母の日2019年はいつ?世界で日本と同じ国は?各国の日にちもご紹介

母の日2019年はいつ?世界で日本と同じ国は?各国の日にちもご紹介

今年の母の日2019年はいつ?

母の日が日本と同じ世界の国は?

なぜ同じ日にちなの?

違う日付の外国は?

その疑問、解消します!

母の日が変動するサイクル、

5月の第2日曜が母の日の国が多い理由、

世界各国の母の日の日にちも含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

母の日2019年はいつ?

毎年、5月の第2日曜は母の日です。

2019年の母の日は、5月12日の日曜日

デパートなどでは4月に入ると『母の日のキャンペーン』を行うので、

「ああ、母の日が近いんだな」

と感じますが、

5月のカレンダーをめくってから、

「あ、今年は12日か」

と気がつくパターンも多いようです。

「そろそろ母の日だよな」

と思いつつ、

母の日はゴールデンウイーク開けの日曜日なので、

「ゴールデンウイークが終わったら母の日」

といった感じで、

うろ覚えのままにしている人も少なくありません。

というのも、

この母の日の日付である『5月の第2日曜日』というのは、

年度によって1週間の誤差が出てしまうので、

結構覚えにくいものなのです。
 

5月14日   2006年   2017年
5月13日   2007年 2012年 2018年
5月12日     2013年 2019年
5月11日   2008年 2014年  
5月10日   2009年 2015年 2020年
5月9日   2010年   2021年
5月8日 2005年 2011年 2016年 2022年

 
5月に入って母の日が一番遅い日付になるのは5月14日の日曜日。

その年以降は、毎年1~2日ずつ日付が早まっていって、

最も日付が早くなるのは5月8日の日曜日です。

これが5~6年の周期でまわってきます。

上記の表では2022年の母の日が5月8日の日曜日とわかりますが、

2023年の母の日は5月14日の日曜日になるので、

前年の2022年と比べると約1週間違いますよね。

2019年は5月12日。

暦の上では前代未聞の10連休が終わってすぐの日曜日となります。

お休みの人も、

そうではない人も、

ふだんの生活を通常モードに戻そうとしているうちに、

5月の第2日曜はやってくるので、

お母さんに母の日のプレゼントを考えているのなら、

早めの準備をおすすめします。

ゴールデンウイークの期間中に旅行に出かけるなら、

旅先でちょっとしたお土産を買ったり、

メッセージカードを郵送するのも一案です。

◇ 母の日のメッセージはこちらをご参考に。 
母の日プレゼントに添えるメッセージカードの書き方 3つのポイントをご紹介

母の日のメッセージカード文例62選!内容別から一言例文までご紹介

母の日はメールで感謝のメッセージを!厳選例文15と文章のコツ
 

通販などはゴールデンウイーク期間中はお休みになるところが殆どなので、

プレゼントを贈る場合は準備のタイミングに気をつけてくださいね。

母の日が世界で日本と同じ日の国は?

お母さんに感謝の気持ちを伝える母の日は、

世界で広く親しまれている行事のひとつです

日本と同じ『5月の第2日曜』が母の日の国は世界に多くあります。

お隣の中国台湾

アメリカ・カナダ・イタリア・ドイツ・オーストラリア・トルコ・フィンランド

なども5月の第2日曜を母の日としています。

母の日が5月の第2日曜の国が多いのはなぜ?

母の日を『5月の第2日曜』としている国が多いのは、

母の日の由来に関係があります。

日本の母の日はアメリカから伝わった風習です。

もともとお母さんに感謝する「母の日」というものはありましたが、

1949年(昭和24年)ごろからはアメリカに倣って、

5月の第2日曜に母の日が行われるようになり、

これが一般的となった言われています。

ちなみに日本で公式に5月の第2日曜日に母の日が制定されたのは、

1947年(昭和22年)のことです。

世界の中でも『5月の第2日曜』を母の日としている国は、

日本と同様に、

アメリカから伝わった風習と結びついたと考えられます。

スポンサードリンク

なぜ母の日が5月の第2日曜?

