立春2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介!

立春2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介!

2019年の立春はいつ?

どんな意味があるの?

二十四節気の中ではどんな季節?

立春の特徴や位置づけは?

その疑問、解消します!

立春とはどういった気候なのか、

立春の期間の特徴、

立春と節分の関係、

立春を起算とする行事や事柄も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

立春2019年はいつ?

立春は「りっしゅん」と読みます。

2019年の立春は、2月4日(月)です。

立春は毎年2月4日頃にあります。

なぜ、「頃」というのかというと、立春は毎年同じ日ではないからです。

年によって1~2日程度のズレが生じます。

また、立春は期間を指すこともあります。

期間を指す場合は、2月4日頃から次の節気である「雨水(うすい)」の前日までの期間を「立春」と呼びます。

2019年の雨水は、2月19日(火)なので、

2019年の立春を期間として指す場合は、2019年2月4日(月)から2019年2月18日(月)となります。

ニュースや天気予報などで、

「今日は立春です」

と耳にすると、

節入り日の当日のみを指しているように思うかもですが、

本来は約15日間の期間を意味しています。

二十四節気の立春とはどんな意味?

立春は、二十四節気の一つで、

立春が二十四節気では1年の始まりの最初の節気となります。

二十四節気というのは、1年を春夏秋冬の4つの季節に分け、さらにそれぞれを6つに分けたものです。

二十四節気は立春から始まり、大寒で終わります。
 

二十四節気

【春】

立春(りっしゅん):2月4日頃
雨水(うすい):2月18日頃
啓蟄(けいちつ):3月5日頃
春分(しゅんぶん):3月20日頃
清明(せいめい):4月4日頃
穀雨(こくう):4月20日頃

【夏】

立夏(りっか):5月5日頃
小満(しょうまん):5月21日頃
芒種(ぼうしゅ):6月5日頃
夏至(げし):6月21日頃
小暑(しょうしょ):7月7日頃
大暑(たいしょ):7月22日頃

【秋】

立秋(りっしゅう):8月7日頃
処暑(しょしょ):8月23日頃
白露(はくろ):9月7日頃
秋分(しゅうぶん):9月23日頃
寒露(かんろ):10月8日頃
霜降(そうこう):10月23日頃

【冬】

立冬(りっとう):11月7日頃
小雪(しょうせつ):11月22日頃
大雪(たいせつ):12月7日頃
冬至(とうじ):12月22日頃
小寒(しょうかん):1月5日頃
大寒(だいかん):1月20日頃

 

二十四節気は、地球と太陽の位置関係で割り当てられています。

地球から見た太陽の見かけ上の通り道を「黄道」といい、1年間で地球の周りを一周すると考えます。

黄道360度を24分割した15度間隔で、それぞれ特定の二十四節気が定められているのです。

そして、定めた点を太陽が通る日が、二十四節気のそれぞれの日にちになります。

立春は例年、太陽黄経が315度を通る日にあたります

太陽黄経の黄経とは黄道座標における経度。

太陽黄径というのは、春分の位置を0度とした時の現在の地球から太陽の見える位置の角度のことです。

太陽黄経が、180度を通過する日が秋分です。

秋分には昼夜の長さがほぼ同じになります(実際には昼のほうがやや長い)。

太陽黄経が300度を通過する日が大寒(だいかん)、315度を通過する日が立春、330度を通過する日が雨水(うすい)となります。

二十四節気は今から2600年前に中国の黄河付近で誕生した暦と言われており、そのため、日本の気候と必ずしも一致しない面もあります。

ですが、毎年同じ時期に同じ節気が巡ってくることから、特に農業の目安となりやすく、日本で定着し今に至っています。

二十四節気は、今でも農作業などで使われています。

カレンダーや手帳などにも二十四節気が記されているものが多いですね。

二十四節気の1番めの節気となる立春は、暦の上ではこの日から春が始まります

スポンサードリンク

立春とはどんな季節感?

