暑気払いとはどういう意味?言葉の一般的な使い方と使われる時期

暑気払いとはどういう意味?言葉の一般的な使い方と使われる時期

暑気払いとはどういう意味?

飲み会のこと?

本来の目的は?

一般的な使い方は?

時期はいつからいつまで?

その疑問、解消します!

暑気払いは何をするものなのか、

どのような由来から行われているのか、

いつ頃するのかも含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

暑気払いとはどういう意味?

社会人になると「暑気払い」に誘われることも多いですよね。

暑気払いは「しょきばらい」と読みます。

わたしが住んでいるマンションでも、毎年8月の第二土曜日は暑気払いが恒例行事になっていて、住民同士、親睦を深めているようです(参加したことはありません^^;)

ところで、暑気払いを「飲み会」のことだと思っている人も多いようですが、それはちょっと誤解があります。

本来、暑気払いとは、暑い夏に冷たい食べ物や飲み物を摂ることで身体の熱を取り去り、暑さを打ち払うならわしです。

夏の熱がこもった身体を、食べ物や飲み物で涼しくするわけです。

スイカやかき氷、きゅうりやゴーヤ、冷たいそうめんや冷や麦などは暑気払いの代表的な食べ物です。

冷たい麦茶や冷えたビールも涼しくなりますよね。

名前の通り、暑気払いは暑さを払う(取り去る)ということです。

暑気払いには、夏の暑さで身体に溜まった熱気を取り除くことで、身体のバランスを正しくしよう、という意味合いもあります

昔は、冷たい食べ物や飲み物の他に、漢方薬を飲むことでも暑気払いが行われていました。

また、暑さで火照った身体を冷やすために、薬湯(枇杷湯、桃湯、どくだみ湯など)や行水、川遊びなどでも暑気払いをしていたようです。

今なら、プールに入ったりするのも暑気払いですね。

冷えたビールなどを飲んで身体を冷やすのも「暑気払い」という行為になります。

このあたりが、飲み会や宴席が暑気払いとして設けられる由縁です。

暑気払いは、“身体を冷やす” という行為がないと、本来の目的とはズレてしまうのですが、冷たいものを口にしなくても、飲み会で元気回復となれば、身体を正すという意味合いからいっても、れっきとした暑気払いになるわけです。

暑気払いの時期はいつからいつまで?

「暑気払い」という言葉を使う時期、暑気払いをする時期については、特に決まりはありません。

暑さを取り去るのが目的なので、暑い時期ならいつでもOK。

一般的には、梅雨が明ける頃から秋分の9月20日頃までが暑気払いの時期になっているようです。

ビール党なら、「ビールが美味しい時期」と覚えておくといいかもですね^^

暑気払いは会社の行事や学校の行事でも開催されるので、夏休みを挟んで、9月に入ってから行われることも珍しくありません。

暑気払いが催される際の目安になるのは、昔から使われている暦です。

  • 夏至(6月21日頃)
  • 夏越しの祓(6月30日)
  • 小暑(7月7日頃)
  • 土用(7月20日頃)
  • 大暑(7月23日頃)
  • 立秋(8月7日頃)
  • 処暑(8月23日頃)

このような暦を参考にしている人が多く、暑気払いのお誘いメールには、

立秋を過ぎても酷暑の毎日、暑気払いを催すことにしました!

などと書かれています。

目安となる昔の暦の意味を簡単にお伝えしますね。

スポンサードリンク

夏至(6月21日頃)

夏至は夏の訪れを意味します。

1年で最も高く太陽が昇る頃で、1年で最も昼が長い日。

「夏に至る」と書くように、本格的な夏が始まる頃ですが、ほとんどの地域ではまだ梅雨明けしていません。

◇ 夏至についてはこちらに詳しく
夏至2018年はいつ?日の出と日の入り日照時間からわかる意味と時期

夏越しの祓(6月30日)

夏越しの祓(なごしのはらえ)は、穢れを祓い心身を清め、無病息災を願う行事。

和菓子の水無月を食べたり、お酒を飲んだりして、暑気払いをする習慣があります。

小暑(7月7日頃)

小暑は本格的に暑くなり始める日です。

各地で梅雨明けが近づき、夏到来!といった頃です。

◇ 小暑についてはこちらに詳しく
小暑2018年はいつ?意味と由来でわかる暑中見舞いや梅雨入りとの関係

土用(7月20日頃)

土用は立秋前の約18日間を指します。

季節の変わり目とされ、大暑とも重なります。

◇ 土用についてはこちらに詳しく
土用の丑の日は夏だけじゃない!土用の意味とうなぎを食べる理由

大暑(7月23日頃)

大暑は最も暑い時期です。

梅雨が開けて、夏の真っ只中の頃合いです。

◇ 大暑ついてはこちらに詳しく
大暑2018年はいつ?二十四節気の折返しに食べるべき旬の食べ物とは?

立秋(8月7日頃)

立秋は暦の上では秋。

立秋の日を境に、「暑中見舞い」は「残暑見舞い」となります。

◇ 立秋についてはこちらに詳しく
立秋2018年はいつ?意味や由来でわかる真夏の「暦の上では秋ですが」

処暑(8月23日頃)

処暑は暑さが和らぐ頃という意味です。

処暑の「処」は「止まる」という意味で、厳しい暑さがおさまり、朝晩が過ごしやすくなります。

台風が活発になるのもこの頃です。

暑気払いとはどういう意味?言葉の一般的な使い方と使われる時期 まとめ

暑気払いとは、暑い夏に冷たい食べ物や飲み物を摂ることで身体の熱を取り去り、暑さを打ち払うならわしです。

夏の暑さで身体に溜まった熱気を取り除くことで、身体のバランスを正しくしよう、という意味合いがあります。

「暑気払い」という言葉を使う時期、暑気払いをする時期については、特に決まりはありません。

暑さを取り去るのが目的なので、暑い時期ならいつでもOK。

一般的には、梅雨が明ける頃から秋分の9月20日頃までが暑気払いの時期になっているようです。

暑気払いという言葉の本来の意味からすると、

「暑気払い=飲み会」

というのは違いますが、今は、

「冷えたビールに美味しいものでも食べて、みんなで暑い夏を乗り越えよう!」

といった呼びかけで飲み会が開かれることが多くあります。

また、会社や学校、町内会などの集まりなどでは、暑気払いは「納涼会」のような意味合いでイベントが開催されることもあります。

このように暑気払いは、コミュニティの交流の場としての側面もあります。

イベントとしての暑気払い、身体を冷やす効果があるものを取り入れる暑気払い、どちらも楽しみながら、厳しい夏の暑さを乗り切りたいですね。

スポンサードリンク