十五夜2018年のお月見はいつ?中秋の名月は満月とは限らない?

十五夜2018年のお月見はいつ?中秋の名月は満月とは限らない?

十五夜2018年のお月見はいつ?

満月は見られる?

中秋の名月が満月とは限らないのはどうして?

その疑問、解消します!

十五夜と中秋の名月とは何を指すのか、

満月じゃないことの方が多い理由、

今後の中秋の名月と満月の日程も含めて、わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

2018年の十五夜はいつ?

日本の秋を代表する風物詩といえば、十五夜のお月見ですね。

十五夜とは本来「満月」のこと。

月は満ち欠けを繰り返しており、新月から満月になるまでに約15日かかります。

そのことから、満月を「十五夜」と呼ぶようになりました。

満月の中でも、とりわけ旧暦8月15日頃の満月は、一年で最も明るく美しいとされ、「中秋の名月」ともいわれてきました。

一般的には、「中秋の名月」と「十五夜」は、旧暦(太陰太陽暦)の8月15日の夜に見える月のことを指します。

2018年の十五夜(中秋の名月)は、9月24日(月)です。

十五夜は毎年違う日?

十五夜は毎年違う日にちになります。

旧暦の8月15日が十五夜。

旧暦というのは、月の満ち欠けを基準にして作られた暦です。

そのため、現在の太陽の動きを基準にしている暦(新暦)との間にはズレが生じてしまからです。

実際には、毎年9月中旬~10月上旬の間に旧暦の8月15日がやってくることになります。

十五夜早見表2018-2025

こうしてみると、中秋の名月の日である「旧暦8月15日」には、かなりばらつきがありますね。

旧暦と新暦のズレには2週間以上の幅があるため、十五夜関連の行事を毎年9月15日に固定化しているところもあります。

そうしたことから、十五夜は9月15日と思っている人も多いのですが。それは間違い。

お月見の日は「旧暦」で行う行事なので、今の太陽暦にすると毎年違う日になり一定しないのです。

十五夜は満月とは限らない?!

十五夜といえば満月のイメージですが、十五夜と満月は同日とは限りません。

2018年の十五夜は9月24日(月)ですが、満月は9月25日(火)となります。

十五夜がいつも満月じゃない理由とは?

「十五夜」というと満月のイメージが強いですよね。

ですが、実際は、中秋の名月は必ずしも満月とは限りません。

十五夜&満月早見表2018-2025

十五夜と満月は、1日前後ずれていることのほうが多く毎年変わります。

なぜかというと、月が満月になる周期に14日~16日と振れ幅があるためです。

十五夜が満月とは限らない主な理由を2つ、簡単にお伝えしますね。

スポンサードリンク

十五夜と満月がずれる理由その1

十五夜といえば、まんまるお月さまを期待したいところですが、毎年満月というわけにいかないのは仕方のないところです。

というのは、前述のように、十五夜とは、満月の夜のことを表し、旧暦の15日のことを言います。

旧暦の15日は満月で、中秋の名月に限らず、毎月15日を十五夜と呼んでいました。

旧暦にはうるう月があったため、旧暦でいうところの十五夜は年に12~13回ありました。

ですが、旧暦では、新月の日を1日として1ヶ月が始まるので、15日と満月は一致していました。

旧暦では『月』に合わせて暦が決まっていましたが、今わたしたちが使っている暦(新暦)なので、月と日付は関係ありません。

加えて、現在の旧暦の計算方法は当時とは異なるので、暦の上での旧暦の15日と満月は一致しないのです。

十五夜と満月がずれる理由その2

旧暦8月15日の『月』のことを「十五夜」「中秋の名月」と呼んでいるのは、『暦』の言葉です。

対して、「満月」というのは、『天文学』の言葉です。

天文学で言う「満月」とは、地球の中心から見た太陽と月の角度が180度になる瞬間の月のこと。

つまり、天文学的には「満月」はほんの「瞬間」でしかありません。

一般的には、「満月」になる瞬間を含む日に昇ってくる月のことを、

今夜の月は満月だ

という言い方をしますよね。

「十五夜(中秋の名月)」と「満月」は、どっちも似たような状態の月(真ん丸、もしくはそれに近い形の月)を指してはいます。

ですが、それらの定義となっているそもそもの基準が違うというわけです。

『暦』と『天文学』では別ジャンルです。

そのため、必ずしも「十五夜=満月」とはならないわけです。

十五夜2018年のお月見はいつ?中秋の名月は満月とは限らない? まとめ

2018年の十五夜(中秋の名月)は、9月24日です。

十五夜は毎年違う日にちになります。

お月見の日は「旧暦」で行う行事なので、今の太陽暦にすると毎年違う日になり一定しません。

十五夜といえば満月のイメージですが、十五夜と満月は同日とは限りません。

2018年の十五夜は9月24日(月)ですが、満月は9月25日(火)となります。

旧暦では、新月の日を1日として1ヶ月が始まるので、15日と満月は一致していましたが、新暦を使うようになってズレが生じるようになりました。

また、暦の言葉である「十五夜」と「中秋の名月」に、天文学の言葉の「満月」を連動させるのもムリが生じてきます。

十五夜は毎月ありますが、中秋の名月と呼ばれる十五夜は一年に一度です。

年に一度の今年の十五夜は、綺麗な月を眺められるといいですね。

◇ お月見についてはこちらもご参考に。
十六夜2018年はいつ?どんな月なのか意味と由来でわかる楽しみ方!

十五夜にお月見をする意味と由来!なぜ中秋の名月や芋の名月と呼ぶ?

十五夜のお月見にススキをなぜ飾る?飾り方と花屋以外で手に入る場所

月のうさぎ模様は海外ではどう見える?うさぎが月にいる理由と昔話

基本の月見団子作り方の簡単レシピと上新粉や白玉粉を使わないお団子
 
お月見団子の超簡単レシピと数による並べ方飾り方&のせる台の作り方

スポンサードリンク