花冷えの意味とは?時期はいつ?時候の挨拶に使う時の例文20選!

花冷えの意味とは?時期はいつ?時候の挨拶に使う時の例文20選!

「花冷え」とはどんな意味?

使う時期はいつからいつまで?

手紙やメールの時候の挨拶で使う時の例文は?

その疑問、解消します!

「花冷え」に含まれるニュアンス、

時候の挨拶としての意味合い、

書き出しと結びで使う最適な文例も含めて、

わかりやすくお伝えします。

スポンサードリンク
  

花冷えとはどんな意味?

春になると、天気予報やニュースなどで見聞きする言葉に「花冷え」というものがあります。

「花冷え」は「はなびえ」と読みます。

きれいな響きの言葉ですね。

「花冷え」とは、桜の花が咲く頃の寒さのことで、

「花冷え」の “花” は「」を指しています。

季節が春になり、徐々に気温が上がって、

桜の花が咲くころになって急に冷え込むのが「花冷え」です。

お花見シーズン真っ盛りのときに、急に寒くなって、いきなり冬が戻ったように思える寒い日がありますよね。

あれが「花冷え」です。

「花冷え」は

春の陽気が、桜の咲く頃、突然、冬のような寒さになる

という意味で、

「寒の戻り」を表す言い方のひとつです。

◇ 寒の戻りについて詳しくはこちら。
寒の戻りとはどんな意味?特異日はいつ?なぜ冬みたいに寒くなるの?

広辞苑で「花冷え」を引くと以下のようになっています。

はな-びえ【花冷え】

桜の咲く頃に寒さがもどって冷え込むこと

ちなみに、春の訪れが遅い北海道では、5月下旬ごろから6月の初めのリラの花咲くころ、思いがけなく寒くなることがあり、これを「リラ冷え」といっています。

リラというのは、フランス語でライラックのこと。

ライラックは北海道では、街路樹や庭木としてよく植えられているので、道民にとっては、なじみの深い花です。

「花冷え」の花が桜をなぞらえているように、

ライラックをなぞらえて寒さを「リラ冷え」と表現しているんですね。

花冷えを使う時期はいつ?

