母の日プレゼントに添えるメッセージカードの書き方 3つのポイントをご紹介

母の日プレゼントに添えるメッセージカードの書き方 3つのポイントをご紹介

母の日のプレゼントに添えるメッセージカードの意味とは?

どんなことを書けばいいの?

書き方のポイントは?

その疑問、解消します!

メッセージカードに適度な行数、

手書きにするメリット、

母の日のメッセージで大切なことも含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

母の日プレゼントに添えるメッセージカードの意味とは?

ゴールデンウイークが開けると母の日

毎年5月の第2日曜日は母の日です。

以前行われたアンケートによると、

「母の日に一番嬉しかった贈り物は何ですか」

という質問に、

「手紙」

という回答が多く集まりました。

気持ちを言葉にした手紙は嬉しいもの。

1年に1度、

お母さんに感謝の気持ちを伝たい母の日、

品物のプレゼントだけでなく、

毎日頑張っているお母さんへ、

「いつもありがとう」

の気持ちを言葉で伝えてみませんか?

便箋に綴る手紙はちょっとハードルが高くても、

手書きのメッセージカードを添えるだけで、

お母さんはもっと嬉しい気持ちになれるはず。

「手書きは大変」

と思う人もいるかもですが、

長い文章を書く必要はありません。

2~3行あれば十分です。

メールやSNSが主流の時代ですが、

メッセージカードの良さは、

もらった人の印象に残りやすいところです。

もちろんメールも相手を思って文面を作成するものですが、

同じ「ありがとう」の一文でも、

手書きのものだと、

グッと気持ちが伝わるものです。

また、

書き手にとっても手書きには良いところがあります。

手書きのメリットは、

自分の手を使って書き出すことで、

無意識の感情も整理ができることにあります。

こんなことを伝えたかったんだ

とか、

こんなふうに思っていたんだ

といったように、

自分の気持ちを発見するきっかけになります。

手で書くという作業はゆっくり行えるので、

気持ちもいつの間にかリラックスしてきます。

ほんの数行のメッセージカードで、

あなたのお母さんに対する気持ちが、

あなたの言葉で直接伝わるのですから、

とても簡単な親孝行です^^

改めて言うのは照れくさい言葉や気持ちを伝えたい時も

メッセージカードならあなたの心が届きます。

お母さんはメッセージに長さを求めていません。

大切なのは、

母の日のために心を込めて用意した

ということ。

母の日のメッセージカード、

書き方のポイントをお伝えしますね。

母の日のメッセージカードの書き方 3つのポイント

「メッセージカードなんて普段書かない」

という人も多いですよね。

お母さんに日頃の感謝の気持ちを込めたメッセージカードを書きたいと思っても、

何をどう書いていいのか、

どのように書いたらいいのか、

とても悩ましいところだと思います。

でもご安心を。

シンプルイズベストです。

手書きするからといって、

かしこまる必要はありません。

お母さんの喜ぶ顔を思い浮かべて、

語りかけるような感じでイメージしてみましょう。

母の日のメッセージカードを書く時の3つのポイント

何を書いたら良いのか手が止まってしまったら、

以下の3つのポイントをチェックしてみましょう。

  • 『お母さんがあなたや家族のためにしてくれていること』
  • 『素直な感謝の気持ち』
  • 『お母さんの健康を気づかう』

この3つのどれかひとつをテーマにすると、

メッセージカードの文面も考えやすくなります。

もちろん、

2つを取り入れても

3つ全部とりいれてもOK。

それぞれひとつずつお伝えしますね。

スポンサードリンク

お母さんがあなたや家族のためにしてくれていること

まずは質問です。

あなたがお母さんに『してもらったこと』は何ですか?