二十四節気では、この立春の日から立夏(5月5日頃)の前日までは春とされます。

立春は春が立つと書くように、旧暦では春が始まる日になります。

「立」がつくと新しい季節になるという意味があります。

立夏・立秋・立冬も同じで、四季の節目の意味があります。

ちなみに、立春・立夏・立秋・立冬の4つを「四立(しりゅう)」といいます。

1787年(天明7年)に江戸で出版された暦の解説書『暦便覧(こよみべんらん)』では、立春を、

春の気たつを以て也

と説明しています。

「春の気配が立つ(新しい季節がくる)」

という意味で、

春の気配が感じられる頃

といった意味合いです。

二十四節気では1月20日頃の大寒から立春までは、一年のうちで最も寒い季節で、

立春を過ぎると少しずつ寒さが緩み始め、春の気配が感じられるとされています。

寒さの頂点は過ぎて、徐々に春に向かってゆく頃合いですね。

日ごとに日が長くなり、草木に芽がではじめます。

立春の2月4日頃はそろそろなどが開花することがある九州などと、

ゴールデンウィーク頃までは積雪が残っているところもある北海道など、

同じ日本でも南と北では気温が格段に違いますね。

ですが、だんだん日脚が伸びるので、次第に春の気配を感じるようになります。

立春には日の入りは冬至の頃より約40分遅く、日の出は約10早く、昼間の時間が約50分長くなっています

立春を過ぎても、体感的にはまだまだ寒い日が続きますが、

季節は確実に春へと歩みを進めています。

立春以降に初めて吹く暖かい突風は「春一番」と呼ばれます。

春一番が吹くと、次第に気温も上昇してきます。

「立春」の前日は節分

立春・立夏・立秋・立冬の4つを「四立(しりゅう)」と呼ぶことは少し触れましたが、

四立を境に「季『節』」が「『分』かれる」ということから、

立春・立夏・立秋・立冬の前日を『節分』といいます。

わたしたちが普段、『節分』と読んでいるのは2月の節分(2月3日頃)だけですが、

実は、節分は年に4回あるんですね。

2月の節分が行事としてメジャーなのは、立春が1年の始めのお正月のような意味を持っていたためと考えられています。

「立春」は雑節の起算日

「立春」は雑節の起算日(第1日目)となっています。

雑節というのは、日本の暦用語です。

二十四節気や五節供のように中国から伝わったものではなく、日本人の生活文化から生まれた日本独自の特別な暦日で、

主に農作業と照らし合わせた季節の目安となっています。

この日から数えて88日目を「八十八夜」、

210日目を「二百十日」、220日目を「二百二十日」など、さまざまな行事が行われます。

◇ 八十八夜について詳しくはこちら。
八十八夜とはどんな意味?2019年はいつ?茶摘みの歌詞とお茶との関係

◇ 二百十日・二百二十日について詳しくはこちら。
二百十日とは何の日?農家の厄日と呼ばれる理由と風祭り行事の意味

二百二十日2019年はいつ?農家の三大厄日とされる理由とは?

「立春」は桜の起算日

桜の開花時期の目安として、「立春」からの最高気温の合計が540℃という概算法があります。

(ほかに、元日からの平均気温の合計が600℃、2月1日からの最高気温の合計が600℃という方法もあります)

立春2019年はいつ?二十四節気ではどんな季節感?意味と特徴をご紹介! まとめ

2019年の立春は、2月4日(月)です。

立春を期間として指す場合は、

2019年2月4日(月)から2019年2月18日(月)となります。

立春は二十四節気の一つで、

この立春が、二十四節気では1年の始まりの最初の節気となります。

節分を終えてから、春の始まりとして迎えられる立春の季節感は、

『春の気配が感じられる頃』

寒さの頂点は過ぎて、徐々に春に向かってゆく頃合いです。

2月はまだまだ寒さが厳しい時期ですが、梅の開花便りが聞こえ、春一番が吹くと桜ももうすぐ。

春の気立つをもって也、

春はすぐそこまで来ています。

◇ 関連記事
立春の候とはどんな意味?いつまで使える?挨拶と結び例文20選!

スポンサードリンク