「花冷え」という言葉を使う時期は桜の咲く時期(3月下旬~4月中旬)です。

「花冷え」は春の季語です。

春というと、うららかな日差しをイメージしますが、

実際は、移動性高気圧と低気圧が1週間ごとに日本列島を通過するので、

初夏に向けて天候が安定するまでは、晴れたり曇ったり雨になったりで、天候不順です。

桜の開花時期も決まって雨が降りますし、

強い風が吹いて花を散らしたり、

コートが必要になるような冷え込む日があります。

そんな時の寒さが「花冷え」です。

なので、「花冷え」を使う時期は、

桜が咲き始め、葉桜になり始める頃まで

が目安です。

桜の開花期間は、満開から1週間程度で花が散るので、

「花冷え」を使う時期は、だいたい2~3週間くらいになります。

ですが、「花冷え」を使う時期については厳密に考える必要はありません

花が咲いた後に気温が下がる「花冷え」が起こると花は長く持ち、

咲いた後に雨が降ると早く散ります。

桜が散ったからといって、「花冷え」が使えないということではありませんし、

また、日本は南北に長いので桜の開花時期も異なり、

寒い地方ほど開花が遅く、暖かい地方になるほど開花が早くなります。

東日本や西日本の桜の開花時期は3月下旬から4月上旬、

北陸・東北で4月上旬から4月中旬、

といったあたりなので、

「花冷え」を使う時期は少しぐらいずれても大丈夫です。

3月下旬から4月中旬を目安に、

ここ数日、花冷えが続いているね

花冷えに備えて冬物をしまうのはまだ先にしたほうがいい

急な花冷えで風邪をひきそう

といった使い方ができます。

スポンサードリンク

花冷えを時候の挨拶に使う時の例文と使い方

「花冷え」は手紙やはがきの時候の挨拶にも使われます。

時候の挨拶というのは、手紙の前文で頭語(「拝啓」など)に続く書き出しの言葉です。

手紙の時候の挨拶には季節を表す季語を入れたり、

季節を感じるような言葉を入れるとマナーよくご挨拶ができます。

桜の時期であれば、「花冷え」はさまざまな使い方ができます。

「花冷え」は、桜の見頃の時期(お花見の時期)と重ね合わせて使われる季語なので、ただ寒いというのではなく、

艶やかで風情のある寒さ

といったニュアンスがあります。

たとえば、「花冷えの候」という時候の挨拶があります。

花冷えの候は「はなびえのこう」と読みます。

花冷えの候は、

春になりましたが、まだ寒くなる日も時々ある季節ですね

という意味になります。

花冷えの候を使う時期は、桜の咲く時期(3月下旬~4月中旬)なので、

手紙などの時候の挨拶で使う場合は、

相手を気遣う形

で用います。

花冷えは寒さを表しますが、これからの春の暖かさへの期待も含んだ言葉なので、受け取る方も、共感しやすい挨拶です。

手紙の挨拶として、頭語(拝啓・謹啓など)のあとに続く書き出しで、

「花冷えの候、いかがお過ごしですか」

「花冷えの候、皆様にはお元気にてお過ごしでしょうか」

「花冷えの候、ますますご清栄のこととお喜び申し上げます」

「花冷えの候、皆様にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます」

「花冷えの候、皆様にはお変わりなくお過ごしのことと存じます」

と用いる場合もありますし、

結語(敬具など)の前や結語の代わりに、結びの挨拶として使われることも多くあります。

「花冷えの候」は、「花冷えの頃」「花冷えの折」に置き換えてもOK、同じ意味です。

結びの挨拶では以下のように使います。

「花冷えの折、お風邪など召しませぬようお気を付けください」

「花冷えの折、ご自愛下さい」

「花冷えの折、くれぐれもご自愛くださいませ」

「花冷えの折、一層ご自愛のほどお祈り申し上げます」

「花冷えの折、皆様どうぞご自愛の上お過ごしください」

「花冷えの折、ご自愛の上ご活躍のほど、お祈り申し上げます」

「花冷えの頃となりましたが、何卒ご自愛専一にてお願い申し上げます」

「花冷えの頃となりましたが、どうぞ皆様お元気にお過ごしくださいませ」

「花冷えの折、どうぞお健やかにお過ごしくださいませ」

「花冷えの折、皆様のご健康を心よりお祈り申し上げます」

「花冷えの折、体調にはくれぐれもご留意ください」

「花冷えの折、ご健康にご留意なさってお過ごしくださいませ」

「花冷えの折、何卒お身体おいといください」

「花冷えの折、お身体に気をつけてお過ごしくださいませ」

「花冷えの折、体調に留意して暖かくしてお過ごしください」

書き出しに用いるにしろ、結びの言葉で用いるにしろ、「花冷え」を使う時は、いずれも、相手を気遣う形で使われています。

そして、相手の体調を気遣ってますよね。

「花冷え」という言葉は、この時期ならではの心遣いの言葉にもなります。

花冷えの意味とは?時期はいつ?時候の挨拶に使う時の例文20選! まとめ

「花冷え」とは、桜の花が咲く頃の寒さのこと。

「花冷え」の “花” は「桜」を指しており、

『春の陽気が、桜の咲く頃、突然、冬のような寒さになる』

という意味です。

「花冷え」は春の季語で、

使う時期は桜の咲く時期(3月下旬~4月中旬)です。

「花冷え」には『艶やかで風情のある寒さ』といったニュアンスもあることから、手紙やはがきの時候の挨拶や結びにも使われます。

相手の体調を気遣う言葉にもなる「花冷え」、

桜のシーズンを示す美しい日本語を大切にしたいですね。

◇ 関連記事
花曇りとはどんな意味?由来でわかる使う時期 使い方の例文もご紹介

桜前線とは?名前の由来と意味は?前線が北上する速度はどのくらい?

◇ 美しく咲く桜の花言葉には意外なものもあります。
桜の花言葉の意味と由来とは?種類による違いと海外の事例もご紹介

◇ お花見についてはこちらの記事をご参考に。
お花見の由来や起源とは?春に桜を愛でる歴史文化のルーツをご紹介!

お花見で団子を食べる由来は?三色団子の色や順番には意味があるの?

スポンサードリンク