なぜ母の日が5月の第2日曜かというと、

今から100年以上も前の20世紀初頭のアメリカで、

母親を亡くした少女アンナ・ジャービスが起こした行動がきっかけになっています。

アンナは、

「お母さんが生きている間にもっと感謝の気持ちを伝えたかった」

という思いから、

母親を亡くした3年後、

フィラデルフィアの教会で、

亡き母を追悼するセレモニーを開きました。

アンナは白いカーネーションを祭壇に飾り、

出席者にも配ったのです。

白いカーネーションは、

彼女の母親が好きな花でした。

この追悼セレモニーが行われたのが1907年の5月12日。

つまり、5月の第2日曜日だったわけです。

アンナの行動は大きな感動を呼び、

人々に広まっていきました。

やがて、アンナは支援者と共に、

母に感謝の気持ちを捧げる休日を作るよう、

議会に呼びかけます。

その声が大統領まで届き、

アメリカでは1914年、

5月の第2日曜日が母の日に制定され、

母の日は国旗を掲げて、

お母さんに感謝の意を示すこととなったのです。

こうして、

『母の日』は世界中へと広がっていったわけです。

『母の日』が5月の第2日曜日になった由来を知ると

「母の日にはカーネーション」

という意味もわかりますね。

当初は母親が健在な人は赤いカーネーションを、

母親が故人である人は白いカーネーションを自分の胸に飾っていました。

ですが、

母親が健在なら赤いカーネーション、

というのは、

母がいる子といない子を区別することになるという声があり、

その配慮から赤いカーネーションを贈る習慣が一般化していったという経緯があります。

母の日の日にちが異なる国は?

5月の第2日曜が母の日ではない国も海外には多くあります。

スペインでは5月の第1日曜、

イギリスでは3~4月(イースターの前のレントが始まって4週目の日曜)、

フランススウェーデンは5月の最終日曜日、

ハンガリーは5月第1日曜日に『女性の日』としてお母さんもお祝いされます。

ルーマニアも『女性の日』としてお母さんもお祝いする日が3月8日にあります。

タイはシリキット国王妃の誕生日にあたる8月12日、

韓国は毎年5月8日の『父母の日』が母の日にあたります。

韓国では「オボイナル」といって、

『父の日』と『母の日』を同じ日に行なう習慣があります。

アルゼンチンの母の日は10月の第三日曜日。

日本とはずいぶん異なりますが、

アルゼンチンの気候でいえば、

10月は日本の4月といった感じです。

季節的には春の母の日ですね。

ネパールでは4月末~5月上旬の1日が「母の顔を見る日」です。

その他、

3月21日の『春分の日』に『母の日』のお祝いをする国もあります。

中近東諸国の、

エジプト・レバノン・シリア・ヨルダン・クウェート・アラブ首長国連邦・イエメン

などが3月21日を『母の日』としています。

母の日2019年はいつ?世界で日本と同じ国は?各国の日にちもご紹介 まとめ

2019年の母の日は、5月12日の日曜日。

毎年、5月の第2日曜が母の日です。

母の日が世界で日本と同じ日の国は多く、

アメリカ・カナダ・イタリア・ドイツ・オーストラリア・トルコ・フィンランド・中国・台湾などがあります。

日本を始め、『5月の第2日曜』を『母の日』としている国は、

1914年に母の日を『5月の第2日曜』に制定したアメリカが由来になっていると考えられます。

スペインやイギリス、

フランスやスウェーデンなどのヨーロッパや中近東諸国など、

5月の第2日曜が母の日ではない国も海外には多くあります。

母の日は日頃のお母さんの苦労をいたわり、

お母さんへの感謝を表す日。

国によって母の日の日にちは違っても、

お母さんに感謝する気持ちは世界共通ですね。

◇ 母の日のメッセージはこちらの記事にまとめています。 
母の日プレゼントに添えるメッセージカードの書き方 3つのポイントをご紹介

母の日のメッセージカード文例62選!内容別から一言例文までご紹介

母の日はメールで感謝のメッセージを!厳選例文15と文章のコツ

母の日の関連記事
母の日プレゼント予算と相場は?人気ランキングと心から喜ばれるギフト

母の日のプレゼントに現金はアリ?お金の相場と喜ばれる渡し方とは?

母の日に向かないカーネーションの色とは?花言葉の意味は気にすべき?

母の日は赤いカーネーション以外もOK?選び方とおすすめの贈り方

母の日のプレゼントはエプロンが人気!60代に喜ばれるおすすめ7選!

母の日のプレゼントにエプロンを選ぶ時の注意点と選び方のポイント!

母の日は義母にプレゼントを贈るべき?一般的な予算はいくらぐらい?

母の日の義母へのプレゼントを花以外で人気はコレ予算とおすすめ理由

スポンサードリンク