のかぼちゃ(ジャック・オ・ランタン)もペポカボチャの一種です。

イタリア語でズッキーニはズッキーナ(単数形)、

もしくはズッキーネ(複数形)と呼ばれ

「小さなかぼちゃ」 っていう意味があります。

ズッキーニを常温で保存する場合は、

そのまま置いておくのではなく

新聞紙で包んで風通しの良い冷暗所に置いて保存しましょう。

こうすることで、ズッキーニの水分が蒸発しにくくなり長持ちします。

ズッキーニは非常に乾燥しやすい果肉なので、

たくさんある場合は、1本1本別々に包みます

ズッキーニをそのままの状態で置いておくと、

鮮度にもよりますが2日もしないでへなってきます。

水分が抜けちゃうんですね。

ちなみに、常温というのは約15℃~25℃のことを言います。

なので、25℃を超えるような場合はNGですが、

ズッキーニを常温で保存する場合、

日持ちの目安としては1週間くらい。

環境によっては2週間くらい保つ場合もありますが、

おおむね1週間と思っておくと良いと思います。

ズッキーニの保存を冷蔵庫でする場合

ズッキーニを最適に保存する温度は

10℃~20℃が理想と言われています。

冷蔵庫の野菜室でもズッキーニにとっては低すぎるので、

日持ちをさせたければ、

ズッキーニを新聞紙やキッチンペーパーなどで包み、

ビニール袋に入れて保存します。

表面が柔らかいズッキーニは傷がつきやすく、

乾燥に弱い上、低温も苦手です。

新聞紙などで保護してあげると快適な環境になります。

この時、可能であればズッキーニは立てて保存します。

切り口(へた)のほうを上にします。

なぜ立てて保存するかというと、

野菜や果物は育った状態と同じようにして保存するほうが

長持ちするからです。

ズッキーニの保存は野菜室など冷蔵庫で3日~5日くらい。

鮮度にもよりますが、

上手に保存すると1週間程度は保ちます。

 
POINT!
ズッキーニを冷蔵庫で長く保存するコツは、

表面の水気をキッチンペーパーなどでしっかり拭いておくこと。

採れたての新鮮なズッキーニには朝露が残っていることもありますし、

買い物から帰ってくる間に

温度差でズッキーニの表面に水滴が出ることもあります。

水分が残っているとそこから傷むので、

新聞紙やキッチンペーパーなどで包む前に、

しっかり水気を取っておきましょう。

カットしたズッキーニの保存は?

調理で使い切らず、半分にカットした後や

スライスして残ったズッキーニは、

断面が空気に触れないように

ピッタリとラップをして

新聞紙やキッチンペーパーなどで包んでからビニール袋などに入れ

野菜室で保存します。

カットした野菜は傷むのが早いので、

2日~3日で使い切るのがおすすめです。

スポンサードリンク

ズッキーニを冷凍保存するコツは?

ズッキーニに限らずですが、

夏野菜は傷みやすく

収穫してから時間が経てば経つほど劣化し、

味も風味も落ちていきます。

1週間以上食べられない場合は、

冷凍保存がおすすめです。

冷凍した場合の保存期間は約2週間です。

時間がある時に下処理をして冷凍保存しておくと、

冷凍のまますぐに使えるのでとても便利です。

ただし、冷凍するとズッキーニは水分が多いので、

繊維質が壊れ食感が柔らかくなってしまい、

風味も生に比べると劣ってしまいます。

なので、柔らかくてもいい煮物や汁物、

型崩れしてもいい炒めものなどに使うのがおすすめです。

カレーやラタトゥイユ、

味噌汁などでは気になりません。

解凍すると水分が出てしまうので、

凍ったまま調理に使ってくださいね。

ズッキーニの冷凍の仕方

ズッキーニは丸ごと冷凍するのではなく、

カットしてスライスしたものを冷凍します。

ズッキーニを冷凍保存する時のコツは、

使うときに取り出しやすいようにしておくことです。

カットしたものをそのままフリーザーバッグなどに入れると、

ズッキーニ同士がくっついてしまい

欲しい量を取り出せなくなります。

ひと手間かかりますが、

ズッキーニが重ならないようにバットや発泡スチロールに並べ、

一度冷凍してからフリーザーバッグなどに移して保存すると、

取り出しやすくなります。

■ ズッキーニの冷凍のやり方

1. ズッキーニをきれいに洗い水分をしっかり拭き取る

2. 生のまま適当な大きさ(5mm~1cm)にカットする

3. ズッキーニを取り出しやすいようにバットなどに並べ冷凍庫へ入れる

4. 凍ったらフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫で保存する

5. 調理時は凍ったまま料理に加えてOK

ズッキーニの冷凍をより長持ちさせる方法

ズッキーニの冷凍は生のまま冷凍するより

下処理をしてから冷凍すると

約1ヶ月保存することができます。

  • 茹でてから冷凍する
  • 炒めてから冷凍する

それぞれご紹介しますね。

■ ズッキーニを茹でて冷凍する

1. ズッキーニをきれいに洗い水分をしっかり拭き取る

2. 生のまま適当な大きさ(5mm~1cm)にカットする

3. 塩少々を入れた熱湯でかために茹でる

4. ザルに上げ水分を切りながら冷ます

5. ズッキーニを取り出しやすいようにバットなどに並べ冷凍庫へ入れる

6. 凍ったらフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫で保存する

7. 調理時は凍ったまま料理に加えてOK

■ ズッキーニを炒めて冷凍する

1. ズッキーニをきれいに洗い水分をしっかり拭き取る

2. 生のまま適当な大きさ(5mm~1cm)にカットする

3. フライパンに油をひき炒める

4. 塩少々を加える

5. バットの上に並べて冷やす

5. 冷めたら冷凍庫へ入れる

6. 凍ったらフリーザーバッグなどに入れて冷凍庫で保存する

7. 調理時は凍ったまま料理に加えてOK

ズッキーニを長持ちさせる保存方法!常温 冷蔵庫 冷凍 日持ちのコツとは? まとめ

ズッキーニを常温で保存する場合、

日持ちの目安としては1週間くらい。

常温というのは約15℃~25℃なので、

25℃を超えるようなら冷蔵庫の野菜室で保存しましょう。

ズッキーニは冷蔵庫で3日~5日くらい、

冷凍保存は生のままだと2週間、

下処理をすると約1ヶ月保存することができます。

ズッキーニは冷凍すると柔らかい食感になりますが、

解凍せずにそのまま調理に使えるという利点もあります。

我が家の定番は生ズッキーニの簡単ナムル。

スライスしたズッキーニを塩もみして、

ぎゅっと水分を絞ったら、

ごま油と白ごまをかけていただきます。

火を使わなくてできるので、

暑い夏はとっても助かります。

お醤油をちょっと垂らしてもおいしいので、

ぜひ試してみてください。

◇ 美味しいズッキーニの選び方はこちらをご参考に。
美味しいズッキーニの見分け方!新鮮さを見分ける6つのポイントとは? 

◇ 夏野菜の話題 こちらもどうぞ♪
オクラを長持ちさせる保存方法!冷蔵庫の使い方と冷凍保存のコツ

ゴーヤの保存を長持ちさせる方法!常温 冷蔵庫 冷凍 日持ちのコツとは?

みょうがの保存を長持ちさせる方法!常温 冷蔵庫 冷凍 日持ちのコツとは?

みょうがを食べると物忘れすると言うのはなぜ?効能と栄養もご紹介!

スポンサードリンク