あまりに当たり前すぎて考えたこともなかったとか、

質問されて考えてみると、

その多さに驚くという人もいるかもです。

わたしたちはみんな、

お母さんのおかげで生まれてきました。

そして、

食事や洗濯・掃除など身の回りのこと、

たくさんのことをしてもらいました。

一人暮らしの経験があればわかるかと思いますが、

ご飯の支度ひとつをとっても、

毎日毎日準備するのはとても大変なことです。

家族の誰かが病気をしたり、

困ったことに遭遇したり、

悩んだり苦しんだりした時も、

その時々でお母さんに助けられてきたのではないでしょうか。

あの日あの時の、お母さんの気持ち。

お母さんはいつだってあなたや家族のことを気にかけています。

今までの出来事を振り返ってみるだけでも

自然にお母さんに対する、

たくさんの感謝の言葉があふれてくるのではと思います。

素直な感謝の気持ち

改めて言うのは照れくさい言葉や気持ちを伝えたい時、

メッセージカードは心を届けるとお伝えしましたが、

たったひとこと、

いつもありがとう

という言葉だけでも、

充分あなたの心は届きます。

時にはお母さんのことをうっとうしく思うこともあるかもですが、

お母さんにとっては、

ただ子どものことを気にかけているだけです。

せっかくの母の日ですから、

日頃は言えない感謝の気持ちを伝えない手はありません。

ふだん忙しくしているお母さんなら、

毎日おつかれさまです

のひとことでも嬉しいものです。

あなたの素直な気持ちを言葉にしてみてくださいね

お母さんの健康を気づかう

当たり前ですが、

お母さんはあなたよりずっと年上です。

若い時のお母さんと違って、

今のお母さんは年を取った分、

体力も気力も以前とは異なるはず。

年齢を重ねると病気やケガも増えてくるので、

身体をいたわって、

明るく暮らしてもらいたいですよね。

「いつまでも元気でね」

といったシンプルなメッセージも良いですが、

リフレッシュになるような『旅行』や『温泉』、

『外食』や『おいしいもの』、

『美容』や『エステ』『マッサージ』、

などのキーワードで、

お母さんを誘ってみるのもいいかもです。

お母さんが母の日に明日への活力も感じてもらえたら何よりです。

メッセージカードなら、

いつもあなたや家族を気にかけているお母さんの体調を

さり気なく気づかうこともできますね。

母の日プレゼントに添えるメッセージカードの書き方 3つのポイントをご紹介 まとめ

母の日は、

電話、メール、SNSの他にも、

メッセージカードや手紙という形で

お母さんに感謝の気持ちを伝えることができます。

手書きのメッセージカードの良さは、

手紙ほどハードルが高くないけれど、

もらった人の印象に残りやすいところです。

書き手にとって手書きの良いところは、

感情が整理されて、

自分の気持ちを発見するきっかけになります。

メッセージカードは2~3行あれば十分、

大切なのは、

「母の日のために心を込めて用意した」

ということです。

母の日のメッセージカードは、

以下の3つのポイントを意識すると言葉が浮かんできます。

  • 『お母さんがあなたや家族のためにしてくれていること』
  • 『素直な感謝の気持ち』
  • 『お母さんの健康を気づかう』

同じ言葉や思いでも、

より気持ちが伝わり、

心に残る手書きのメッセージ。

素敵な母の日になるといいですね。

◇ メッセージカードの文例はこちらにまとめています。
母の日のメッセージカード文例62選!内容別から一言例文までご紹介

メールで母の日のメッセージを贈る場合はこちらをご参考に。
・母の日はメールで感謝のメッセージを!厳選例文15と文章のコツ

母の日の関連記事
母の日プレゼント予算と相場は?人気ランキングと心から喜ばれるギフト

母の日のプレゼントに現金はアリ?お金の相場と喜ばれる渡し方とは?

母の日に向かないカーネーションの色とは?花言葉の意味は気にすべき?

母の日は赤いカーネーション以外もOK?選び方とおすすめの贈り方

母の日のプレゼントはエプロンが人気!60代に喜ばれるおすすめ7選!

母の日のプレゼントにエプロンを選ぶ時の注意点と選び方のポイント!

母の日は義母にプレゼントを贈るべき?一般的な予算はいくらぐらい?

母の日の義母へのプレゼントを花以外で人気はコレ予算とおすすめ理由

母の日2019年はいつ?世界で日本と同じ国は?各国の日にちもご紹介

スポンサードリンク